マイケル・ランドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ランドウ
Landau's power soul.jpg
Michael Landau, 2008
基本情報
出生名 マイケル・ランドウ
Michael Landau
出生 1958年6月1日(57歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州 ロサンゼルス
ジャンル ロック, ジャズ, フュージョン
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
公式サイト 公式サイト

マイケル・ランドウMichael Landau,1958年6月1日-)は、アメリカギタリスト、レコーディング・エンジニア。1980年代から1990年代にかけて、スタジオ・ミュージシャンとして大きな成功を収めた。

経歴[編集]

1958年、カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。ジミ・ヘンドリックスクリームレッド・ツェッペリン等を聴き好んで育ち、11歳の時にギターを始めると、次いで徐々にジャズフュージョンにも傾倒し始める。高校時代に、学内で結成されていたバンドに加入する。このバンドには、同校の一学年先輩で、友人のスティーヴ・ルカサーが在籍していたほか、それ以前にはジェフ・ポーカロデヴィッド・ペイチ等も参加していた。高校を卒業してすぐにプロとしてのキャリアをスタートさせ、ルカサーの後任としてボズ・スキャッグス&バンド等に参加していた。

1980年、ロサンゼルスのスタジオ・ミュージシャンによって結成されたAORグループ「マクサス」に加入し、翌年アルバム『Maxus』を発表。ここでの卓越したギタープレイが大いに注目を集め、以後セッションプレイヤーとしてピンク・フロイドマイルズ・デイヴィスロッド・スチュワートジェームス・テイラーなどの大物の作品に起用される人気ミュージシャンとなった。更に多くの日本人ミュージシャンの作品にも参加している(後述)。1990年代からは、自身のソロ活動やバンド活動も精力的にこなすようになり、1990年には初のソロアルバム『Tales From The Bulge』を発表。以後、セッション業と平行しながら、これまでにソロ、バンドを合わせて13作のアルバムを発表している。ネット上の音楽コミュニティサイトMy Spaceに自身のページを持っており、そこでいくつかの作品を聴く事ができる。

セッションプレイヤーとして、また卓越したギタリストとして多くプレイヤーに影響を与え、スティーヴ・ルカサーと並び称される存在となっている。そのルカサーも、ランドウを「世界で5本の指に入る」との賞賛を送っている。

また、レコーディング・エンジニアとしても著名であり、友人のスコット・ヘンダーソンの作品にエンジニアとしてしばしば参加している。

作品[編集]

ソロ作品[編集]

  • 1990年『Tales From The Bulge』
  • 2001年『The Star Spangled Banner』
  • 2001年『Michael Landau Live 2000』 ※ライブ作品
  • 2006年『The Michael Landau Group-Live』 ※ライブ作品
  • 2012年『Organic Instrumentals』

バンド作品[編集]

KARIZMA

  • 1989年『(Forever In The)Arms Of Love』
  • 2000年『Document』

Burning Water

  • 1993年『Burning Water』
  • 1994年『Mood Elevator』
  • 1996年『Live And Lit』 ※ミニアルバム
  • 1996年『Abbandonato』

The Raging Honkies

  • 1995年『We Are The Best Band』
  • 1997年『Boner』

Stolen Fish

  • 2000年『Give Me A Ride』
  • 2002年『Like I Said』

Blue Horn

  • 2000年『Noise For Neighbors』

日本人アーティストとの関わり[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]