剣の舞 (光GENJIの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
剣の舞
光GENJIシングル
初出アルバム『ふりかえって…Tomorrow
B面 涙の輝き
リリース
規格 EPレコード
8cmCD
シングルカセット
ジャンル アイドル歌謡
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 康珍化馬飼野康二
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコンザ・ベストテン
  • 1988年度年間7位(オリコン)
  • 1988年11月度月間1位(ザ・ベストテン)
  • 1988年12月度月間5位(ザ・ベストテン)
  • 1988年度年間13位(ザ・ベストテン)
  • 1989年度上半期29位(ザ・ベストテン)
  • 1989年度年間44位(オリコン)
光GENJI シングル 年表
Diamondハリケーン
(1988年)
剣の舞
(1988年)
地球をさがして
(1989年)
テンプレートを表示

剣の舞」(つるぎのまい)は、光GENJIの5枚目のシングル1988年10月10日発売。発売元はポニーキャニオン。ドラマ『ワイルドで行こう! BORN TO BE WILD』主題歌。

解説[編集]

ダンスには曲のタイトルに合わせた小道具としてレイピア風の剣が取り入れられた(バックダンサーの平家派はシミターないし柳葉刀風の曲刀を使用した)。剣は竹製で銀紙を貼ったものであるが、薄く作られていたために刃の部分も鋭く、かすったメンバーが瞼を負傷したこともあった。この剣は1988年12月2日のミュージックステーションにおいて視聴者プレゼントに使用された[1]。間奏には剣戟の響き、斬撃を連想させる効果音が入っており、間奏での剣舞とタイミングが合わせてあった。

1988年10月27日から4週連続で『ザ・ベストテン』の1位獲得曲となり、同1988年の『第39回NHK紅白歌合戦』では光GENJIの『光GENJI'88メドレー』のメドレー中で歌われた[2]

TVで披露される有線放送用ショートバージョン(レコードは業務用で非売品)とシングルCD収録バージョンでは著しくアレンジが異なる。他にもアルバム『ふりかえって…Tomorrow』や『SUPER BEST TRY TO REMEMBER』にもそれぞれアレンジ違いが収録されているなど、複数のバージョンが存在する。

収録曲[編集]

  1. 剣の舞
    作曲:馬飼野康二、編曲:椎名和夫
  2. 涙の輝き
    作曲:松任谷正隆、編曲:佐藤準

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売新聞昭和63年12月2日号テレビ欄に「光ゲンジ剣プレゼント」との記述。
  2. ^ NHK紅白歌合戦公式サイト-紅白歌合戦ヒストリー(第39回)、2010-4-14閲覧。

関連項目[編集]