Kis-My-Ft2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kis-My-Ft2
基本情報
別名 キスマイ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2005年7月26日 -
レーベル avex trax(2011年 - )
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny's net > Kis-My-Ft2
メンバー
メンバーを参照

Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)は、日本男性アイドルグループ。所属事務所ジャニーズ事務所。所属レコード会社avex trax。ここでは、派生ユニットの舞祭組(ぶさいく)も記載する。

メンバー

グループ名の由来であるイニシャル順に記す。先頭のアルファベットは、該当のイニシャルである。ただし北山に関しては、脱退した飯田の「i」を引き継ぐ形で「Ki」となっている。

ジャニーズ事務所公式サイトのプロフィール[1]をもとに記述(メンバーカラーを除く)。

元メンバー

  • i 飯田恭平(いいだ きょうへい、1987年11月18日、東京都出身、O型[要出典] - メンバーカラー(当時)・ブルー

本記事中で個人解説を行うメンバー

千賀健永

2003年4月13日、ジャニーズ事務所に入所[3]。Kis-My-Ft2のメンバーとなる。

2012年4月26日からCBCテレビ東海地方のコト なるべくちゃんと調べます!』へのレギュラー出演が決定。同グループのメンバー1人(ランダム出演)とともにコーナーを受け持つ。

2014年1月18日公開予定の角川映画バイロケーション』で映画初出演、御手洗巧役で一人二役を演じることが決定[4]


概要

Kis-My-Ft.時代の概要については「Kis-My-Ft.」を参照。

2005年7月26日、Kis-My-Ft2を結成し、品川ステラボールで行われたイベント「SUMMARY」より活動を開始した[3]光GENJIを彷彿とさせるローラースケートでのパフォーマンスが主であるが、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川は「彼らはそれがうまいだけではなく、何でもできる」と評している[5]

グループ名はメンバーのイニシャルから1文字ずつ取ってつけられた。また、「タップダンサーのグレゴリー・ハインズが尊敬するサミー・デイビス・ジュニアの靴にキスをしたという逸話」にちなむものでもある[6]

2011年8月10日にシングル「Everybody Go」でavex traxよりCDデビューを果たした[7]。同シングルは韓国台湾香港タイフィリピンシンガポールマレーシアでも同時発売された[7]。当初は同年の5月に発売される予定であったが、東日本大震災を考慮して曲の方向性を変更したため、発売が8月にずれ込んだ[7]。なお、ジャニー喜多川社長は、2010年9月に上演された彼らの主演舞台『少年たち〜格子無き牢獄〜』を見て、デビューさせることを決意したという[8]

略歴

2010年

3月30日から5月5日に、単独アリーナツアー『Kis-My-Ftに010逢えるdeShow』を開催[9]

7月5日にはドワンゴのCMに出演した[10]。併せてオリジナル曲「FIRE BEAT」「祈り」がdwango.jpで配信された。8月5日、この日発表された2010年7月度のdwango.jp着うたフル月間ランキングにおいて、「祈り」が1位、「FIRE BEAT」が2位にランクインし、1位・2位を独占した[11]。また、同着うた月間ランキングでは、「FIRE BEAT」がの「To be free」、山下智久の「One in a million」に次いで3位、「祈り」が5位となった[12]

9月3日から26日には、日生劇場で上演された舞台『少年たち〜格子無き牢獄〜』でA.B.C-Zと共に主演を務めた[13]。 10月20日、初の写真集『Kis-My-Ft2-1st』がワニブックスより発売された[14]。10月28日に発表された11月1日付オリコン書籍総合部門で、『Kis-My-Ft2-1st』は3万9155部を売り上げ初登場2位を記録した[15]。また、同年12月1日に発表された「オリコン2010年 年間“本”ランキング」の写真集部門で10位を記録し、男性アイドルグループとして唯一トップ10入りを果たした[16]

12月28日 - 2011年2月12日、名古屋、大阪、東京で3回目のライブツアー『Kis-My-Ftに逢える de Show vol.3』を開催。

2011年

1月12日から3月16日に、オリジナル曲の「FIRE BEAT」をアレンジした楽曲「No.1〜FIRE BEAT」が、日本テレビ系ドラマ『美咲ナンバーワン!!』のオープニング曲に起用された。同ドラマには、北山と藤ヶ谷が出演した。

