DAYBREAK (男闘呼組の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DAYBREAK
男闘呼組シングル
初出アルバム『NEW BEST 男闘呼組
B面 収録曲項目参照
リリース
規格 EPレコード
カセットテープ
8cmCD
ジャンル ロック
J-POP
レーベル BMGビクターRCA
作詞・作曲 大津あきら(作詞)
Mark Davis(作曲)
ゴールドディスク
第30回日本レコード大賞最優秀新人賞[1]
チャート最高順位
男闘呼組 シングル 年表
-DAYBREAK
(1988年)

(1988年)
フジテレビ木8ドラマ主題歌 年表
Sugar Baby Love
(1988年)
第二章 追憶の挽歌
(1988年)
かっこつかないね
(1988年)
テンプレートを表示

DAYBREAK」(デイブレイク)は男闘呼組のデビューシングル。1988年8月24日に2種類[2][3]、8月31日に2種類[4][5]、合計4種類が発売された。

解説[編集]

少年隊のデビューシングル「仮面舞踏会」の前例に倣い[6]、カップリング曲違いで4種類(「仮面舞踏会」は3種類)のシングルが発売された。

本楽曲で、1988年12月31日に日本武道館で行われた「第30回日本レコード大賞」で最優秀新人賞を受賞した[1]。また、当初は同年末の「第39回NHK紅白歌合戦」には選出されなかったが、当時同じジャニーズ事務所所属だった田原俊彦が辞退した為、繰り上げにより同楽曲で紅白に初出場した[7][8]

1999年11月20日発売のベスト・アルバム『HIT COLLECTION』に「DAYBREAK」と4種類のカップリング曲が全て収録された[9]

収録曲[編集]

※TYPE1とTYPE2は8月24日、 TYPE3とTYPE4は8月31日に発売。

TYPE1[編集]

  1. DAYBREAK
  2. 第二章 追憶の挽歌

TYPE2[編集]

  1. DAYBREAK
  2. ロックよ、静かに流れよ -Crossin' Heart-

TYPE3[編集]

  1. DAYBREAK
  2. Midnight Train

TYPE4[編集]

  1. DAYBREAK
  2. Stand Out

販売形態[編集]

規格 発売日 リリース 品番 備考
EP 1988年8月24日 (1988-08-24)(TYPE1)(TYPE2)
1988年8月31日 (1988-08-31)(TYPE3)(TYPE4)
BMGビクター B07S-25(TYPE1)
B07S-26(TYPE2)
B07S-27(TYPE3)
B07S-28(TYPE4)
CT B10T-25(TYPE1)
B10T-26(TYPE2)
B10T-27(TYPE3)
B10T-28(TYPE4)
A面:DAYBREAK(歌入り/オリジナル・カラオケ)
B面:上記4曲の歌入り&オリジナル・カラオケ
CD B10D-103(TYPE1)
B10D-104(TYPE2)
B10D-105(TYPE3)
B10D-106(TYPE4)

収録アルバム[編集]

  • DAYBREAK
  • 第二章 追憶の挽歌
    • NEW BEST 男闘呼組(1994年)[13]
    • HIT COLLECTION(1999年)[9]
  • ロックよ、静かに流れよ -Crossin' Heart-
    • NEW BEST 男闘呼組(1994年)[13]
    • HIT COLLECTION(1999年)[9]
  • Midnight Train
  • Stand Out
    • NEW BEST 男闘呼組(1994年)[13]
    • HIT COLLECTION(1999年)[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 活動〜日本レコード大賞〜”. 公益社団法人 日本作曲家協会. 2022年4月18日閲覧。
  2. ^ 男闘呼組 / DAYBREAK[廃盤]”. CDJournal WEB. 2022年4月18日閲覧。
  3. ^ 男闘呼組 / DAYBREAK[廃盤]”. CDJournal WEB. 2022年4月18日閲覧。
  4. ^ 男闘呼組 / DAYBREAK[廃盤]”. CDJournal WEB. 2022年4月18日閲覧。
  5. ^ 男闘呼組 / DAYBREAK[廃盤]”. CDJournal WEB. 2022年4月18日閲覧。
  6. ^ 少年隊『仮面舞踏会』1985年12月12日発売 WARNER-PIONEER EP:L-1801、L-1802、L-1803
  7. ^ 沢尻エリカも真っ青…NHK紅白歌合戦「降板劇」の悪夢を振り返る(濱口 英樹)”. 現代ビジネス. p. 4. 2022年4月18日閲覧。
  8. ^ NHK紅白歌合戦ヒストリー”. NHK. 2022年4月18日閲覧。
  9. ^ a b c d e f ヒット・コレクション|男闘呼組”. ORICON NEWS. 2022年4月18日閲覧。
  10. ^ 第二章 追憶の挽歌の歌詞”. ORICON NEWS. 2022年4月18日閲覧。
  11. ^ ロックよ、静かに流れよ”. KINENOTE. 2022年4月18日閲覧。
  12. ^ ぼくの姉キはパイロット!”. テレビドラマデータベース. 2022年4月18日閲覧。
  13. ^ a b c d NEW BEST 男闘呼組|男闘呼組”. ORICON NEWS. 2022年4月18日閲覧。
  14. ^ 青春歌年鑑 ’88 BEST30|オムニバス”. ORICON NEWS. 2022年4月18日閲覧。
  15. ^ 青春歌年鑑 80年代総集編|オムニバス”. ORICON NEWS. 2022年4月18日閲覧。
  16. ^ BEST OF BALLADS|男闘呼組”. ORICON NEWS. 2022年4月18日閲覧。