相澤英孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相澤 英孝(あいざわ ひでたか、1954年4月16日 - 2019年5月10日)は、日本法学者一橋大学名誉教授。専門は知的財産法

筑波大学助教授早稲田大学教授、一橋大学教授ハーバード大学客員教授等を歴任。実父は官僚出身の元衆議院議員相澤英之、継母は司葉子。妻は塩川美佳。義妹(弟の妻)は相田翔子よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

経歴[編集]

1987年から1988年までワシントン大学客員研究員、工業所有権審議会委員、産業構造審議会臨時委員等も歴任。西村あさひ法律事務所においても執務。

2007年6月から2009年3月まで、日本テレビの朝のワイドショースッキリ!!コメンテーターとして準レギュラー出演した。2018年11月30日に放送した爆報! THE フライデーで、妻と一緒にVTRで出演した。

2019年5月10日、多臓器不全のため、東京都内の病院で死去[2]。65歳没。死没日をもって従四位叙位、瑞宝小綬章追贈[3]。奇しくも実父の英之が同年4月4日に死去しており、後を追う様に亡くなった。

著書[編集]

単著
編著
  • 『電子マネーと特許法』(弘文堂、2000年)
共編著
  • 中山信弘大渕哲也)『特許判例百選』(有斐閣、 2004年)
  • (大渕哲也・小泉直樹田村善之)『知的財産法の理論と現代的課題 - 中山信弘先生還暦記念論文集』(弘文堂、2005年)
  • (西村ときわ法律事務所)『知的財産法概説』(弘文堂、2008年)

家族・親族[編集]

相澤家[編集]

神奈川県横浜市東京都

父は、相澤英之(元衆議院議員、元大蔵事務次官)。実弟に、中島周キユーピー常務、中島董商店社長)、異母弟に、相澤宏光(JR東京総合病院麻酔科副医長、夫人は元Wink相田翔子)がいる。夫人は、塩川美佳(モデル、元クラリオンガール)で、塩川実喜夫内閣官房内閣情報調査室審議官、元兵庫県警察本部長、駐チュニジア大使)は義兄。女優の司葉子は継母に当たる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成29年度 第14回 教育研究評議会議事要録一橋大学
  2. ^ “相沢英孝氏死去/一橋大名誉教授”. 四国新聞社. (2019年5月13日). http://www.shikoku-np.co.jp/bl/news/national/okuyami-detail.aspx?kid=20190513000335 2019年5月13日閲覧。 
  3. ^ 『官報』本紙第25号7・8ページ、令和元年6月10日

関連項目[編集]

  • 知的財産権 - 日本における知的財産訴訟の現状なども記載

外部リンク[編集]