2月12日、国立代々木競技場第一体育館で開催された『Kis-My-Ftに逢えるdeShow vol.3』昼公演にて、同年5月にエイベックスよりCDデビューすることが発表されたが、その後8月に延期された。4月8日から5月8日には、日生劇場で上演された滝沢秀明主演舞台『滝沢歌舞伎』に横尾・千賀・宮田・二階堂が出演。5月7日から5月10日に、北山と藤ヶ谷が東京・シアタークリエで『みんなクリエに来てクリエ!2011 北山宏光×藤ヶ谷太輔スペシャルライブ』を開催した。

7月9日から8月21日には、全国6都市で4回目のライブツアー『Kis-My-Ft2 Debut Tour 2011 Everybody Go』を開催。7月29日には、横浜アリーナで開催された『Kis-My-Ft2 Debut Tour 2011 Everybody Go』にて、同年8月28日に『Kis-My-Ft2 Debut Tour 2011 Everybody Go to TOKYO DOME』の公演開催が発表された。

8月10日には、デビューシングル「Everybody Go」を発売。同日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで記念イベントを開催[17]したほか、ジャニーズ事務所公式サイト「Johnny's net」・「Johnny's web」にKis-My-Ft2のサイトが開設された。なお同曲は、メンバーの藤ヶ谷と玉森が出演するTBS系ドラマ『美男ですね』の主題歌に起用された。8月15日には、このシングルが31万5781枚を売り上げ、同月22日付のオリコン週間シングルランキングで初登場1位を記録した[18]。デビューシングルの初週売上としては、KAT-TUNReal Face」(75.4万枚)、A・RA・SHI」(55.7万枚)に次ぐ歴代3位の記録となった[19]

8月28日、東京ドームで初の単独ドームコンサート『Kis-My-Ft2 Debut Tour 2011 Everybody Go to TOKYO DOME』を開催した。CDデビューから18日での東京ドーム公演は史上最速となる[20][注釈 1]。また、同公演のMC中に、2012年に韓国、台湾、香港、タイ、シンガポールの5カ国・地域を回る東南アジアツアーと全国94箇所を回る国内ツアーを開催することが発表された[21]

9月3日には、さいたまスーパーアリーナで開催された「第13回東京ガールズコレクション 2011 A/W」のTBS系ドラマ『美男ですね』タイアップステージにシークレットゲストとして出演し、同ドラマの主題歌「Everybody Go」を披露した[22][23]。また、藤ヶ谷・玉森は同ドラマの劇中バンド「A.N.JELL」としても登場し、「promise」と「ふたり」を披露した[22][23]

9月27日から29日にかけ、帝国劇場で「帝劇 Johnnys Imperial Theatre Special『Kis-My-Ft2 with ジャニーズJr.』」を開催。10月1日から、『もしもツアーズ』に新レギュラーとして出演開始。同番組がグループとしては初の地上波レギュラー番組となる。なおセカンドシングル発売決定後、カップリング曲である「Kis-My-Venus」が同番組の新テーマ曲に決定した。

10月6日から、文化放送系にて初の冠ラジオ番組『Kis-My-Ft2 キスマイRadio』が放送開始。10月26日、3回目のライブツアーDVD『Kis-My-Ftに逢えるde Show vol.3 at 国立代々木第一体育館 2011.2.12』と4回目のライブツアーDVD『Kis-My-Ft2 Debut Tour 2011 Everybody Go at 横浜アリーナ 2011.7.31』を同時発売。11月2日、3回目のライブツアーのDVDと4回目のライブツアーDVDが発売初週にそれぞれ約8万8000枚と約9万4000枚を売り上げ、11月7日付のオリコンDVD総合週間ランキングで1位・2位を独占した[24]。同一アーティストの初の音楽DVDによる総合1位・2位独占は史上初[24]

12月10日、2枚目のシングル「We never give up!」を発売。12月26日付のオリコン週間シングルランキングで1位を獲得[25]

