ラヴ・ガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラヴ・ガン
キッススタジオ・アルバム
リリース
録音 レコード・プラント・スタジオニューヨーク
ジャンル ハードロック
時間
レーベル カサブランカ
プロデュース キッス、エディ・クレイマー
キッス 年表
地獄のロックファイアー
(1976)
ラヴ・ガン
(1977)
アライヴ2
(1977)
テンプレートを表示

ラヴ・ガン』(Love Gun)は1977年キッスが発売した6枚目のスタジオ・アルバムである。

1975年の『地獄の狂獣 キッス・ライヴ』、前作『地獄のロックファイアー』を手がけたエディ・クレイマーが三たびプロデューサーに迎えられ、前作の方向性をさらに推し進めた荒々しいロックンロール・ナンバーを満載にしたアルバム。全米ビルボード・アルバム・チャート4位を記録。プラチナ・ディスクを獲得した。

タイトル曲「ラヴ・ガン」のほか、「愛の謀略」、「クリスティーン。シックスティーン」など、後のライヴの定番曲を収録。結果的にではあるが、オリジナル・ドラマーのピーター・クリスがフルに参加した最後のアルバムとなった。また、リード・ギタリストのエース・フレーリーのリード・ヴォーカルをフィーチャーした初めての曲「ショック・ミー」が収録された。

当時、おりしもイギリスで起こっていたパンク・ムーヴメントにメンバー、特にジーンが関心を持ち、アルバムタイトルは当時のパンクバンドの代表格「セックス・ピストルズ」(Sex=Love, Pistols=Gun)へのリスペクトと言われている。

収録曲[編集]

  1. 愛の謀略 - I Stole Your Love [3:04] 作詞/作曲:ポール・スタンレー
    一時期コンサートのオープニングにも演奏された、アップテンポのハードロック。リード・ヴォーカルはポール。
  2. クリスティーン・シックスティーン - Christine Sixteen [3:12] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
    ピアノはプロデューサーのエディー・クレイマーが弾いている。リードヴォーカルはジーン。
  3. ガット・ラヴ・フォー・セール - Got Love For Sale [3:28] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
    リード・ヴォーカルはジーン。
  4. ショック・ミー - Shock Me [3:47] 作詞/作曲:エース・フレーリー
    エース・フレーリーが、'76年12月にフロリダで行われたコンサート中に起きた自身の感電事故を題材に書いた曲。彼のリード・ヴォーカルをフィーチャーした初めての公式録音作品。中盤のギターソロもエースによって演奏され、オーヴァー・ダビングにより、非常に分厚い複雑なソロとなっている。
  5. トゥモロー・アンド・トゥナイト - Tomorrow and Tonight [3:38] 作詞/作曲:ポール・スタンレー
    リード・ヴォーカルはポール。
  6. ラヴ・ガン - Love Gun [3:16] 作詞/作曲:ポール・スタンレー
    マシンガンの発射音を模したイントロのシャッフル・ナンバー。リード・ヴォーカルはポール。この後ほとんどのツアーで演奏されることになる代表曲であるが、ヒットチャートでは最高61位と意外なほど上がらなかった。
  7. ヒューリガン - Hooligan [2:58] 作詞/作曲:ピーター・クリス、スタン・ペンリッジ
    リード・ヴォーカルはピーター。
  8. オールモスト・ヒューマン - Almost Human [2:48] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
    リード・ヴォーカルはジーン。
  9. プラスター・キャスター - Plaster Caster [3:25] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
    リード・ヴォーカルはジーン。
  10. ゼン・シー・キスド・ミー - Then She Kissed Me [3:01] 作詞/作曲:ジェフ・バリー、エリー・グリニッチ、フィル・スペクター
    1963年のクリスタルズがオリジナルで、ビーチ・ボーイズなどもステージで演奏した曲。KISS版は性別が変更されている。リード・ヴォーカルはポール。