瀬々敬久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぜぜ たかひさ
瀬々 敬久
別名義 臼野 朗 うすの ろう
迦桜羅 かるら
甲賀 三郎 こうがさぶろう
南極1号 なんきょくいちごう
生年月日 1960年5月24日(56歳)
出生地 日本の旗 日本 大分県
職業 映画監督演出家脚本家俳優
ジャンル 映画オリジナルビデオテレビドラマドキュメンタリー番組
活動期間 1985年 -
主な作品
ヘヴンズ ストーリー

瀬々 敬久(ぜぜ たかひさ、1960年5月24日 - )は、日本の映画監督脚本家演出家俳優である[1]。筆名には、臼野 朗 (うすの ろう)、迦桜羅 (かるら)、甲賀 三郎 (こうがさぶろう)、南極1号 (なんきょくいちごう)等がある[1]

人物・来歴[編集]

1960年5月24日[2]大分県に生まれる[3]

京都大学文学部哲学科に入学、満25歳を迎える1985年、16mm映画『ギャングよ、向こうは晴れているか』を自主製作、監督する[3]

同学卒業後、1986年、獅子プロダクションに所属[3]、同社や国映等でピンク映画の助監督を務め、1987年12月に公開された佐藤寿保監督、佐野和宏主演の『仮面の誘惑』でチーフ助監督を務める[1]。佐藤のチーフ助監督を務めたのちに、1989年、国映製作、中島小夜子主演による『課外授業 暴行』で商業映画の監督としてデビュー[1]、同年、ピンク大賞新人監督賞を受賞する[3]。佐藤寿保、サトウトシキ佐野和宏などとともに、ピンク四天王と呼ばれた[3]

NONFIX』等、テレビのドキュメンタリー番組の演出も手がけている。俳優としても、1991年の片岡修二監督の『買春スペシャル 欲望貴族』や、2006年公開の足立正生監督の『幽閉者 テロリスト』 のほか、2009年に公開された鈴木卓爾監督の『私は猫ストーカー』に出演している[4]

2010年には、4時間38分の上映時間を持つ長編映画『ヘヴンズ ストーリー』を公開するにあたり、同年8月10日 - 同月18日、アテネ・フランセ文化センターで、「The Soul of Zeze 瀬々敬久自選作品集」と題する34作品におよぶレトロスペクティヴ上映を行なった[3]。2011年、同作で芸術選奨文部科学大臣賞映画部門を受賞した[5]

フィルモグラフィー[編集]

特記なき作品は監督のみ[1][3][4][6]

映画[編集]

