鈴木卓爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すずき たくじ
鈴木 卓爾
生年月日 (1967-02-14) 1967年2月14日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 静岡県磐田市
職業 脚本家俳優映画監督
ジャンル 映画オリジナルビデオテレビドラマミュージック・ビデオCM
事務所 ASLAND CRUISE
主な作品
映画
私は猫ストーカー
ゲゲゲの女房

鈴木 卓爾(すずき たくじ、1967年2月14日 - )は、日本脚本家俳優映画監督。『私は猫ストーカー』や『ゲゲゲの女房』を監督したことで知られている[1]京都造形芸術大学准教授[2]

経歴[編集]

1967年2月14日[3]静岡県磐田市に生まれる[4]。高校在学中の1984年、8mmのアニメーション映画『街灯奇想の夜』を監督する[5]。その後、東京造形大学造形学部に進学する[6]。1988年、『にじ』が第11回ぴあフィルムフェスティバルにて審査員特別賞を受賞する[7]。俳優としては、『夏の思い出 異・常・快・楽・殺・人・者』で主演を務めたほか、『トキワ荘の青春』で藤子不二雄Aを演じている[8]。また、『中学生日記』や『のんちゃんのり弁』などの脚本を手がけた[9]

2009年、星野真里主演の『私は猫ストーカー』を監督する[10]。2010年、宮藤官九郎吹石一恵を主演に迎えた『ゲゲゲの女房』が公開される[11]。2012年、『ポッポー町の人々』を監督する[12]中沢けいの小説を映画化した『楽隊のうさぎ』は、2013年の第26回東京国際映画祭にて上映された[13]。2015年、『ジョギング渡り鳥』が第37回ぴあフィルムフェスティバルにて上映される[14]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

テレビドラマ[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

WEBシネマ[編集]

舞台[編集]

  • お迎え準備(2000年、斎藤久志演出) - 出演

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

著書[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木卓爾監督作「楽隊のうさぎ」吹奏楽部の生演奏でクランクアップ!”. 映画.com (2013年5月6日). 2015年12月15日閲覧。
  2. ^ 教員紹介-鈴木卓爾”. 京都造形芸術大学 (2017年8月8日). 2015年12月15日閲覧。
  3. ^ 映画『ゲゲゲの女房』監督、鈴木卓爾インタビュー”. ぴあ関西版WEB. ぴあ (2010年). 2015年12月15日閲覧。
  4. ^ 098:鈴木卓爾さん(『楽隊のうさぎ』監督)”. REALTOKYO (2013年12月13日). 2015年12月15日閲覧。
  5. ^ 初期の鈴木卓爾 誰も寝てはならぬ上映会”. 神戸映画資料館 (2010年). 2015年12月15日閲覧。
  6. ^ 『私は猫ストーカー』 鈴木卓爾監督×星野真里インタビュー”. CINRA.NET (2009年7月1日). 2015年12月15日閲覧。
  7. ^ 神戸会場 招待作品部門”. ぴあフィルムフェスティバル (2009年). 2015年12月15日閲覧。
  8. ^ キャスト”. 正しく生きる. 2015年12月15日閲覧。
  9. ^ 『ゲゲゲの女房』 - 鈴木卓爾(監督)インタビュー”. 映画藝術 (2010年11月19日). 2015年12月15日閲覧。
  10. ^ 『私は猫ストーカー』初日舞台あいさつ”. fjmovie.com (2009年7月4日). 2015年12月15日閲覧。
  11. ^ 鈴木 卓爾 (映画監督) - 映画『ゲゲゲの女房』について”. INTRO (2010年11月24日). 2015年12月15日閲覧。
  12. ^ 気鋭監督が予算内で競作『シネマ☆インパクト』、第1弾に瀬々敬久、大森立嗣ら5組”. CINRA.NET (2012年8月28日). 2015年12月15日閲覧。
  13. ^ 鈴木卓爾監督、最新作「楽隊のうさぎ」は「宝のような映画」”. 映画.com (2013年10月20日). 2015年12月15日閲覧。
  14. ^ 鈴木卓爾のSFメタ映画「ジョギング渡り鳥」公開決定、無料上映イベントも”. ナタリー (2015年10月7日). 2015年12月15日閲覧。
  15. ^ 映画賞続々受賞の『ディア・ドクター』、ヨコハマ映画祭でも5冠!”. Walkerplus (2009年12月22日). 2015年12月14日閲覧。
  16. ^ 映画のプロが選ぶ映画賞、最高賞は『私は猫ストーカー』”. ORICON STYLE (2010年4月14日). 2015年12月14日閲覧。
  17. ^ ジャルジャルが俳優として“初”受賞 第25回高崎映画祭”. ORICON STYLE (2010年12月21日). 2015年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]