愛するとき、愛されるとき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛するとき、愛されるとき
監督 瀬々敬久
脚本 佐藤有記
瀬々敬久
出演者 江澤翠
撮影 鍋島淳裕
製作会社 レジェンド・ピクチャーズ
配給 アルゴ・ピクチャーズ
公開 2010年10月9日
上映時間 70分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

愛するとき、愛されるとき』(あいするとき、あいされるとき)は、2010年10月9日公開の日本映画

『Love and Eros CINEMA COLLECTION』の『お前の母ちゃんBitch!』『老人の恋 紙の力士』に続く参加作品第3弾。テアトル新宿で1週間限定上映。監督はテレビドキュメンタリー映画の演出を手がけている瀬々敬久。出演は江澤翠、河合龍之介

本編のDVDは2011年7月21日に発売。

ストーリー[編集]

ブログ「魔法使いゆこりん」のブロガーの一面も持つ、一見平凡な事務員の佑子。妹を助けるため犯人らしき男に野外でHな写真を撮られるがいつしかそれが快感になっていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 瀬々敬久
  • 脚本 - 佐藤有記、瀬々敬久
  • 助監督 - 海野敦、横岡武志
  • 撮影 - 鍋島淳裕
  • 録音 - 山口勉、豊田晃司
  • スチール - 利倉亮
  • プロデューサー - 江尻健司
  • アシスタントプロデューサー - 酒井識人
  • 協力 - SISLEY
  • 企画 - 利倉亮
  • 製作 - レジェンド・ピクチャーズ
  • 配給 - アルゴ・ピクチャーズ

脚注[編集]

外部リンク[編集]