2012年

3月21日、3枚目のシングル「SHE! HER! HER!」を発売。4月2日付のオリコン週間シングルランキングで1位を獲得[26]

3月28日には初のアルバム『Kis-My-1st』を発売。4月9日付のオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得[27]

3月31日から6月3日にかけて、ライブツアー『Kis-My-Ft2 Kis-My-MiNT Tour』を全国6都市で開催[28]

4月4日から冠レギュラー番組『濱キス』が放送開始[29]

6月20日発売のライブDVD『Kis-My-Ft2 Kis-My-MiNT Tour at 東京ドーム 2012.4.8』が、7月2日付のオリコン週間DVDランキングで1位を獲得[30]

8月15日、4枚目のシングル「WANNA BEEEE!!!/Shake It Up」を発売[31]

11月14日、5枚目のシングル「アイノビート」を発売。

2013年

2月13日、6枚目のシングル「My Resistance -タシカナモノ-/運命Girl」を発売。

3月27日、7枚目のシングル「キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜/S.O.S (Smile On Smile)」・DVD『YOSHIO -NEW MEMBER-』・2枚目のアルバム『Goodいくぜ!』の3作品を同時発売[32]、4月8日付けのオリコン週間ランキングでいずれも1位を獲得した[33]

5月3日から8月25日にかけて、ライブツアー『Good Live Tour いくぜ!』を全国6都市で開催。

8月14日、8枚目のシングル「キミとのキセキ」を発売。

11月11日(10日深夜)、レギュラー番組『キスマイBUSAIKU!?』の放送において横尾・宮田・二階堂・千賀の4人によるグループ「舞祭組」(読みは「ぶさいく」)が結成され、デビュー曲「棚からぼたもち」を12月13日に発売することが発表された[34]。グループのプロデュースは中居正広[34]、デビュー曲の作詞・作曲・振り付けも中居によるもの[34][35]

11月13日、9枚目のシングル「SNOW DOMEの約束/Luv Sick」を発売。

2014年

3月5日、10枚目のシングル「光のシグナル」を発売。

3月26日、グループ初のベスト・アルバム『HIT! HIT! HIT!』を発売予定。

ディスコグラフィ

最高位はオリコンの発表する週間ランキングでの記録

シングル

# 発売日 タイトル 最高位 販売形態 販売生産番号 形態 備考
1 2011年8月10日 Everybody Go 1位[19] CD+DVD
CD+DVD
CD
CD
AVCD-48175/B
AVCD-48176/B
AVCD-48177
AVC1-48178A〜
AVC1-48184A
初回生産限定盤A
初回生産限定盤B
通常盤
Kis-My-Ft2 SHOP限定盤(7種)
8カ国・地域で同時発売
2 2011年12月14日 We never give up! 1位[25] CD+DVD
CD+DVD
CD
CD+グッズ
CD+特典
AVCD-48323/B
AVCD-48324/B
AVCD-48325
AVC1-48326
AVC1-48327
初回生産限定盤A
初回生産限定盤B
通常盤
ローソン・HMV限定盤
キスマイショップ限定盤
3 2012年3月21日 SHE! HER! HER! 1位[26] CD+DVD
CD
CD+特典
AVCD-48361/B
AVCD-48362
AVC1-38496/B
初回生産限定盤
通常盤
キスマイショップ限定盤
4 2012年8月15日 WANNA BEEEE!!!/Shake It Up 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD
CD+特典
AVCD-48535/B
AVCD-48536/B
AVCD-48537
AVC1-38538
初回生産限定【WANNA BEEEE!!!盤】
初回生産限定【Shake It Up盤】
通常盤
キスマイSHOP限定盤
5 2012年11月14日 アイノビート 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD
CD+特典
AVCD-48629/B
AVCD-48630/B
AVCD-48631
AVC1-48632
初回生産限定【DANCE盤】
初回生産限定【ROCK盤】
通常盤
キスマイSHOP限定盤【クリスマス仕様】
6 2013年2月13日 My Resistance -タシカナモノ-/運命Girl 1位[36] CD+DVD
CD+DVD
CD
CD+特典
CD+DVD
AVCD-48675/B
AVCD-48676/B
AVCD-48677
AVC1-48678
AVC1-48679/B
初回生産限定盤A
初回生産限定盤B
通常盤
キスマイSHOP限定盤
セブン&アイ限定盤
7 2013年3月27日 キ・ス・ウ・マ・イ 〜KISS YOUR MIND〜/
S.O.S (Smile On Smile)
[32]
1位 CD+DVD
CD+DVD
CD+特典
AVCD-48688/B
AVCD-48689/B
AVCD-48690
初回生産限定盤【キ・ス・ウ・マ・イ盤】
初回生産限定盤【S.O.S盤】
通常盤
8 2013年8月14日 キミとのキセキ 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD
CD+特典
AVCD-48804/B
AVCD-48805/B
AVCD-48806
AVC1-48807
初回生産限定盤A
初回生産限定盤B
通常盤
キスマイSHOP限定盤
9 2013年11月13日 SNOW DOMEの約束/Luv Sick 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD
CD+特典
CD+DVD
AVCD-48863X
AVCD-48864X
AVCD-48865X
AVC1-48866A
AVC1-48867
初回生産限定盤A
初回生産限定盤B
通常盤
キスマイSHOP限定盤
セブン&アイ限定盤
10 2014年3月5日 光のシグナル 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD
CD+特典
AVCD-48949/B
AVCD-48950/B
AVCD-48951
AVCD-48952
初回限定盤A【Kis-My-Ft2盤】
初回限定盤B【ドラえもんコラボ盤】
通常盤
キスマイSHOP限定盤