  • 人妻ワイセツ暴行(1988年) - 脚本
  • 豊丸伝説 超変態(1988年) - 脚本
  • 若妻不法監禁(1989年) - 脚本
  • 課外授業 暴行(1989年) - 監督・脚本
  • 獣欲魔 乱行(1989年) - 監督・脚本
  • 痴漢電車 りえのフンドシ(1990年) - 監督・脚本
  • 破廉恥舌戯テクニック(1990年) - 監督・脚本
  • 猥褻暴走集団 獣(1991年) - 監督・脚本
  • 高級ソープテクニック2 個室欲情(1992年) - 脚本
  • 最新ピンサロ情痴 激写!!生本番(1992年) - 脚本
  • 禁男の園 ザ・制服レズ(1992年) - 監督・脚本
  • 緊縛縄調教(1992年) - 脚本
  • 痴漢電車 いけない妻たち(1992年) - 監督・脚本
  • 痴漢電車 巨乳がいっぱい(1992年) - 脚本
  • 制服ギャル 下着大図鑑(1992年) - 脚本
  • 濡れ濡れ 三段責め(1993年) - 脚本
  • 未亡人 初七日の悶え(1993年) - 監督・脚本
  • 人妻・不倫・不倫・不倫(1993年) - 脚本
  • 夫婦交換 超快楽(1993年) - 脚本
  • ワイセツ隠し撮り 夫婦の寝室(1993年) - 脚本
  • ニッポンの猥褻(1993年) - 脚本
  • 未亡人 喪服の悶え(1993年) - 監督・脚本
  • 痴漢電車 エッチな下半身(1993年) - 脚本
  • 連続ONANIE 乱れっぱなし(1994年) - 脚本
  • 高級ソープテクニック4 悶絶秘戯(1994年) - 監督・脚本
  • 覗きがいっぱい 愛人の生下着(1994年) - 脚本
  • 発情カップル (秘)盗撮現場(1994年) - 脚本
  • いやらしい前戯 すごく感じる(1994年) - 脚本
  • 七人の熟女 淫乱(1994年) - 脚本
  • 本番レズ 恥ずかしい体位(1994年) - 監督・脚本
  • ドすけべ母娘(1995年) - 脚本
  • すけべてんこもり(1995年) - 監督・脚本
  • 終わらないセックス(1995年) - 監督・脚本
  • わいせつ覗き 見せたがる女(1996年) - 監督・脚本(「鈴木俊久」名義)[注 1]
  • 牝臭 とろける花芯(1996年) - 監督・脚本
  • 生まれ変わるとしたら(1996年)
  • KOKKURI こっくりさん(1997年) - 監督・脚本
  • 黒い下着の女 雷魚(1997年) - 監督・脚本・原案
  • あぶない情事 獣のしたたり(1998年) - 脚本(「臼野朗」名義)
  • 汚れた女 (マリア)(1998年) - 監督・脚本
  • 冷血の罠(1998年) - 監督・脚本
  • アナーキー・インじゃぱんすけ 見られてイク女(1999年) - 監督・脚本
  • セックス・フレンド 濡れざかり(1999年) - 脚本
  • HYSTERIC(2000年)
  • RUSH!(2001年) - 監督・脚本
  • トーキョー×エロティカ 痺れる快楽(2001年) - 監督・脚本
  • DOG STAR ドッグ・スター(2002年) - 監督・脚本
  • SFホイップクリーム(2002年) - 監督・脚本
  • 帰ってきた刑事まつり 姦☆刑事 セクサロイド・コップ(2003年)
  • MOON CHILD(2003年) - 監督・脚本
  • ユダ(2004年) - 監督・脚本
  • 肌の隙間(2004年)
  • サンクチュアリ(2006年)  
  • 幽閉者 テロリスト(足立正生監督、2006年) - 出演
  • PET BOX ペットボックス ネコと金魚の恋物語(2006年)
  • 刺青 堕ちた女郎蜘蛛(2007年)
  • 16[jyu-roku](奥原浩志監督、2007年) - 出演
  • 泪壺(2008年)
  • フライング☆ラビッツ(2008年)
  • 私は猫ストーカー鈴木卓爾監督、2009年) - 出演
  • 感染列島(2009年) - 監督・脚本
  • ドキュメンタリー頭脳警察(2009年)
  • ヘヴンズ ストーリー(2010年)※第84回キネマ旬報ベスト・テン3位
  • 愛するとき、愛されるとき (2010年) - 監督・脚本
  • アントキノイノチ(2011年) - 監督・脚本
  • 石巻市立湊小学校避難所(2012年) - 製作
  • マリアの乳房(2014年) - 監督・脚本
  • ストレイヤーズ・クロニクル(2015年) - 監督・脚本
  • 64-ロクヨン- 前編/後編(2016年) - 監督・脚本
  • なりゆきな魂、(2016年) - 監督・脚本

オリジナルビデオ[編集]

  • ハイヒールGANG(1991年) - 脚本
  • スキャンダラス・ボディ(1993年) - 脚本
  • スキャンダラス・ボディ2(1993年) - 脚本
  • 極道物語 花町一家四代目 竹田知佳(1994年) - 脚本
  • 学校のY談(1996年) - 脚本
  • 美姉妹色情飼育(1998年) - 脚本
  • 禁断の扉 スカートの中の性衝動(1999年) - 監督・脚本
  • 淫夢 さまよえる記憶(2000年) - 脚本
  • ごろつき稼業 仕事人サブ(2000年) - 脚本
  • ブリード 血を吸う子供(2000年) - 監督・脚本
  • 超極道(2002年) - 監督・脚本
  • 危険なOLたちスペシャル(2002年) - 監督・脚本

テレビ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当初、監督は上野俊哉であったが、彼の入院により、脚本を書いた瀬々が途中で引き継いで完成させた[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 瀬々敬久、日本映画データベース、2010年8月6日閲覧。
  2. ^ OKStars インタビュー - Vol.143 映画監督 - 瀬々敬久”. OKWave (2011年). 2015年12月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g The Soul of Zeze 瀬々敬久自選作品集アテネ・フランセ文化センター、2010年8月6日閲覧。
  4. ^ a b 瀬々敬久、allcinema ONLINE, 2010年8月6日閲覧。
  5. ^ 芸術選奨、加山雄三さんら31人 (1/2)”. 朝日新聞 (2011年3月22日). 2015年12月8日閲覧。
  6. ^ 瀬々敬久、キネマ旬報映画データベース、2010年8月6日閲覧。
  7. ^ 『日本映画人名事典 監督編』「上野俊哉」の項目より

外部リンク[編集]