砂の影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
砂の影
監督 甲斐田祐輔
脚本 甲斐田祐輔
出演者 江口のりこ
ARATA
米村亮太朗
音楽 渡邊琢磨
撮影 たむらまさき
編集 大重裕二
公開 日本の旗 日本 2008年2月2日
上映時間 76分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

砂の影』(すなのかげ)は、甲斐田祐輔監督・脚本による2008年公開の日本のドラマ映画[1][2]。ラストダンス殺人事件をモチーフに書き上げられている[3]。8mmフィルムで撮影されたのち、デジタルに変換された[4]

第37回ロッテルダム国際映画祭にてプレミア上映がおこなわれた[5]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:甲斐田祐輔
  • 企画・プロデュース:越川道夫
  • 製作:滝口雍昭、山下暉人
  • プロデューサー:矢部浩彦、米山加奈子
  • 撮影:たむらまさき
  • 照明:平井元
  • 音響:菊池信之
  • 編集:大重裕二
  • 音楽:渡邊琢磨
  • 製作:『砂の影』製作委員会
  • 配給:スローラーナー

脚注[編集]

  1. ^ 『砂の影』甲斐田祐輔監督 インタヴュー (1/2)”. Nobody (2009年). 2015年5月11日閲覧。
  2. ^ 『砂の影』甲斐田祐輔監督 インタヴュー (2/2)”. Nobody (2009年). 2015年5月11日閲覧。
  3. ^ 『砂の影』 8ミリフィルムの粒子が醸し出す 激しく愛を求める女の世界”. ハニカム (2008年1月23日). 2015年5月11日閲覧。
  4. ^ デジタル化する粒子──『砂の影』甲斐田祐輔”. Flowerwild (2008年2月9日). 2015年5月11日閲覧。
  5. ^ 満員御礼! 甲斐田祐輔監督作品『砂の影』ロッテルダム国際映画祭レポート”. CINEMA TOPICS ONLINE (2008年1月31日). 2015年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]