舞祭組

アルバム

オリジナルアルバム

# 発売日 タイトル 最高位 販売形態 販売生産番号 形態
1 2012年3月28日 Kis-My-1st 1位[27] CD+DVD
CD+特典CD
CD
CD+特典
AVCD-48493/B
AVCD-48494/B
AVCD-48495/B
AVC1-38496/B
初回生産限定盤
初回生産限定盤
通常盤
キスマイショップ限定盤
2 2013年3月27日 Goodいくぜ![32] 1位 CD+DVD
CD+特典CD
CD
AVCD-38734/B
AVCD-38735/B
AVCD-38736
初回生産限定【Kis-My-History盤】
初回生産限定【Kis-My-Zero盤】
通常盤

ベストアルバム

  1. HIT! HIT! HIT!2014年3月26日

配信限定

いずれも2010年7月5日からdwango.jp(ドワンゴ)で独占配信、後に『Kis-My-1st』の初回生産限定盤(CD+特典CD)に収録。

映像作品

発売日 タイトル 最高位 販売生産番号 備考
2011年10月26日 Kis-My-Ftに逢えるde Show vol.3 at 国立代々木第一体育館 2011.2.12 2位[24] AVBD-91900
Kis-My-Ft2 Debut Tour 2011 Everybody Go at 横浜アリーナ 2011.7.31 1位[24] AVBD-91901
Kis-My-Ftに逢えるde Show vol.3 at 国立代々木第一体育館 2011.2.12 / Kis-My-Ft2 Debut Tour 2011 Everybody Go at 横浜アリーナ 2011.7.31 - AVBD-91898〜9 上記2作品をセットにした初回生産限定盤
2012年6月20日 Kis-My-Ft2 Kis-My-MiNT Tour at 東京ドーム 2012.4.8 1位[30] AVBD-91960〜1/B
AVBD-91962
初回生産限定盤は特典DVDと全5曲収録。特典CD付
2013年3月27日 YOSHIO -NEW MEMBER-[32] 1位 AVBD-92031/B
AVCD-38737
初回生産限定盤はDVD、特典CDと1曲を収録。
通常盤はDVDのみを収録。
2013年12月20日 LUCKY SEVEN!! AVB1-92073 『Kis-My-Ft7』の名義でリリース。
2014年1月29日 SNOW DOMEの約束 IN TOKYO DOME 2013.11.16 AVBD-92103/B
AVBD-92104
初回生産限定盤はDVD、特典DVDを収録。
通常盤はDVDのみを収録。

