ニール・スチューベンハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニール・スチューベンハウス(Neil Stubenhaus、1953年7月18日 - )は、アメリカのプロミュージシャンで、ベースギターが専門。

小学生の頃にドラムの練習を始め、12歳のときにベースギターの演奏を始めるようになった。大学はバークリー音楽大学へ進学。大学時代に、ヴィニー・カリウタ(後にスティングフランク・ザッパらとセッションを行う)や、ジョン・ロビンソン(後にバーブラ・ストライサンドクインシー・ジョーンズチャカ・カーンマイケル・ジャクソンらとセッションを行う)と出会った。

1975年に大学を卒業し、スティーヴ・スワロウに勧められ、後にバンドグループ・ジャーニーのメンバーとなるスティーヴ・スミスが率いるバンドに参加した。(スティーヴ・スワロウとスティーヴ・スミスはともにバークリー音楽大学の学生だった。) 1977年にロックバンド「ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ」のメンバーであったディビッド・クレイトン・トーマスのファースト・ソロ・アルバムの録音に参加。1978年ラリー・カールトンと一緒にツアーへ行った際、カールトンから東海岸へ移住するように勧められ、移住するとマイク・ポストをはじめ多くの作曲家とセッションを始めた。

1979年以降、600枚を越えるアルバムの製作に参加。うち70枚以上がグラミー賞のノミネート作品となり、20作以上がグラミー賞を勝ち取り、60作以上がゴールドディスクまたはプラチナムディスクとなっている。他にも150本を越える映画サウンドトラックジングルコマーシャル音楽などを担当している。

20年以上に渡り、バーブラ・ストライサンドクインシー・ジョーンズのメーン・ベーシストを務めるほか、数々のアーティストの楽曲を支えている。

これまでにセッションをした主なアーティスト[編集]