ヴィニ・ポンシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィニ・ポンシア (Vincent Poncia Jr. 1942年4月29日 - )は、アメリカ音楽プロデューサー作曲家ミュージシャン

60年代初頭、幼馴染のピーター・アンダースと共に作詞作曲チーム「アンダース&ポンシア」を結成。1969年、彼らのオリジナル曲をまとめた「アンダース&ポンシア・アルバム」をリチャード・ペリーのプロデュースにより発表した。彼らはロネッツボビー・ブルームダーリーン・ラヴらに楽曲を提供したほか、1966年には、The Trade Windsのメンバーとしてリリースした「New York Is A Lonely Town」(1991年に、山下達郎が「Tokyo's A Lonely Town」としてカヴァー)がビルボードHOT 100の32位まで上がるヒットとなった。

プロデューサーとしては、メリサ・マンチェスターの一連の作品を手掛けたほか、リンゴ・スタースキャンダルキッスピーター・クリスリンダ・カーターなどを手がけた。

外部リンク[編集]