CD未収録曲

  • 北山・藤ヶ谷・玉森のソロについては個人記事を参照

2006年

  • Ready?(作詞:白井裕紀・新美香、作曲:原田卓也)[38] - 歌詞は2パターンある。
  • Kis-My-Me-Mine(作詞:白井裕紀・新真登、作曲:原田卓也) - CD化はしているが、初期Ver.は未CD化である。
  • Exit(作詞:白井裕紀、作曲:太田雅友) - 千賀ソロ[37]

2008年

2011年

  • No.1〜FIRE BEAT(作詞:村野直球、作曲:velvetronica 編曲:宮永治郎[39] -ドラマ「美咲ナンバーワン!!」OPテーマ-北山・藤ヶ谷
  • いつもありがとう(作詞:藤ヶ谷太輔、作曲:北山宏光) - 藤ヶ谷、北山のスペシャルライブ「みんなクリエに来てクリエ!」で披露 - 藤ヶ谷・北山

出演

テレビドラマ

千賀

映画

千賀

バラエティ番組

CM

ラジオ番組

  • Kis-My-Ft2 キスマイRadio(2011年10月6日- 、文化放送
  • キスマイ 北山宏光 ナニキン(2013年10月4日-、ニッポン放送

コンサート

バックダンサーとしての出演は除く。

単独コンサート

公演名 日程 公演規模 会場 備考
2008年 A.B.C-Z Kis-My-Ft2 ファーストコンサート in 横浜アリーナ 10月11日 - 13日 横浜アリーナ
2008年 A.B.C-Z Kis-My-Ft2 ファーストコンサート再再追加公演! 11月8日・9日 国立代々木第一体育館
2009年 Kis-My-Ftに逢える de Show 10月3日 - 12月20日 10都市31公演 大分iichikoグランシアタ鹿児島市民文化ホール仙台・イズミティ21、ウェルシティ金沢、新潟県民会館、ウェルシティ広島、神戸ワールド記念ホール、ウェルシティ札幌、横浜アリーナ、日本ガイシホール
2010年 Kis-My-Ftに010 逢えるde Show 3月30日 - 5月5日 6都市12公演 横浜アリーナ、マリンメッセ福岡仙台・セキスイハイムスーパーアリーナ北海道立総合体育センター(きたえーる)広島グリーンアリーナ大阪城ホール
2010年‐2011年 Kis-My-Ftに逢えるde Show vol.3 2010年12月28日 - 2011年2月12日 3都市10公演 日本ガイシホール、大阪城ホール、国立代々木第一体育館 2月12日、国立代々木競技場第一体育館で開催された昼公演にて、同年5月にエイベックスよりCDデビューすることが発表。
2011年 Kis-My-Ft2 Debut Tour 2011 Everybody Go 7月9日 - 8月21日 6都市16公演 北海道立総合体育センター(きたえーる)、 広島グリーンアリーナ、横浜アリーナ、マリンメッセ福岡、大阪城ホール、日本ガイシホール
2011年 Kis-My-Ft2 Debut Tour 2011 Everybody Go to TOKYO DOME 8月28日 1都市1公演 東京ドーム
2012年 Kis-My-Ft2 Kis-My-MiNT Tour[28] 3月31日 - 6月3日 6都市19公演 マリンメッセ福岡、日本ガイシホール、東京ドーム、大阪城ホール、広島グリーンアリーナ、北海道立総合体育センター(きたえーる)
2013年 Kis-My-Ft2 Live Tour Good いくぜ! 5月3日 - 8月25日 6都市18公演
(追加2公演含む)
21万8000人動員[44]
大阪城ホール、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ、広島グリーンアリーナ、横浜アリーナ、北海道立総合体育センター(きたえーる)、マリンメッセ福岡 5月5日の公演で単独ライブ動員数が100万人超えを達成。日本初上陸で、過去にボン・ジョヴィが2010年のツアーで5台使用したという120インチのLEDパネルが付いた特殊機構の新兵器「キスマイアーム」を初導入。ボン・ジョヴィを超える6台を使用した[44]
2013年 SNOW DOMEの約束 IN東京ドーム IN大阪ドーム 11月15日・16日、12月14日・15日 2都市4公演 東京ドーム、大阪ドーム 11月15日、千賀、宮田、横尾、二階堂で結成した派生ユニット『舞祭組』が『棚からぼたもち』を初披露。また、SMAP中居正広がジュニアとして参加。

