鈴木卓爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すずき たくじ
鈴木 卓爾
生年月日 (1967-02-14) 1967年2月14日(55歳)
出生地 日本の旗 日本 静岡県磐田市
職業 脚本家俳優映画監督
ジャンル 映画オリジナルビデオテレビドラマミュージック・ビデオCM
事務所 ASLAND CRUISE
主な作品
映画
私は猫ストーカー
ゲゲゲの女房
嵐電
 
受賞
日本映画プロフェッショナル大賞
作品賞
2009年私は猫ストーカー
新人監督賞
2009年『私は猫ストーカー』
高崎映画祭
最優秀作品賞
2019年嵐電
最優秀監督賞
2010年ゲゲゲの女房
TAMA映画祭
特別賞

2015年ジョギング渡り鳥
テンプレートを表示

鈴木 卓爾(すずき たくじ、1967年2月14日 - )は、日本脚本家俳優映画監督。『私は猫ストーカー』や『ゲゲゲの女房』を制作した監督で知られている[1]京都造形芸術大学准教授[2]

経歴[編集]

1967年2月14日[3]静岡県磐田市に生まれる[4]。高校在学中の1984年、8mmのアニメーション映画『街灯奇想の夜』を監督する[5]。その後、東京造形大学造形学部に進学する[6]。1988年、『にじ』が第11回ぴあフィルムフェスティバルにて審査員特別賞を受賞する[7]。俳優としては、『夏の思い出 異・常・快・楽・殺・人・者』で主演を務めたほか、『トキワ荘の青春』で藤子不二雄Aを演じている[8]。また、『中学生日記』や『のんちゃんのり弁』などの脚本を手がけた[9]

2009年、星野真里主演の『私は猫ストーカー』を監督する[10]。2010年、宮藤官九郎吹石一恵を主演に迎えた『ゲゲゲの女房』が公開される[11]。2012年、『ポッポー町の人々』を監督する[12]中沢けいの小説を映画化した『楽隊のうさぎ』は、2013年の第26回東京国際映画祭にて上映された[13]。2015年、『ジョギング渡り鳥』が第37回ぴあフィルムフェスティバルにて上映される[14]

フィルモグラフィー[編集]

監督作品[編集]

  • 街灯奇想の夜(1984年)
  • にじ(1988年)
  • ワンピース(1994年 - ) ※兼脚本・出演
  • おっけっ毛ビビロボス(1996年)
  • ヒドラと踊ろう(1999年)
  • パルコ フィクション(2002年) - 兼脚本・出演
  • コワイ女「鋼-はがね-」(2006年) - ※オムニバス作品の一編。兼脚本
  • 私は猫ストーカー(2009年)
  • ゲゲゲの女房(2010年) - 兼脚本
  • 明日「駄洒落が目に沁みる」(2011年)
  • ポッポー町の人々(2012年)
  • 楽隊のうさぎ(2013年)
  • ジョギング渡り鳥(2015年)
  • ゾンからのメッセージ(2018年)
  • 嵐電(2019年)

映画スタッフ[編集]

映画出演のみ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

テレビドラマ[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

WEBシネマ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

著書[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木卓爾監督作「楽隊のうさぎ」吹奏楽部の生演奏でクランクアップ!”. 映画.com (2013年5月6日). 2015年12月15日閲覧。
  2. ^ 教員紹介-鈴木卓爾”. 京都造形芸術大学 (2017年8月8日). 2015年12月15日閲覧。
  3. ^ 映画『ゲゲゲの女房』監督、鈴木卓爾インタビュー”. ぴあ関西版WEB. ぴあ (2010年). 2015年12月15日閲覧。
  4. ^ 098:鈴木卓爾さん(『楽隊のうさぎ』監督)”. REALTOKYO (2013年12月13日). 2015年12月15日閲覧。
  5. ^ 初期の鈴木卓爾 誰も寝てはならぬ上映会”. 神戸映画資料館 (2010年). 2015年12月15日閲覧。
  6. ^ 『私は猫ストーカー』 鈴木卓爾監督×星野真里インタビュー”. CINRA.NET (2009年7月1日). 2015年12月15日閲覧。
  7. ^ 神戸会場 招待作品部門”. ぴあフィルムフェスティバル (2009年). 2015年12月15日閲覧。
  8. ^ キャスト”. 正しく生きる. 2015年12月15日閲覧。
  9. ^ 『ゲゲゲの女房』 - 鈴木卓爾(監督)インタビュー”. 映画藝術 (2010年11月19日). 2015年12月15日閲覧。
  10. ^ 『私は猫ストーカー』初日舞台あいさつ”. fjmovie.com (2009年7月4日). 2015年12月15日閲覧。
  11. ^ 鈴木 卓爾 (映画監督) - 映画『ゲゲゲの女房』について”. INTRO (2010年11月24日). 2015年12月15日閲覧。
  12. ^ 気鋭監督が予算内で競作『シネマ☆インパクト』、第1弾に瀬々敬久、大森立嗣ら5組”. CINRA.NET (2012年8月28日). 2015年12月15日閲覧。
  13. ^ 鈴木卓爾監督、最新作「楽隊のうさぎ」は「宝のような映画」”. 映画.com (2013年10月20日). 2015年12月15日閲覧。
  14. ^ 鈴木卓爾のSFメタ映画「ジョギング渡り鳥」公開決定、無料上映イベントも”. ナタリー (2015年10月7日). 2015年12月15日閲覧。
  15. ^ “白石和彌×阿部サダヲ×岡田健史「死刑にいたる病」公開日が決定、新キャストも発表”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年1月26日). https://natalie.mu/eiga/news/463167 2022年1月26日閲覧。 
  16. ^ 映画賞続々受賞の『ディア・ドクター』、ヨコハマ映画祭でも5冠!”. Walkerplus (2009年12月22日). 2015年12月14日閲覧。
  17. ^ 映画のプロが選ぶ映画賞、最高賞は『私は猫ストーカー』”. ORICON STYLE (2010年4月14日). 2015年12月14日閲覧。
  18. ^ ジャルジャルが俳優として“初”受賞 第25回高崎映画祭”. ORICON STYLE (2010年12月21日). 2015年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]