ギブソン・エクスプローラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギブソン・エクスプローラー
Gibson Explorer
Gibson explorer.jpg
メーカー/ブランド ギブソン
製造時期 1958年 - 製造中止後、1975年 -
構造
ボディタイプ ソリッド
フレット 22
ネックジョイント セット
材質
ボディ コリーナマホガニー
ネック コリーナ、マホガニー
フィンガーボード ローズウッド/エボニー
ハードウェア
ペグ グリーン・キー
ブリッジ チューン・オー・マティック
テールピース ストップ・バー(固定)
電気系統
ピックアップ ハムバッカーx2
カラーバリエーション
エボニー、チェリー、クラシック・ホワイト、ナチュラル
テンプレート | カテゴリ

エクスプローラー (Gibson Explorer, X-plorer) は、ギブソンエレクトリックギター

1958年に、フューチュラ (Futura) という名前でデビュー。兄弟機のフライングV同様に先進的、未来的(フューチュリスティック)ボディデザインを持つ。 最初は受け入れられず、1959年には生産中止になるが、1975年、ギブソンは他社が類似デザインのギターで成功しているのを受け、再生産を開始した。

ギブソンが1958年に製作したオリジナルのコリーナ材製エクスプローラーは100本に満たないので、その希少価値から大変高価なコレクターズアイテムとなっている。またU2のギタリスト、ジ・エッジが長年愛用した1976年製のエクスプローラーは2008年にハリケーン・カトリーナ被災者救済のため行われたミュージック・ライジング・オークションで売却され、8万ドルの落札予想価格を大きく超える15万ドルの値がつけられた[1]

バリエーション[編集]

「スタジオ・エクスプローラー」やマティアス・ヤプススコーピオンズ)デザインの、ボディを通常のエクスプローラーの90%サイズにした「エクスプローラー90」を含め、さまざまなバリエーションのエクスプローラーが存在する。 1979年には、ウォルナットとメイプルの5ピース構造、コンター加工ボディーの、エクスプローラーIIという名で知られるE2を発表。これは、1983年に生産中止された。

エクスプローラーは、フライングVSGレスポールと同様、フラットブラック仕上げのゴシックラインも作られた。

エピフォンブランドでも、コリーナ材やエピフォン独自のゴシックモデルが作られている。

2008年には、シェイプを上下逆にしたリヴァース・エクスプローラーが1000本限定で発売された[2]

極初期のプロトタイプには、ヘッドが正式に販売されたいわゆる"バナナヘッド"ではなく、"フューチュラ"で採用されていたVシェイプの非対称ヘッドが採用されていた。そのプロトタイプは、リック・デリンジャーが長らく所有していたが、後にスコット・チナリーの手に渡っている[要出典]。なお、オリジナルの"フューチュラ"のプロトタイプも、複数現存が確認されている[要出典]

高見沢俊彦が所有しているユニオンジャックペイントのエクスプローラーはコピーモデルではなく、れっきとしたギブソン純正モデル(1984年にごく少数を生産)である。

コピーモデル[編集]

その他に、エクスプローラータイプのギターを製造したメーカーは、ディーンアイバニーズヤマハクレイマー (Kramer) 、ピーヴィー (Peavey)、ラドー(Rado) など、多数存在する。

2007年Xbox 360用ゲームギターヒーロー2が、エクスプローラーを模したギター型コントローラ同梱で発売された(最初のギターヒーローSGを模したもの)。サードパーティーがプレイステーション2用ギターヒーロー向けに出したコントローラもエクスプローラータイプであり、Macintosh とPC用のギターヒーロー3もエクスプローラー型コントローラー同梱で発売された。

参考文献[編集]

  • Gruhn's Guide To Vintage Guitars By George Gruhn
  • The Ultimate Guitar Book By Tony Bacon
  • Guitar World Magazine-October 2005

出典[編集]

  1. ^ The Edge's Explorer nabs $150,000 at auction
  2. ^ Reverse Explorer”. gibson.com (2008年9月). 2008年11月12日閲覧。

外部リンク[編集]