その他のコンサート

  • ジャニーズJr.の大冒険!(2006年8月15日 - 24日、ホテル・グランパシフィック・メリディアン
  • you達の音楽大運動会(2006年9月30日 - 10月1日、国立代々木競技場 第一体育館、3公演)
  • 2007 謹賀新年 あけましておめでとう ジャニーズJr.大集合(2007年1月2日 - 7日、日本武道館
  • ジャニーズJr.の大冒険!'07 @メリディアン (2007年8月15日 - 24日、ホテル・グランパシフィック・メリディアン)
  • SUMMARY 2008(2008年8月2日 - 9月5日、Johnnys Theater、37公演)
  • 内博貴 年末年始 Rockな仲間たち大集合!(2008年12月20日 - 21日、横浜アリーナ)
  • UCHI博貴 内HIROCKY(2009年3月7日 - 4月4日、3都市)
  • KAT-TUN WORLD BIG TOUR (2010年5月2日 ‐ 8月28日、4都市)

舞台

ミュージック・ビデオ

書籍

受賞歴

2012年

Kis-My-Ft.

Kis-My-Ft.(キスマイフット)は、Kis-My-Ft2の前身となるユニットである。

2004年4月に結成[6]。グループ名は当時のメンバーのイニシャルから1文字ずつ取ってつけられた。当時メンバーには、NEWSとしてデビューしていた増田貴久が頭文字「M」の代役として参加していたことも。ローラースケートでのパフォーマンスが主であり、そのスタイルはKis-My-Ft2に受け継がれていく。

コンサート

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ これまでの記録は、タッキー&翼Hey! Say! JUMPが持つ38日。
  2. ^ 番組自体は2012年1月12日より開始。

