榎戸耕史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
えのきど こうじ
榎戸 耕史
生年月日 1952年
出生地 日本の旗 日本 茨城県
職業 映画監督
ジャンル 映画オリジナルビデオテレビドラマ

榎戸 耕史(えのきど こうじ、1952年 - )は、日本映画監督である。

経歴[編集]

1952年、茨城県に生まれる[1]上智大学文学部を卒業[1]。数々の相米慎二監督作品で助監督を務める[2]。1988年、『・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・』で映画監督デビューを果たす[3]。2007年、桜美林大学総合文化学群教授に就任する[4]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • B面の夏(1995年) - 監督
  • 現金狩り 最終出口(1999年) - 監督

テレビ[編集]

  • 二重裁判(2009年) - 監督
  • 他人の家(2010年) - 監督
  • 陰の季節(2016年) - 監督
  • 刑事の勲章(2016年) - 監督

脚注[編集]

  1. ^ a b ありがとう、相米監督。 Vol. 1”. TAMA CINEMA FORUM (2001年). 2015年6月16日閲覧。
  2. ^ 『魚影の群れ』トーク(ゲスト:伊武雅刀さん)”. 東京フィルメックス (2011年11月19日). 2015年6月16日閲覧。
  3. ^ ふたりぼっちの物語 - 「ふたり」が紡ぐ「ひとつ」の映画”. 神保町シアター. 小学館 (2014年). 2015年6月16日閲覧。
  4. ^ ディレクターズ・ディレクション・ライブ2013 監督の演出法公開講座 磯村一路監督&榎戸耕史監督”. ドリームニュース (2013年1月24日). 2015年6月16日閲覧。

外部リンク[編集]