ヘヴンズ ストーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘヴンズ ストーリー
Heaven's Story
監督 瀬々敬久
脚本 佐藤有記
出演者 寉岡萌希
音楽 安川午朗
主題歌 Tenkö「生まれる前の物語」
撮影 鍋島淳裕
斉藤幸一
花村也寸志
編集 今井俊裕
製作会社 ヘヴンズ プロジェクト
配給 ムヴィオラ
公開 日本の旗 2010年10月2日
上映時間 278分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ヘヴンズ ストーリー』は、2010年10月2日公開の日本映画PG12指定。第32回ぴあフィルムフェスティバル招待作品。第61回ベルリン国際映画祭で、国際批評家連盟賞を受賞した[1]

概要[編集]

全9章、上映時間4時間38分にも及ぶ大巨編の社会派ヒューマン映画、PG12指定。上映時には途中10分の休憩時間(インターミッション)が入った[2]。初日の東京・ユーロスペースほか全国8館で順次公開。監督は『感染列島』の瀬々敬久。主演は『地球でたったふたり』の寉岡萌希。21世紀の『罪と罰』と題し、監督がライフワークのように取り組む「普通の人が殺す、殺される」をテーマに日常から突如殺人事件に直面した人たちのその後の人生の複雑な絡み合いが描かれる。構想に5年を費やし2008年頃撮影に入った時点で3時間の尺が撮影していく中で膨らんでいき、撮影期間は約1年にも及んだ。ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第2位にランクインし、映画芸術2010年日本映画ベストテンでは第1位を獲得するなど、高く評価された。

キャッチコピーは「世界が憎しみで 壊れてしまう前に。」。

章題[編集]

  • 第1章・夏空とオシッコ
  • 第2章・桜と雪だるま
  • 第3章・雨粒とRock
  • 第4章・船とチャリとセミのぬけ殻
  • 第5章・おち葉と人形
  • 第6章・クリスマス☆プレゼント
  • 第7章・空にいちばん近い町1 復讐
  • 第8章・空にいちばん近い町2 復讐の復讐は何?
  • 第9章・ヘヴンズ ストーリー

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 瀬々敬久
  • 脚本 - 佐藤有記
  • 音楽 - 安川午朗
  • 撮影 - 鍋島淳裕、斉藤幸一、花村也寸志
  • 照明 - 福田裕佐
  • 美術 - 野々垣聡、田中浩二、金林剛
  • 録音 - 黄永昌、高田伸也
  • 整音 - 鈴木昭彦
  • 編集 - 今井俊裕
  • 助監督 - 海野敦、菊地健雄
  • 制作担当 - 藤川佳三
  • 企画 - 浅野博貴
  • 製作 - 小林洋一、吉村和文、林瑞峰、岡田博、須田諭一
  • プロデューサー - 朝倉大介、坂口一直
  • 製作 - ヘヴンズ プロジェクト(ユースデュース、T-artist、MOVIE ON、ヒューマックスコミュニケーションズ、国映、ワイズ出版、コム・ゼット、スタンス・カンパニー)
  • 助成 - 文化芸術振興費補助金
  • 配給・宣伝 - ムヴィオラ

エンディング曲[編集]

  • エンディング曲「生まれる前の物語」
歌 - Tenkö / 作詞 - 瀬々敬久 / 作曲 - 安川午朗

脚注[編集]

外部リンク[編集]