MOON CHILD (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MOON CHILD
監督 瀬々敬久
脚本 瀬々敬久
井土紀州
Gackt
出演者 HYDE
Gackt
ワン・リーホン
音楽 安川午朗
製作会社 東京放送
松竹
毎日新聞社
WOWOW
毎日放送
カルチュア・パブリッシャーズ
スポーツニッポン新聞社
配給 日本の旗 松竹
公開 日本の旗 2003年4月19日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
北京語
広東語
英語
テンプレートを表示

MOONCHILD』(ムーンチャイルド)は、2003年に松竹配給により公開された日本の近未来SF映画である。

独自の世界観を音楽で表現してきたGacktが、自ら原案のストーリーを映画化。L'Arc〜en〜Cielボーカルhyde台湾のトップスター、ワン・リーホンをキャストに加えた。

後には本映画のアナザーサイドストーリーとなる「MOON CHILD 鎮魂歌【レクイエム】篇」(著者:Gackt)が角川書店より発刊された。

ストーリー[編集]

アジアの片隅にある移民都市マレッパ。日本は経済崩壊し多くの国民が移民となって海外に移住していた2014年。アジアの片隅にある移民都市マレッパにもそんな人々が流れ込み、この街は人種のるつぼと化し、欲望と暴力の支配する街となっていた。

日本人移民の少年・ショウ(Gackt)はトシ(山本太郎)や兄の信士(寺島進)とともに現地マフィアに絡まれるトラブルに遭うが、謎の人物・ケイ(HYDE)に助けられる。ケイは人血で生きるバンパイアだった。やがてショウとケイはマレッパでのし上がっていく。

ある時地元組織の事務所に殴りこみに行ったショウとケイは、トシや同じように殴りこみに来た孫(ワン・リーホン)と共同戦線を張り、それをきっかけに四人の間に友情が芽生える。またショウは孫の妹、イーチェ(ゼニー・クォック)を愛するようになり、彼女を交えた美しい思い出となる日々を送る。しかし、そんな穏やかな時間は長くは続かなかった。

トシが射殺され、助けようとしたケイはその素性がばれて失踪。孫は「同じ台湾人だから」と地元組織に鞍替えし、ショウが作った組織と対立。さらにはイーチェが精神を病んでしまう。やがてショウと孫の組織の抗争は大きくなり、ついにはかつての友同士が銃口を向け合うことになる。

キャスト[編集]

賞歴[編集]

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]