出典

  1. ^ Kis-My-Ft2 > Profile”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2013年5月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『WiNK UP』(2012年8月号)17-24頁
  3. ^ a b 『週間TVガイド』(2011年8月13日 - 8月19日)「キスマイ★ヒストリーBOOK」
  4. ^ a b “キスマイ千賀、映画初出演!『バイロケーション』で一人二役”. シネマトゥデイ. (2013年7月20日). http://www.cinematoday.jp/page/N0054917 2013年7月21日閲覧。 
  5. ^ “Kis-My-Ft2 7年目の初CD”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2011年2月13日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2011021302000115.html 2011年2月15日閲覧。 
  6. ^ a b PROFILE”. Kis-My-Ft2 Official Website. エイベックス・マーケティング. 2011年11月22日閲覧。
  7. ^ a b c “キスマイ デビュー曲いきなり海外進出!”. Sponichi Annex (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2011年6月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/06/24/kiji/K20110624001077060.html 2011年6月24日閲覧。 
  8. ^ ““天の声”で決定!「キスマイ」CDデビュー”. スポニチ Sponichi Annex (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2010年2月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/02/13/kiji/K20110213000234740.html 2010年2月15日閲覧。 
  9. ^ “キスマイ笑顔「こんなに早く会えてうれしい」”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2010年4月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/04/01/12.html 2010年10月29日閲覧。 
  10. ^ “キスマイ、7人で初CM!着うた配信も”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2010年7月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/100703/gng1007030521001-n1.htm 2010年10月29日閲覧。 
  11. ^ dwango.jp. “着うたフル月間ランキングTOP20”. 2010年8月15日閲覧。
  12. ^ dwango.jp. “着うた月間ランキングTOP20”. 2010年8月16日閲覧。
  13. ^ “キスマイ、ジャニーズ伝統作変える”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年8月4日). http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201008040038.html 2010年10月18日閲覧。 
  14. ^ “キスマイが初写真集INマカオ発売”. nikkansports.com (株式会社日刊スポーツ新聞社). (2010年10月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101018-691447.html 2010年10月18日閲覧。 
  15. ^ ORICON STYLE. “BOOK(総合) 週間ランキング”. オリコン株式会社. 2010年10月28日閲覧。
  16. ^ ORICON STYLE. “年間本ランキング特集『オリコン2010年 年間“本”ランキングを大発表!』”. オリコン株式会社. 2010年12月3日閲覧。
  17. ^ “ド派手!キスマイの門出、2500人祝福”. SANSPO.COM (株式会社産業経済新聞社). (2011年8月11日). http://www.sanspo.com/geino/news/110811/gng1108110506000-n1.htm 2011年8月16日閲覧。 
  18. ^ ORICON STYLE. “シングル週間ランキング 2011年08月22日付”. オリコン株式会社. 2011年8月19日閲覧。
  19. ^ a b “デビュー初週歴代3位 キスマイ30万枚超”. nikkansports.com (株式会社日刊スポーツ新聞社). (2011年8月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110816-820850.html 2011年8月16日閲覧。 
  20. ^ “キスマイ、CDデビュー18日で東京ドーム”. nikkansports.com (株式会社日刊スポーツ新聞社). (2011年7月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110730-812720.html 2011年7月30日閲覧。 
  21. ^ “キスマイ、海外公演決定!ジャニーズ最速”. デイリースポーツonline (神戸新聞社). (2011年8月29日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/08/29/0004415117.shtml 2011年8月29日閲覧。 
  22. ^ a b webザテレビジョン. “東京ガールズコレクションに向井理やKis-My-Ft2がサプライズで登場!”. 角川マガジンズ. 2011年9月7日閲覧。
  23. ^ a b 東京ガールズコレクション'11 A/W. “東京ガールズコレクション'11 A/W|レポート|ステージレポート”. F1メディア. 2011年9月7日閲覧。
  24. ^ a b c d RANKING NEWS. “キスマイ、1stDVDが1位&2位独占 史上初の快挙”. オリコン. 2011年11月2日閲覧。
  25. ^ a b “【オリコン】キスマイ、2作連続首位 武井咲デビュー曲は6位”. ORICON STYLE (オリコンDD). (2011年12月20日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2004897/full/ 2012年8月18日閲覧。 
  26. ^ a b “【オリコン】キスマイ、デビューから3作連続首位 男性歌手3年8ヶ月ぶり”. ORICON STYLE (オリコンDD). (2012年3月27日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2009161/full/ 2012年8月18日閲覧。 
  27. ^ a b “【オリコン】キスマイ、1stアルバムが首位 男性歌手6年ぶり初週20万枚突破”. ORICON STYLE (オリコンDD). (2012年4月3日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2009544/full/ 2012年8月18日閲覧。 
