この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

Z伝説 〜終わりなき革命〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Z伝説 〜終わりなき革命〜
ももいろクローバーZシングル
初出アルバム『バトル アンド ロマンス
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル スターチャイルド
ゴールドディスク
  • ゴールド(シングルトラック、日本レコード協会)
チャート最高順位
  • 週間5位オリコン
  • デイリー1位(オリコン)
  • 登場回数4回(オリコン)
  • 22位Billboard JAPAN Hot 100
  • 7位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 73位(Billboard Hot Top Airplay)[1]
  • ももいろクローバーZ シングル 年表
    ミライボウル/Chai Maxx
    (2011年)

    【限定販売】
    あかりんに贈る歌
    (2011年)
    Z伝説 〜終わりなき革命〜
    (2011年)
    D'の純情
    (2011年)
    テンプレートを表示

    Z伝説 〜終わりなき革命〜」(ゼットでんせつ 〜おわりなきかくめい〜)は2011年7月6日に発売された、ももいろクローバーZの4thシングル

    グループ名を「ももいろクローバー」から「ももいろクローバーZ」に改名して初めての作品である。

    解説

    映像外部リンク

    Z伝説 〜終わりなき革命〜 - YouTube

    全力で戦う“週末ヒロイン”の名のもと、戦隊ヒーローの格好でパフォーマンスを繰り広げる。監督は佐々木敦規

    Z伝説 〜終わりなき革命〜(ライブ映像) - YouTube

    『サマーダイブ2011 極楽門からこんにちは』より。

    それまでツインテールであった玉井詩織が、その後トレードマークとなるショートカット姿を初披露。ソロパートの歌いだしで大型ビジョンに映し出され、どよめきが起こる。

    作詞・作曲・編曲:前山田健一
    歌詞・動画 - 歌ネット

    初披露は2011年3月11日に発生した東日本大震災から約2ヶ月後の5月14日。被災地のZepp Sendaiで行われた入場無料のチャリティー・ライブ『ももいろクローバーZ LIVE at 仙台 強いニッポン、未来へススメ!』にて歌われた[2]

    「頑張れ」だけでなく”ももクロ流”に日本を元気にというテーマで制作された楽曲である[3]。メンバーの有安杏果は「ヘンな曲だけど、私たちなりの応援ソングにもなっているのでそこにも注目してほしいです。すごく元気が出る曲ですから」と述べている[4]

    曲中のZコールは、マジンガーZのテーマソングでおなじみの水木一郎によるものであり、ナレーション部分はグループのライブではオープニング映像でおなじみの立木文彦が担当している。立木が「RED!!!」などと5人のイメージカラーを点呼していき、各メンバーのソロパートが始まるが、前作で脱退した早見あかりが担当していた「BLUE!!!」も呼んでしまい、百田夏菜子の「あ…」というセリフが入る。

    東京ジョイポリスのコマーシャルで使われ、グループとして初めてのCMソングとなった[5]

    同日発売となった「D'の純情」と同じく、カップリングやカラオケのトラックがないワンコイン・シングル(500円)で、初回限定など別の版も発売されていない。同年7月10日付オリコンデイリーチャートでは、両曲が1位・2位を獲得した。シングルトラックとしてのゴールド認定を受けている(10万ダウンロード)[6]

    Z伝説 ~ファンファーレは止まらない~

    映像外部リンク

    Z伝説 ~ファンファーレは止まらない~ - YouTube

    グループ初の東京ドーム公演『ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-』で初披露された際の映像(1番のサビ前まで)

    作詞・作曲:前山田健一 / 編曲:tatsuo
    歌詞 - 歌ネット

    有安杏果が卒業した後の4人バージョンとして、全面的に歌詞が書き換えられ、新たなメロディラインが加わっている。『MOMOIRO CLOVER Z BEST ALBUM「桃も十、番茶も出花」』<初回限定 -モノノフパック->のDISC 3に収録。

    出典

    外部リンク