樫原辰郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

樫原 辰郎(かしはら たつろう、1964年[1] - )は、日本の脚本家映画監督、フリーライター。大阪生まれ、大阪芸術大学文芸学科中退[1]

映画[編集]

監督[編集]

  • 美女濡れ酒場(2002年7月1日、フリーク・アウト) ※兼脚本/第15回ピンク大賞・作品賞、脚本賞、新人監督賞
  • 稲川淳二の戦慄のホラー 山の中の忘れ物 (V)(2003年6月26日、角川書店) ※兼脚本
  • 牝刑事(メスデカ) 美少女監禁犯を追え!! (V)(2003年7月22日、TMC)
  • エリンの食卓(2003年) ※短編サイレント作品
  • ペルソナ(2008年1月26日、キックファクトリー) ※兼脚本

脚本[編集]

  • 女子プロ志願 乳固め卍くずし(1998年9月5日、国沢プロ)
  • 濡恥母 (V)(1999年1月21日、ミュージアム)
  • 尼 (V)(1999年2月21日、ミュージアム)
  • ノーパン妻 週末は不倫狂い(1999年7月3日、国沢プロ)
  • 義母覗き 爪先に舌絡ませて(1999年10月9日、国沢プロ)
  • 花嫁は初夜に濡れて(2000年1月15日、国沢プロ)
  • 痴漢電車 手のひらで桃尻を(2000年5月1日、国沢プロ)
  • ミレニアムZERO(2000年7月29日、フリーク・アウト)
  • 淫臭名器の色女(2000年9月28日、国沢プロ)
  • 不倫願望 癒されたい(2000年11月11日、国沢プロ)
  • 人妻たちの性白書 AVに出演した理由(2001年2月5日、国沢プロ)
  • プライベート・レッスン 家庭教師の胸元(2001年4月21日、フリーク・アウト)
  • 三浦あいか 痴漢電車エクスタシー(2001年8月13日、フリーク・アウト)
  • 吉村すもも 奴隷人形(2001年9月17日、フリーク・アウト)
  • ノーパン医院 お脱がし治療(2002年1月15日、フリーク・アウト)
  • 家政婦は覗いた! 私生活(秘)レポート (V)(2002年1月22日、ジャンク=TMC)
  • 痴漢電車 人前で… (V)(2002年1月25日、サブマリンフィルムズ=アンカー・ビジュアルネットワーク)
  • ふたりの恋人(2002年3月2日、フリーク・アウト)
  • バネ式(2002年5月11日、BANESHIKI FILM COMMITTEE)
  • 不倫妻 欲望の代償 (V)(2002年8月2日、セゾンフィルム)
  • 人妻 眠れぬ夜のために… (V)(2002年9月6日、レジェンド・ピクチャーズ)
  • ノーパン若妻 おもちゃで失神(2002年10月22日、フリーク・アウト)
  • 義母の秘密 息子愛撫(2002年11月29日、ENKプロ)
  • 小島三奈 声を漏らし感じて(2003年2月5日、フリーク・アウト)
  • 青い性体験 家庭教師と淫らなレッスン (V)(2003年4月4日、レジェンド・ピクチャーズ)
  • 新・未亡人銭湯 女盛りムンムン(2003年5月18日、フリーク・アウト)
  • 稲川淳二の真実のホラー 湖面の魂 (V)(2003年6月26日、角川書店)
  • 白昼の秘めた欲望 (V)(2003年7月4日、セゾンフィルム)
  • 悩殺天使 吸い尽くして(2003年10月10日、フリーク・アウト) ※第16回ピンク大賞・脚本賞
  • エロキチ三平 全裸人魚伝説の謎 (V)(2003年11月22日、TMC)
  • 新任歯科助手 発情クリニック (V)(2004年1月22日、TMC)
  • くノ一淫法 おっぴろげ桜貝(2004年10月10日、フリーク・アウト)
  • 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE(2009年12月12日、円谷プロダクション

ゲーム[編集]

著書[編集]

共著

脚注[編集]

  1. ^ a b 『痴人の愛』を歩く[著者略歴]”. 白水社. 2016年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]