  28. ^ a b 公演名・日程・開催地と公演数・会場は以下のページより。1stアルバムを引っさげてのツアータイトルが決定! 更に追加公演も決定!!”. Kis-My-Ft2 Official Website. エイベックス・マーケティング (2012年3月8日). 2012年3月10日閲覧。Kis-My-Ft2 Kis-My-MiNT Tour”. Kis-My-Ft2 Official Website. エイベックス・マーケティング. 2012年3月10日閲覧。[リンク切れ]“Kis-My-Ft2 > Biography > 2012”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2012年10月28日閲覧。
  29. ^ a b “Kis-My-Ft2が初の冠レギュラー番組 よゐこ濱口にバラエティのイロハ学ぶ”. ORICON STYLE (オリコンDD). (2012年3月16日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2008502/full/ 2012年8月18日閲覧。 
  30. ^ a b “【オリコン】Kis-My-Ft2、最新DVD初週12.3万枚で初登場首位”. ORICON STYLE (オリコンDD). (2012年6月27日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2013501/full/ 2012年8月18日閲覧。 
  31. ^ Kis-My-Ft2 待望のニューシングル詳細決定!!”. Kis-My-Ft2 Official Website. エイベックス・マーケティング (2012年7月14日). 2012年8月18日閲覧。
  32. ^ a b c d キスマイ、3月27日シングル&アルバム&DVD3タイトル同時リリース決定!!”. Kis-My-Ft2 Official Website. エイベックス・マーケティング (2013年2月16日). 2013年2月16日閲覧。
  33. ^ “キスマイ、3冠! あゆ、KAT-TUNに続く7年ぶり金字塔”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年4月2日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20130402-OHT1T00039.htm 2013年5月21日閲覧。 
  34. ^ a b c “キスマイ派生ユニット〈舞祭組〉、SMAP中居プロデュース“棚からぼたもち”でCDデビュー”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2013年11月11日). http://tower.jp/article/news/2013/11/11/n01 2013年11月12日閲覧。 
  35. ^ “キスマイ新ユニット舞祭組、デビューは「棚からぼたもち」”. ナタリー (ナターシャ). (2013年11月11日). http://natalie.mu/music/news/103234 2013年11月12日閲覧。 
  36. ^ “【オリコン】キスマイ、自己最高31.6万枚で首位 KAT-TUN以来5年ぶり快挙も”. ORICON STYLE (オリコンDD). (2013年2月19日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2021803/full/ 2013年2月19日閲覧。 
  37. ^ JASRAC作品コード:136-1217-4
  38. ^ JASRAC作品コード:154-6037-1
  39. ^ JASRAC作品コード:144-5512-9
  40. ^ “毎回、主役が変わる一話完結ドラマで、11人の豪華主役が競演! 木曜劇場『東野圭吾ミステリーズ』”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2012年7月4日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2012/n/120704-n023.html 2012年8月1日閲覧。 
  41. ^ キャスト”. 心療中-in the Room-. 日本テレビ. 2014年3月1日閲覧。
  42. ^ “ジャニーズ史上初のブサイクグループ!? 新番組『キスマイ BUSAIKU!?』放送決定!”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2012年8月10日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2012/i/120809-i095.html 2012年8月18日閲覧。 
  43. ^ “Kis-My-Ft2:CMで女装に初挑戦 藤ヶ谷、玉森に人気集中”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2012年3月8日). http://mantan-web.jp/2012/03/08/20120308dog00m200018000c.html 2012年3月21日閲覧。 
  44. ^ a b “Kis-My-Ft2、ボン・ジョヴィも使った新兵器「キスマイアーム」投入の横浜アリーナ公演”. BARKS. (2013年7月29日). http://www.barks.jp/news/?id=1000092765 2013年7月31日閲覧。 
  45. ^ 公演スケジュール”. 舞台 銀河英雄伝説|撃墜王 オフィシャルサイト. 舞台「銀河英雄伝説」実行委員会. 2012年6月21日閲覧。
  46. ^ キャスト”. 舞台 銀河英雄伝説|撃墜王 オフィシャルサイト. 舞台「銀河英雄伝説」実行委員会. 2012年6月21日閲覧。
  47. ^ “舞台『銀河英雄伝説 撃墜王篇』にKis-My-Ft2・横尾渉&二階堂高嗣出演”. Web De-View (オリコン). (2012年4月4日). http://www.oricon.co.jp/news/deview/2010214/ 2012年6月23日閲覧。 
  48. ^ “中川晃教主演で『銀河英雄伝説 撃墜王篇』が上演決定 キスマイ横尾渉、二階堂高嗣も登場”. シアターガイド (モーニングデスク). (2012年4月16日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2012/04/16_04.php 2012年6月23日閲覧。 
  49. ^ “亀梨のもと「DREAM BOYS」集結”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年6月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120630-975344.html 2012年6月30日閲覧。 
  50. ^ “マッチの半生をミュージカルに…キスマイ玉森主演、近藤本人も出演”. YOMIURI ONLINE. (2013年7月1日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/theater/20130701-OYT8T00751.htm 2013年7月31日閲覧。 
  51. ^ “【オリコン】キスマイ初の単行本が総合首位”. ORICON STYLE. (2013年7月25日). http://www.oricon.co.jp/news/ranking/2026945/full/ 2013年7月31日閲覧。 
  52. ^ “キスマイ・藤ヶ谷「たくさんの時間、そして人生を歩んでいきたい」とファンへの思いを明かす!”. webザテレビジョン (角川マガジンズ). (2012年1月27日). http://news.thetv.jp/article/27684/ 2012年1月28日閲覧。 
  53. ^ “キスマイが新人賞「ファンとの絆大切に」”. デイリースポーツonline (神戸新聞社). (2012年1月27日). http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/01/27/0004773496.shtml 2012年1月28日閲覧。 

外部リンク