VIVA! 6×7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
VIVA! 6×7
松任谷由実スタジオ・アルバム
リリース
録音 2003年6月25日 - 2004年
ジャンル J-POP
時間
レーベル EXPRESS
プロデュース 松任谷正隆
チャート最高順位
ゴールドディスク
松任谷由実 年表
Yumi Arai 1972-1976
2004年
VIVA! 6×7
2004年
A GIRL IN SUMMER
2006年
テンプレートを表示

VIVA! 6×7』(ビバ・シックス・バイ・セブン)は、松任谷由実(ユーミン)の33枚目のオリジナルアルバム。2004年11月10日東芝EMIからリリースされた(初回盤:TOCT-25600、通常盤:TOCT-25601)。2004年12月20日~2005年6月17日『VIVA! 6×7』コンサートツアーが行われた。

解説 [編集]

  • アルバムのテーマは「ヨーロッパの薫り」。
  • プロデューサーである松任谷正隆は当初、セルフカバーアルバム「Yuming Compositions: FACES」(2003年12月発売)と同時期にオリジナルアルバムを発売しようと考えていたが、「シャングリラII」公演などのスケジュールの都合により、約2年かけて製作されることになった作品。
  • 絵画のように見えるジャケットは、実は本物の写真を加工したもの。信藤三雄が手掛け、2台の車は「アルファロメオ・ジュリエッタスパイダー」と「ポルシェ・356A」で「CAR GRAPHIC」誌に協力を依頼した。
  • 本作の発売日は2004年11月17日と発表されていたが、1週間前倒しされた。
  • タイトルの「6×7」は撮影用フィルムから来ている。もともとユーミンはイタリア映画で使われていた『8×9』をタイトルにしたいと松任谷正隆に相談した際、松任谷正隆から「フィルムの大きさをタイトルにするのであれば、『6×7』の方が語呂がいいのでは?」との提案に賛同し、アルバムタイトルとなった。
  • 本作には先行シングル曲がない。ただし「永遠が見える日」はDVDシングルのみで先行リリースされた。
  • この作品でオリコンアルバムチャート連続TOP10入り年数の最長記録を更新(1975~2004年)したが、翌2005年にはアルバム発売がなかったため記録は途絶えることとなった。
  • このアルバムのツアーで、16年ぶりに地元八王子でコンサートが行なわれた。

収録曲[編集]

  1. -Prologue-
    アルバムの始まりを告げるSEに近いトラックで、収録時間は約20秒とユーミンの音源で最も短い。
  2. 太陽の逃亡者
    田島貴男ORIGINAL LOVE)とデュエット。駆け落ちの歌。JR北海道「冬のイメージソング」としてタイアップ。
  3. 恋の苦さとため息と
    ビデオクリップあり。
  4. Choco-language (ショコランゲージ)
    不二家ルックチョコレート」CMソング。ショコランゲージはユーミンの造語。
  5. 水槽のJellyfish
    苗場プリンスホテルCMソング。
  6. 灯りをさがして
    日本テレビ系『あの日にかえりたい〜東京キャンティ物語〜』イメージソング。
  7. 永遠が見える日(album version)
    アルバムバージョン。映画『天国の本屋〜恋火』主題歌。ビデオクリップあり。
  8. Summertime
  9. ひまわりがある風景
  10. Invisible Strings
    不二家「カントリーマァム」CMソング。WOWOW『SURF & SNOW in 逗子マリーナ vol.17』エンディングテーマ。
  11. 霧の中の影
    映画『男と女』をイメージして作られた。「霧の中って、(車で)どんなに速く走っても何キロで走っているかわからない。別れが訪れるということが既にわかっている男と女が同じ時間を共有しながら、メビウスの輪みたいにネジ曲がった別の時空間にいるという感じを出したかった」プロデューサー談。

参加ミュージシャン[編集]

外部リンク[編集]

  • 松任谷由実オフィシャルサイトによる紹介ページ