Cut (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Cut
Cut
監督 アミール・ナデリ
脚本 アミール・ナデリ
出演者 西島秀俊
撮影 橋本桂二
編集 アミール・ナデリ
製作会社 東京ストーリー
配給 ビターズ・エンド
公開 2011年12月17日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

Cut』(カット)は、2011年の日本映画である。イラン出身のアミール・ナデリ監督がメガホンをとり、西島秀俊主演で制作された。

キャスト[編集]

発表[編集]

2011年、第68回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門で上映されたのち[1]東京フィルメックスで上映された[2]

評価[編集]

柳下毅一郎は「狂気の愛を描いたシュルレアリスム映画」として本作を評価した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Neil Young (2011年9月2日). “Cut: Venice Film Review”. The Hollywood Reporter. 2014年3月13日閲覧。
  2. ^ 『CUT』舞台挨拶・Q&A”. 東京フィルメックス (2011年11月23日). 2014年3月13日閲覧。
  3. ^ アミール・ナデリ監督が柳下毅一郎と熱論「日本は映画の豊かな国」”. 映画.com (2011年12月24日). 2014年3月13日閲覧。

外部リンク[編集]