今だから

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今だから
松任谷由実
小田和正
財津和夫
シングル
B面 今だから (another version)
リリース
規格 7インチシングル
ジャンル J-POP
レーベル 東芝EMI / EXPRESS
ファンハウス
プロデュース 松任谷由実
小田和正
財津和夫
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1985年6月度月間1位(オリコン)
  • 1985年度年間16位(オリコン)
松任谷由実 年表
VOYAGER〜日付のない墓標
1984年
今だから
1985年
メトロポリスの片隅で
(1985年)
小田和正 年表
今だから
(1985年)
1985
1986年
財津和夫 年表
一枚の絵
1980年
今だから
(1985年)
償いの日々
1987年
テンプレートを表示

今だから』(いまだから)は、日本のミュージシャンである松任谷由実小田和正オフコース)、財津和夫チューリップ)名義[注 1]1985年6月1日にリリースされた楽曲。発売元は東芝EMI / EXPRESSとファンハウス

制作[編集]

作詞・作曲を松任谷・小田・財津の3人で手掛け、編曲とキーボードは坂本龍一が担当。参加ミュージシャンは坂本の他、ドラム高橋幸宏、ベース後藤次利、ギター高中正義と、元サディスティック・ミカ・バンドのメンバーが揃った。小田の談によると、当時はそんなシャレた表現はなかったため、「『一緒にやろう』ただそれだけだった」という。2004年、財津が小田の番組『風のようにうたが流れていた』(TBS)にゲスト出演した際、約20年振りに本作がデュエットで披露された。その際の財津談によると「制作過程は、ほとんど松任谷と小田の話し合いで進められた」ため財津が口を挟もうとすると、「まあまあ、それはいいから」というような雰囲気になり、結果曲に全く財津色がなくなったという。だが、財津は「でもヒットしたからいいと思った」と語っている。

発売と同年の6月15日国立競技場で行なわれた、国際青年年イベント「国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW」にて、レコーディングのメンバーに加藤和彦を加えた「Sadistic Yumi Band[注 2]をバックに演奏された。

記録[編集]

オリコンのシングルチャートで2週連続1位を獲得している。現在でもラジオの音楽番組などでオンエアされることがあるが、CD化は未だに実現されていないため局所有の7インチシングル盤を再生している[1]。オリコンシングルチャート1位獲得楽曲(A面曲)で未CD化なのは本作だけである。

収録曲[編集]

  1. 今だから
    • 作詞・作曲:松任谷由実、小田和正、財津和夫/編曲:坂本龍一
  2. 今だから (another version)

参加ミュージシャン[編集]

カバー[編集]

曲名 アーティスト 収録作品 発売日 規格品番 備考
今だから 財津和夫 『Z氏の悪い趣味』[2] 1987年12月21日 AF-7469 (LP) セルフカバー
33CA-2079 (CD)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 肩書きは、いずれも1985年当時のもの。
  2. ^ 読みはサディスティック・ユーミン・バンド。綴りはSADISTIC MICA BANDにあわせたYumi。

出典[編集]

  1. ^ J-POPの歴史「1984年と1985年、ニューミュージックから新世代へ」”. Rolling Stone Japan. CCCミュージックラボ株式会社 (2019年12月18日). 2021年6月7日閲覧。
  2. ^ Z氏の悪い趣味(くせ)”. zaitsukazuo.com. 2021年6月7日閲覧。