常本琢招

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つねもと たくあき
常本 琢招
生年月日 1963年
出生地 日本の旗 日本 宮城県仙台市
職業 映画監督
ジャンル 映画オリジナルビデオ
活動期間 1985年 -
テンプレートを表示

常本 琢招(つねもと たくあき、1963年 - )は、日本映画監督

経歴[編集]

1963年、宮城県仙台市に生まれる[1]。1985年、『にっぽにーず・がーる』がぴあフィルムフェスティバルに入選[2]福島大学を卒業後、中村幻児プロに入社[1]廣木隆一鎮西尚一の助監督をつとめる[1]。1990年、『制服本番 おしえて!』でズームアップ映画祭新人監督賞を受賞する[1][注 1]。2011年、『アナボウ』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭コンペティション部門に出品される[4]。2012年、キム・コッビを主演に迎えた『蒼白者 A Pale Woman』が大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門で上映される[5]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • にっぽにーず・がーる(1984年)
  • 制服本番 おしえて!(1990年)
  • みつかるまで(2002年)
  • 蜘蛛の国の女王(2009年)
  • アナボウ(2011年)
  • 蒼白者 A Pale Woman(2012年)

オリジナルビデオ[編集]

  • 成田アキラのテレクラ稼業(1994年)
  • 人妻玲子 調教の軌跡(1995年)
  • いたずらロリータ(1995年)
  • のぞき屋稼業7(1995年)
  • 黒い下着の女教師(1996年)
  • 投稿写真白書 顔だけは隠して(1996年)
  • 秘蜜 教えてあげる(1996年)
  • 新任女医 淫らな診察室(1997年)
  • 健康師ダン(1998年)
  • 恋愛家庭教師 未熟な抱擁(2000年)
  • 恋愛ピアノ教師 月光の戯れ(2001年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『制服本番 おしえて!』は「アイドル映画を撮りたいという欲望に貫かれているところが爽快だ」と評価された[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 常本琢招”. アテネフランセ文化センター. 2014年6月12日閲覧。
  2. ^ 1985年:第8回ぴあフィルムフェスティバル一般公募部門入選作品”. ぴあフィルムフェスティバル. 2014年6月12日閲覧。
  3. ^ 『唄えば天国 ニッポン歌謡映画デラックス 天の巻』メディアファクトリー、1999年、99頁。
  4. ^ 【ゆうばりファンタレポート Vol.6】『アナボウ』常本琢招監督&女優・中原翔子インタビュー”. HogaHolic (2011年4月5日). 2014年6月12日閲覧。
  5. ^ 映画『蒼白者 A Pale Woman』関西3館同時公開初日「キム・コッビさんは感情の埋蔵量が多い人」常本琢招監督・女優宮田亜紀さん舞台挨拶”. CINEMA TOPICS ONLINE (2013年11月3日). 2014年6月12日閲覧。

外部リンク[編集]