前田弘二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まえだ こうじ
前田 弘二
生年月日 (1978-02-21) 1978年2月21日(41歳)
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県種子島
職業 映画監督
ジャンル 映画オリジナルビデオテレビドラマ
主な作品
婚前特急

前田 弘二(まえだ こうじ、1978年2月21日 - )は、日本映画監督である。『婚前特急』や『夫婦フーフー日記』などの作品を手がけている[1]

経歴[編集]

1978年2月21日、鹿児島県種子島に生まれる[2]三重県で美容師を務めたのち、上京した[2]。8年間にわたりテアトル新宿でアルバイトをする傍ら、自主映画を制作した[3][注 1]。2006年、『古奈子は男選びが悪い』が第10回水戸短編映像祭にてグランプリを受賞する[5]

2011年、吉高由里子主演の『婚前特急』を監督する[6]。2014年、榮倉奈々主演の『わたしのハワイの歩きかた』を手がけた[7]。2015年、佐々木蔵之介永作博美を主演に迎えた『夫婦フーフー日記』が公開される[8]。2016年、橋本環奈主演の『セーラー服と機関銃 -卒業-』が公開される[9]

フィルモグラフィー[編集]

長編映画[編集]

短編映画[編集]

  • 女(2005年)
  • 鵜野(2005年)
  • 古奈子は男選びが悪い(2006年)
  • ラーメン(2006年、『over8』の一編)
  • 誰とでも寝る女(2007年)
  • 恋の裸(2007年、『裸 over8』の一編)
  • 遊泳禁止区域(2007年)
  • 先輩の女(2008年)

オリジナルビデオ[編集]

テレビ[編集]

ウェブ[編集]

  • 婚前特急-ジンセイは17から-(2009年)
  • 婚前特急-ジンセイやっぱ21から-(2010年)
  • 婚前特急-結婚まであと117日-(2011年)
  • ラブ・スウィング 〜色々な愛のかたち〜(2012年)
  • トラック運転手 久保明の日記(2015年)
  • しろときいろ~ハワイと私のパンケーキ物語~(2018年)[10]

受賞[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2010年までテアトル新宿に勤務していた[4]

出典[編集]

  1. ^ 橋本環奈、『セーラー服と機関銃』テーマ曲でソロデビュー! 歌声入り予告も”. マイナビニュース (2015年12月8日). 2015年12月22日閲覧。
  2. ^ a b 「婚前特急』の前田弘二監督が撮りたかったモノ!”. シーツーWEB版 (2011年4月16日). 2015年12月22日閲覧。
  3. ^ 婚前特急まで2000日!? ――前田弘二・映画監督までの道のり――”. TAMA CINEMA FORUM (2011年). 2016年10月6日閲覧。
  4. ^ 第21回日プロ大賞授賞式 西島秀俊、榮倉奈々ら受賞者が喜びの声”. 映画.com (2012年5月27日). 2016年10月6日閲覧。
  5. ^ 【映画『夫婦フーフー日記』インタビュー】(3)前田弘二監督 結婚、闘病、死…さまざまな初めてから導いた夫婦の「答え」を感じて”. 終活WEB ソナエ (2015年5月22日). 2015年12月22日閲覧。
  6. ^ 吉高由里子“5マタ女”演じ祖母に怒られる”. 映画.com (2011年4月2日). 2015年12月22日閲覧。
  7. ^ 榮倉奈々、女優デビュー10年を迎え決意新た「続けていて見えることもある」”. 映画.com (2014年6月14日). 2015年12月22日閲覧。
  8. ^ 佐々木蔵之介が永作博美の大食漢ぶりを暴露”. 日刊スポーツ (2015年5月30日). 2015年12月22日閲覧。
  9. ^ セーラー服と機関銃:前田弘二監督が明かす主演・橋本環奈への期待と信頼”. MANTANWEB (2016年3月5日). 2016年10月6日閲覧。
  10. ^ “川口春奈のキラキラ満載!主演ドラマ「しろときいろ」予告編解禁”. TV LIFE (学研プラス). (2018年2月16日). http://www.tvlife.jp/entame/159027 2018年9月5日閲覧。 
  11. ^ 永作博美、小西真奈美、井上真央、光石研たちが、映画ファンが選ぶ「第3回TAMA映画賞」を受賞!!(2/2)”. シネマトゥデイ (2011年11月26日). 2015年12月22日閲覧。
  12. ^ ヨコハマ映画祭:作品賞に「大鹿村騒動記」、主演賞は瑛太さんと吉高由里子さん - 横浜”. カナロコ (2011年12月13日). 2015年12月22日閲覧。
  13. ^ 『監督失格』が作品賞&ベストワンに! 日本映画プロフェッショナル大賞発表!”. シネマトゥデイ (2012年4月18日). 2015年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]