メリサ・マンチェスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メリサ・マンチェスターMelissa Manchester1951年2月15日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク出身のシンガーソングライター女優

プロフィール[編集]

ブロンクス区にてバスーン奏者の父と服飾デザイナーの母との間に生まれ、後にマンハッタンに移り住む。幼少時にはゴスペルクラシックサルサなどを聴いて育った。15歳でコマーシャル・ソングの吹き込みなどプロの歌手として活動を始め、16歳からはチャペル音楽出版のスタッフ・ライターとして2年間勤めている。

その後ニューヨーク大学芸術学部に入学。大学ではポール・サイモンに師事し、作曲を学ぶ。1972年頃、クラブで弾き語りをしているところを見かけたベット・ミドラーバリー・マニロウに誘われ、ベットのバック・コーラスに参加。間もなくアリスタ・レコードとの契約・デビューとなり、1973年より本格的にプロの歌手として歩み始めることとなった。

1970年代から1980年代にかけて、幅広い音楽性でポップシンガーとしての地位を築いた。1976年2月に初来日している。現在も現役で歌い続けており、1996年には山下達郎のシングル「愛の灯〜STAND IN THE LIGHT」でデュエットを披露するなど、その活動はワールドワイドである。なお、スライ&ザ・ファミリー・ストーンなどのR&Bザ・ビーチ・ボーイズなどロックのカバー曲を取り入れたり、デイヴィッド・T・ウォーカーリー・リトナーら一流のスタジオ・ミュージシャンを起用するなどのAORフュージョンへのクロスオーバー感覚を取り入れるその音楽性はMORと位置づけられる傾向がある。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム

  • Home To Myself (Arista 1973年)
  • Bright Eyes (Arista 1974年)
  • Melissa (Arista1975年)
  • Better Days And Happy Endings (Arista 1976年)
  • Help Is On The Way (Arista 1976年)
  • Singin' (Arista 1977年)
  • Don't Cry Out Loud (Arista 1978年)
  • Melissa Manchester (Arista 1979年)
  • For The Working Girl (Arista 1980年)
  • Hey Ricky (Arista 1982年)
  • Greatest Hits (Arista 1983年)
  • Emergency (Arista 1983年)
  • Mathematics (MCA Records 1985年)
  • Tribute (Polygram 1989年)
  • If My Heart Had Wings (Atlantic 1995年)
  • The Essence Of Melissa Manchester (Arista 1997年)
  • Joy (Angel/EMI1997年)
  • The Colors Of Christmas (Windham Hill 1998年)
  • Melissa (Buddha 2001年 Re-release)
  • Don't Cry Out Loud (BMG Heritage 2002年 Re-release)
  • When I Look Down That Road (Koch Records 2004年)

外部リンク[編集]