マイケル・マクドナルド (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・マクドナルド

マイケル・マクドナルドMichael McDonald1952年2月12日 - )はアメリカのミュージシャン。ブルー・アイド・ソウルと称されるタイプのボーカリストの一人であり、ハスキーで深みのある非常に個性的な歌声を持つ。

歴史[編集]

ミズーリ州セントルイス生まれ。高校の頃からバンド活動を始める。ブルーというバンドにいたころにRCAレコードに見出され、1970年にロサンゼルスに移住、セッションミュージシャンとして活動を始める。1974年スティーリー・ダンにツアーメンバーとして参加、『うそつきケイティ』でもバックボーカルを務めた。

1975年ジェフ・バクスターの誘いを受け、病気のために一時的にバンドを離れたトム・ジョンストンの代役としてドゥービー・ブラザーズに加入、ツアーを行う。マクドナルドの加入により、ドゥービーはそれまでのファンキーなギターロックからソウルフルで都会的なAORに音楽性を転換する。1978年の『ミニット・バイ・ミニット』、ケニー・ロギンスと共作した「ホワット・ア・フール・ビリーブス」は全米1位を記録、グラミー賞の最優秀アルバム、最優秀楽曲を受賞し、マクドナルドの名声を高めた。

ドゥービーが活動を停止した1982年にソロアルバム『思慕(ワン・ウェイ・ハート)』を発表、「アイ・キープ・フォーゲッティン」のヒットを生む。1983年に発表されたジェームス・イングラムとのデュエット曲「ヤー・モ・ビー・ゼア」は、グラミー賞最優秀R&Bパフォーマンス賞を受賞し、ソロ転向後としては初のグラミー受賞を果たした[1]1986年にはパティ・ラベルとのデュエット曲「オン・マイ・オウン」を大ヒットさせる。個性的ながらソウルフルかつ甘い歌声から、この当時は「女性歌手が最もデュエットしたい男性歌手」といわれる存在であった。

1990年代以降もAOR界では大御所として人気を博し、1995年にはドゥービーの再結成ツアーにも参加した。2000年代にはモータウンヒットのカバー集を出すなど、安定した活動を続けている。

ディスコグラフィ[編集]

ドゥービー・ブラザーズ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • 思慕 (ワン・ウェイ・ハート) - If That's What It Takes(1982年)
  • ノー・ルッキン・バック - No Lookin' Back(1985年)
  • テイク・イット・トゥ・ハート - Take It to Heart(1990年)
  • ブリンク・オブ・アイ - Blink of an Eye(1993年)
  • ブルー・オブセッション - Blue Obsession(2000年)
  • イン・ザ・スピリット - In the Spirit: A Christmas Album(2001年)
  • モータウン - Motown(2003年)
  • モータウン2 - Motown Two(2004年)
  • Through the Many Winters: A Christmas Album(2005年)
  • Soul Speak(2008年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]