Cut (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Cut
Cut
監督 アミール・ナデリ
脚本 アミール・ナデリ
出演者 西島秀俊
撮影 橋本桂二
編集 アミール・ナデリ
製作会社 東京ストーリー
配給 ビターズ・エンド
公開 2011年12月17日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

Cut』(カット)は、2011年の日本映画である。

キャスト[編集]

発表[編集]

2011年、第68回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門で上映されたのち[1]東京フィルメックスで上映された[2]

評価[編集]

柳下毅一郎は「狂気の愛を描いたシュルレアリスム映画」として本作を評価した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Neil Young (2011年9月2日). “Cut: Venice Film Review”. The Hollywood Reporter. 2014年3月13日閲覧。
  2. ^ 『CUT』舞台挨拶・Q&A”. 東京フィルメックス (2011年11月23日). 2014年3月13日閲覧。
  3. ^ アミール・ナデリ監督が柳下毅一郎と熱論「日本は映画の豊かな国」”. 映画.com (2011年12月24日). 2014年3月13日閲覧。

外部リンク[編集]