ヴィニー・カリウタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィニー・カリウタ
Vinnie Colaiuta
Vinnie Colaiuta.jpg
ヴィニー・カリウタ(2009年1月26日、ジェフ・ベックメルボルン公演にて)
基本情報
出生名 Vincent Colaiuta
生誕 (1956-02-05) 1956年2月5日(64歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ブラウンズビル
ジャンル ロックポップスジャズファンクカントリーヘヴィメタル
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス
活動期間 1978年 -
レーベル ストレッチ・レコード
ムーンジューン・レコード
共同作業者 フランク・ザッパ
ジェフ・ベック
スティング
ハービー・ハンコック
ファイヴ・ピース・バンド
ダミアン・ドラギシ
ジョニ・ミッチェル
公式サイト www.vinniecolaiuta.com
ファイヴ・ピース・バンドでケニー・ギャレットと演奏するカリウタ(2008年)

ヴィニー・カリウタVinnie Colaiuta1956年2月5日 - )は、イタリア系アメリカ人ドラマーロサンゼルスを拠点に活動中。

ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」において14位。

来歴[編集]

ペンシルベニア州ブラウンズビル出身。子供の頃からドラムセットで遊び、14歳の時に両親からフルセットを贈られ、本格的にドラマーを目指す道を歩み始めた。

ボストンバークリー音楽院で1年間学ぶ。この時代、当時ビッグバンドに所属していたドラマーのスティーヴ・スミスと出会っている。ヴィニーとスティーヴはゲイリー・チェイフィーの講義を懸命に受けたり、シンバルの叩法について夜遅くまで語り合うなど、熱心な学生だった。卒業後は住まいをロサンゼルスに移し、ラウンジのバンドなどで演奏しながら糧を得つつ経験を積んだ。1978年、22歳の時にフランク・ザッパのオーデションを受け、その演奏の困難さでは悪名高い課題曲「The Black Page」を見事に演奏し合格した。かくしてヴィニーはメイン・ドラマーとしてライブやレコーディングでの有力メンバーとなった。この時代、彼はザッパのアルバム3作でドラムを叩いているが、どれもが驚くべき内容だと多くのドラマーが認め、特にアルバム『ジョーのガレージ』のそれは1993年の『Modern Drummer』誌においてドラム演奏ベスト25に選出される程のものだった。フランクからも、後年の自伝において、ヴィニーのプレイをバンド歴代ドラマーで最高のものと綴っている。

フランク・ザッパの元を独立してからは、ジノ・ヴァネリジョニ・ミッチェルバーブラ・ストライサンド、サンディ&ジュニアやチャカ・カーンなどから果てはメガデスまで、多彩なミュージシャンとの仕事をこなす。一方で、ジャズ界でも八面六臂の活躍を見せ、チック・コリアジミー・ハスリップクインシー・ジョーンズバディ・リッチのビッグバンドやビューエル・ナイトリンガーらとも共演している。2005年には、ポール・アンカのヒット・アルバム『ロック・スウィング』にも参加している。

1990年ヴィニーはスティングの募集に応じ、アルバム『ソウル・ケージ』発表後のライブ・ツアーに参加する。スティングのバンド加入はその後7年間に及び、レコーディングにはそれ以上の期間加わった。1996年にはスティングに帯同する形で「English Jam」で演奏し、その模様はジョン・マクラフリンのアルバム『ザ・プロミス』に収められている。2003年、スティングのアルバム『セイクレッド・ラヴ』のセッションに参加した縁で同アルバムのプロモーション・ライブに出演したが、ワールド・ツアーへの誘いは断っている。

1994年には、自身の名を冠したソロ・アルバムを制作した。しかしながら、セッション・ミュージシャンとしての要請が相変わらず多く、また映画音楽の制作やテレビ、ラジオなどの音楽担当を数え切れず任されていることもあって、それ以後はなかなか発表されなかった。

ヴィニーは、『Modern Drummer magazine』誌の読者投票で選出されるドラマー・オブ・ザ・イヤーに通算18度選ばれ、うち10回は「Best Overall」カテゴリーでの受賞を含んでいる。1996年には、現代ドラム奏者の殿堂入りし、今を生きる最も重要なドラマーと評された。

直近のヴィニーは、フェイス・ヒルのレコーディングやツアーへの参加、ジェフ・ベックの公演でバックを務める傍ら、数多いミュージシャンのセッションなど、相変わらず多忙なスケジュールをこなしている。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『VINNIE COLAIUTA』 - Vinnie Colaiuta (1994年、Stretch)
  • Descent into Madness (2018年、Extreme Production Music)

ジン・チ

  • 『ジン・チ』 - Jing Chi (2001年、Tone Center) ※ヴィニー・カリウタ、ロベン・フォードジミー・ハスリップ名義
  • 『ライヴ!』 - Jing Chi Live at Yoshi's (2003年、Tone Center) [1]
  • 『3D』 - 3D (2004年、Tone Center)
  • 『スプリーモ』 - Supremo (2017年、Inakustik Quality Of Music)

連名アルバム

参加アルバム[編集]

ジョニ・ミッチェル

  • 『ワイルド・シングス・ラン・ファスト』 - Wild Things Run Fast (1982年)
  • 『ドッグ・イート・ドッグ』 - Dog Eat Dog (1985年)
  • 『ナイト・ライド・ホーム』 - Night Ride Home (1991年)

トム・スコット

  • 『ディザイア』 - Desire (1982年)
  • 『ストリームラインズ』 - Streamlines (1987年)
  • 『フラッシュポイント』 - Flashpoint (1988年)
  • 『スモーキン・セクション』 - Smokin' Section (1999年) ※トム・スコット&ザ・L.A.エクスプレス名義

スティング

フランク・ザッパ

  • ジョーのガレージ』 - Joe's Garage (1979年)
  • ティンゼル・タウン・リベリオン』 - Tinseltown Rebellion (1981年)
  • 黙ってギターを弾いてくれ』 - Shut Up 'n Play Yer Guitar (1981年)
  • 『ザ・マン・フロム・ユートピア』 - The Man From Utopia (1983年)
  • 『ギター』 - Guitar (1988年)
  • 『オン・ステージ Vol.1』 - You Can't Do That on Stage Anymore, Vol. 1 (1988年)
  • 『オン・ステージ Vol.4』 - You Can't Do That on Stage Anymore, Vol. 4 (1991年)
  • 『オン・ステージ Vol.6』 - You Can't Do That on Stage Anymore, Vol. 6 (1992年)
  • 『雑派大魔神パリで逆鱗』 - Any Way the Wind Blows (1991年) ※Beat the Bootsシリーズ
  • 『ストリクトリー・コマーシャル - ベスト・オブ・フランク・ザッパ』 - Strictly Commercial (1995年) ※コンピレーション
  • 『ロスト・エピソード』 - The Lost Episodes (1996年)
  • Frank Zappa Plays the Music of Frank Zappa: A Memorial Tribute (1996年)
  • 『ハヴ・アイ・オフェンディッド・サムワン?』 - Have I Offended Someone? (1997年)
  • Son of Cheep Thrills (1999年)
  • Halloween (2003年)
  • Trance-Fusion (2006年)
  • Buffalo (2007年)
  • Chicago '78 (2016年)

その他

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Artist Biography by Wade Kergan”. AllMusic. 2017年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]