One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
One Night In Heaven
〜真夜中のエンジェル〜
Winkシングル
B面 Cat-Walk Dancing
リリース
規格 8cmCD
シングルレコード
コンパクトカセット
デジタル・ダウンロード
ジャンル ポップス
レーベル ポリスター
作詞・作曲 作詞:松本隆
作曲:スティーブ・リローニドイツ語版ダン・ナヴァーロ
編曲:船山基紀
プロデュース 水橋春夫
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン、1989年11月13日・20日)[1]
  • 月間1位(オリコン、1989年11月度)[2]
  • 年間38位(オリコン、1989年度)[3]
  • 1位(歌のトップテン、1989年11月20日・27日、12月4日・11日・18日)
Wink シングル 年表
淋しい熱帯魚
(1989年)
One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜
(1989年)
Sexy Music
1990年
テンプレートを表示

One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜」(ワン・ナイト・イン・ヘヴン まよなかのエンジェル)は、Winkの6枚目のシングル。1989年11月1日にポリスターより発売された。2018年4月27日には、完全限定盤として17cmアナログ・シングル(PSKR-9110)をダブル・ジャケット仕様で再リリースしている。

解説[編集]

本曲は、作詞を松本隆、作曲をスティーブ・リローニドイツ語版ダン・ナヴァーロ、編曲を船山基紀が担当。

マックロードM10松下電器産業)のCMソングに起用され[4]、Wink主演の単発ドラマ『コンプレックス 可愛いコになれない』(TBS系、1989年12月29日放送)のエンディングテーマとしても使用された。

カップリング曲は「Cat-Walk Dancing」。作詞を松本隆、作曲を羽場仁志、編曲を船山基紀が担当している。

オリコンチャートでは、1989年11月13日・20日付で2週連続1位を記録し[1]、同月の月間1位となった[2]

なお、Winkのシングルカセットとしては最後のものである。

収録曲[編集]

※全作詞:松本隆、全編曲:船山基紀

  1. One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜
    • 作曲: スティーブ・リローニ、ダン・ナヴァーロ
  2. Cat-Walk Dancing
    • 作曲: 羽場仁志

収録アルバム[編集]

テレビ番組における歌唱[編集]

※ 在京キー局のテレビ番組の放送日は首都圏のもの。地方の系列局の放送日は異なる場合がある。

  • One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜
放送日 (曜日) 収録日 (曜日) 番組名 放送局 衣装 備考
1989.10.27 (金)[5] 1989.10.27 (金) ミュージックステーション[5] テレビ朝日
1989.11.01 (水)[注 1] 1989.11.01 (水) 夜のヒットスタジオSUPER[注 1] フジテレビ
1989.11.06 (月) 深夜[注 2] 1989.11.06 (月) 深夜 バレーボールワールドカップ’89開会式[注 2] フジテレビ Winkはコンサート用の衣装を着用して出演し、「淋しい熱帯魚」、「SPECIAL TO ME」、「涙をみせないで」、「REMEMBER SWEET」、「SHINING STAR」も歌唱[注 2]
1989.11.12 (日)[注 3] 1989.11.05 (日) スーパーJOCKEY[注 3] 日本テレビ
1989.11.16 (木)[注 4] 1989.11.16 (木) 音楽派Together[注 4] TBS Winkは同番組の前週11月9日(木)放送分に出演予定であったが[注 5]、この日は鈴木早智子が欠場して相田翔子のみが出演し、歌唱無し。
1989.11.20 (月)[注 6] 1989.11.20 (月) 歌のトップテン[注 6] 日本テレビ 第1位。
1989.11.27 (月)[注 7] 1989.11.27 (月) 歌のトップテン[注 7] 日本テレビ 第1位。
1989.11.29 (水)[注 8] 1989.11.29 (水) 夜のヒットスタジオSUPER[注 8] フジテレビ
1989.12.04 (月)[注 9] 1989.12.04 (月) 歌のトップテン[注 9] 日本テレビ 第1位。
1989.12.07 (木)[注 10] 1989.12.07 (木) 音楽派Together[注 10] TBS Winkは同番組で「Sugar Baby Love」と本曲のメドレーを歌唱[注 10]
1989.12.11 (月)[注 11] 1989.12.11 (月) 歌のトップテン[注 11] 日本テレビ 第1位。
1989.12.18 (月)[注 12] 1989.12.18 (月) 歌のトップテン[注 12] 日本テレビ 第1位。Wink主演のTBSドラマ『コンプレックス 可愛いコになれない』の収録中である横浜・TBS緑山スタジオより中継。Winkは既製品の衣装を着用して出演。
1989.12.22 (金)[6] 1989.12.22 (金) ミュージックステーション[6] テレビ朝日 Winkは同番組で「SPECIAL TO ME」も歌唱[6]
1989.12.25 (月)[注 13] 1989.12.25 (月) 歌のトップテン[注 13] 日本テレビ この日の同番組は、クリスマス特集「今夜はハチャメチャXマス」としての放送で[注 13]、順位無し。
1990.01.15 (月)[注 14] 1990.01.15 (月) 歌のトップテン[注 14] 日本テレビ 第2位。
同番組の前週1月8日放送分[注 15]で本曲は第4位であったものの、鈴木早智子が急性胃腸炎のため欠場し、歌唱無し。
1990.01.17 (水)[注 16] 1990.01.17 (水) 夜のヒットスタジオSUPER[注 16] フジテレビ
1990.01.22 (月)[注 17] 1990.01.22 (月) 歌のトップテン[注 17] 日本テレビ 第3位。Winkは、静岡県磐田市民文化会館でのコンサートを終えた後に、既製品の衣装を着用し、同地のショッピングセンター・バーンビレッジイワタより中継で出演。
1990.01.29 (月)[注 18] 1990.01.29 (月) 歌のトップテン[注 18] 日本テレビ 第5位。
1990.02.05 (月)[注 19] 1990.02.05 (月) 歌のトップテン[注 19] 日本テレビ 第7位。Winkはサイパンより中継で出演[注 19]
1990.02.11 (日)[7] 1990.01 フラッシュ&ジャンプ[7] NHK総合 NHK衛星第2では1989年2月1日(木)放送[8]
Winkは、田中美奈子田村英里子とともに「バレンタイン・キッス」(国生さゆりwithおニャン子クラブ1986年の楽曲)、光GENJI・田中・田村とともに「太陽がくれた季節」(青い三角定規1972年の楽曲)も歌唱[注 20]
  • 「衣装」欄の記号:A=黒い衣装 B=PV[注 21]中盤までの衣装と同じもの C=PV終盤の衣装と同じもの D=白い衣装 E=その他(「備考」欄参照)
  • Cat-Walk Dancing
放送日 (曜日) 番組名 放送局 備考
1994.05.15 (日)[9] アイドルオンステージ[9] NHK BS2 Winkは、コンサート用の衣装を着用して、「咲き誇れ愛しさよ」、本曲、「Sexy Music」、「摩天楼ミュージアム」のメドレーを歌唱。

