…これから物語 〜少年たちのブルース〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
…これから物語
〜少年たちのブルース〜
監督 榎戸耕史
脚本 森浩美
中村功一
製作 三ツ井康
稲葉昭典
出演者 大沢樹生
内海光司
撮影 伊藤昭裕
編集 大島ともよ
配給 東宝
公開 日本の旗 1988年12月18日
上映時間 70分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 10億5000万円[1]
テンプレートを表示

…これから物語 〜少年たちのブルース〜(これからものがたり しょうねんたちのブルース)は、1988年12月18日に公開された日本の映画である。監督は榎戸耕史

光GENJIの「光」の主演映画であり、「GENJI」が主演の「ふ・し・ぎ・なBABY」と同時上映で公開された。

ストーリー[編集]

矢沢亮介(大沢)は運動神経抜群の高校生でクラスの人気者。ある日彼の所属するクラスに藤グループの御曹子・藤岡茂(内海)が転校してきた。生まれも育ちも、そして性格も全く違う2人だが、すぐに打ち解け親友になっていく。一高校生ながらアパレル会社の社長でもあった茂はやがて亮介の優れた運動神経と容貌に目をつけ、本人には自分の意向と知られぬようにしつつ自分のプロジェクトのイメージタレントとして売り出そうと計画。亮介をモデルクラブの島朋子にスカウトさせ、それがきっかけで亮介はモデルとして仕事を始め、ついには大手企業のオーディションを受ける事になる。だがそのオーディションが緊張のあまりさんざんな内容だったにも関わらず合格を言い渡された事がきっかけで、亮介は今までのモデルの仕事が全て茂の差し金である事と茂がアパレル会社の社長だった事を知ってしまう。親友と信じてきたはずの茂にいいように利用されたと感じた亮介は彼を殴り飛ばし絶交を宣告、茂の方もこの事で亮介を傷つけてしまった事を悟り、今までの自分の人生が親の七光でしかなかったと自分の弱さに気づく。そして自分を見つめ直すべく外国留学を決意、その事を知らされた亮介は内心許せない気持ちを抱えつつも、「親友」が遠くに行ってしまう事を思ってきちんと別れを告げる事と今度は自分の力でモデルとして一からやり直す事を決意し、ヘリで飛び立つ茂に地面に書いたメッセージを贈って励ます。そしてそれを見た茂も感謝の気持ちを胸に新たな人生へ向かっていった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

同時上映[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1989年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

外部リンク[編集]