地獄からの脱出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地獄からの脱出
キッススタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ハードロックディスコ
レーベル カサブランカ
プロデュース ヴィニ・ポンシア
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 9位(アメリカ)
  • キッス アルバム 年表
    アライヴ2
    (1977年)
    地獄からの脱出
    (1979年)
    仮面の正体
    (1980年)
    テンプレートを表示

    地獄からの脱出』(じごくからのだっしゅつ Dynasty)は、1979年キッスが発表した7枚目のスタジオ・アルバム(メンバーのソロ・アルバムを除く)。

    先にメンバー4人同時にソロ・アルバムを発表した際に、ピーター・クリスのアルバムを手がけたヴィニ・ポンシアが本作のプロデューサーに迎えられ、従来の無骨なハード・ロックから路線を転換。当時流行のディスコビートを大胆に取り入れたラヴィン・ユー・ベイビー(I Was Made For Lovin' You)をはじめとする、キャッチーでポップな作品が収められており、RIAAのトリプル・プラチナムを獲得するなど大ヒットした。

    なお本作では、アルコールおよび麻薬の影響で満足に演奏できなくなっていたピーター・クリスに代わり、エース・フレーリーのソロアルバムに参加したアントン・フィグドラムスの大部分を担当した。ピーターは「ダーティ・リヴィン」でのみレコーディングに参加している。また、エースのヴォーカル曲が3曲もあり存在感が大きい一方、ジーンのヴォーカル曲は2曲のみで相対的に影が薄い作品となった。

    収録曲[編集]

    1. ラヴィン・ユー・ベイビー - I Was Made for Lovin' You [3:57] 作詞/作曲:デズモンド・チャイルド、ヴィニ・ポンシア、ポール・スタンレー
      リード・ヴォーカルはポール・スタンレー。流行のディスコ・ビートを取り入れ、キャッチーなメロディとコーラスで米ビルボード・シングル・チャートの11位まで上昇する大ヒットとなった。2005年には、キヤノンのデジタル一眼レフカメラのCMで子供たちによって替え歌が歌われた。
    2. 2,000マン - 2,000 MAN [4:53] 作詞/作曲:ミック・ジャガーキース・リチャーズ
      ローリング・ストーンズのアルバム『サタニック・マジェスティーズ』(1967年)収録曲のカヴァー。リード・ヴォーカルはエース・フレーリー。
    3. シュア・ノウ・サムシング - Sure Know Something [3:59] 作詞/作曲:ヴィニ・ポンシア、ポール・スタンレー
      「ラヴィン・ユー・ベイビー」に続いてシングル・カットされ、ビルボードHOT100の44位まで上昇。リード・ヴォーカルはポール。
    4. ダーティー・リヴィン - Dirty Livin' [4:16] 作詞/作曲:ピーター・クリス、ヴィニ・ポンシア、スタン・ペンリッジ
      リード・ヴォーカルはピーター・クリス。本作で彼が参加したのはこの曲のみ。
    5. カリスマ - Charisma [4:26] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ、ハワード・マークス
      リード・ヴォーカルはジーン・シモンズ。
    6. マジック・タッチ - Magic Touch [4:40] 作詞/作曲:ポール・スタンレー
      リード・ヴォーカルはポール・スタンレー。
    7. ハード・タイムス - Hard Times [3:59] 作詞/作曲:エース・フレーリー
      リード・ヴォーカルはエース・フレーリー。
    8. エックスレイ・アイズ - X-Ray Eyes [3:42] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
      リード・ヴォーカルはジーン・シモンズ。
    9. セイヴ・ユア・ラヴ - Save Your Love [4:39] 作詞/作曲:エース・フレーリー
      リード・ヴォーカルはエース・フレーリー。

    脚注[編集]