カバー[編集]

  • One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜
  • Yoo Yoo英語カバー。タイトルは「One Night In Heaven」。Yoo Yooの、シングル「ONE NIGHT IN HEAVEN / SAMISHII NETTAIGYO」(ポリスター、1990年1月25日)、アルバム『One Night In Heaven - Eurobeat Nonstop Mix Vol. 1』(同前、1990年1月25日)、同『BEST OF WINK』(同前、1991年11月25日)、および同『WINK COLLECTION』(同前、1992年9月26日)に収録。
  • 伊能静台湾の女性歌手) – 北京語カバー。タイトルは「誘惑我的心」。伊能静のアルバム『安妮的王子』(台湾・飛鷹唱片、1991年11月)に収録。北京語詞: 伊能静、編曲: 孫崇偉。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 読売新聞』1989年11月1日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1989年11月号p.32)および夕刊第16面(同前p.52)のテレビ番組表に「歌姫ウィンクVS静香」として番組放送予定記載あり。
  2. ^ a b c 「音楽」(『ザテレビジョン』1989年第45号)p.37(各地方版共通)に番組放送・出演・曲目予定記載あり。
  3. ^ a b 『読売新聞』1989年11月12日朝刊第16面(『読売新聞縮刷版』1989年11月号p.600)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  4. ^ a b 『読売新聞』1989年11月16日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1989年11月号p.790)および夕刊第16面(同前p.810)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  5. ^ 『読売新聞』1989年11月9日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1989年11月号p.452)および夕刊第20面(同前p.480)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  6. ^ a b 『読売新聞』1989年11月20日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1989年11月号p.988)および夕刊第20面(同前p.1016)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  7. ^ a b 『読売新聞』1989年11月27日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1989年11月号p.1336)および夕刊第20面(同前p.1364)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  8. ^ a b 『読売新聞』1989年11月29日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1989年11月号p.1452)および夕刊第16面(同前p.1470)のテレビ番組表に「必見・ウィンクカラオケ講座」として番組放送予定記載あり。
  9. ^ a b 『読売新聞』1989年12月4日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1989年12月号p.180)および夕刊第20面(同前p.208)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  10. ^ a b c 『読売新聞』1989年12月7日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1989年12月号p.344)および夕刊第16面(同前p.364)のテレビ番組表に「デビュー曲・ウィンク」として番組放送予定記載あり。
  11. ^ a b 『読売新聞』1989年12月11日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1989年12月号p.536)および夕刊第20面(同前p.562)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  12. ^ a b 『読売新聞』1989年12月18日朝刊第17面(『読売新聞縮刷版』1989年12月号p.815)および夕刊第16面(同前p.854)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  13. ^ a b c 『読売新聞』1989年12月25日朝刊第28面(『読売新聞縮刷版』1989年12月号p.1134)および夕刊第16面(同前p.1150)のテレビ番組表に「今夜はハチャメチャXマス」として番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  14. ^ a b 『読売新聞』1990年1月15日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1990年1月号p.682)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  15. ^ 『読売新聞』1990年1月8日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1990年1月号p.332)および夕刊第20面(同前p.362)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  16. ^ a b 『読売新聞』1990年1月17日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1990年1月号p.776)および夕刊第20面(同前p.792)のテレビ番組表に「感激・ウィンクPレディー㊙VTR」として番組放送予定記載あり。
  17. ^ a b 『読売新聞』1990年1月22日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1990年1月号p.1016)および夕刊第20面(同前p.1048)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  18. ^ a b 『読売新聞』1990年1月29日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1990年1月号p.1370)および夕刊第20面(同前p.1402)のテレビ番組表に番組放送予定と「ウィンク」の記載あり。
  19. ^ a b c 『読売新聞』1990年2月5日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1990年2月号p.220)および夕刊第20面(同前p.252)のテレビ番組表に「ウィンク、サイパンにて‥‥」として番組放送予定記載あり。
  20. ^ 「音楽」(『ザテレビジョン』1990年第7号)p.43(各地方版共通)に番組放送・出演・曲目予定記載あり。
  21. ^ 外部リンク」の節の「One Night Heaven ~真夜中のエンジェル~(M.V.) / Wink」。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]