THE 呪いのゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
SIMPLE2000シリーズ Vol.92
THE 呪いのゲーム
ジャンル サウンドノベル
対応機種 PlayStation 2
開発元 ヒューネックス
発売元 ディースリー・パブリッシャー
プロデューサー 前田桂代子
ディレクター 鈴木淳
シナリオ 樫原辰郎
プログラマー 武田信孝
音楽 土屋直樹
美術 中田淳
嶺井真澄
脇本由紀子
シリーズ SIMPLEシリーズ
人数 1人
メディア DVD-ROM
発売日
  • 日本 2005年12月8日 (2005-12-08)
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
コンテンツ
アイコン
暴力
恐怖
デバイス DUAL SHOCK2対応
(振動のみ)
その他 型式:SLPS-25581
テンプレートを表示

THE 呪いのゲーム』(ザ のろいのゲーム)は、2005年12月8日ディースリー・パブリッシャーから発売されたPlayStation 2サウンドノベルソフト。『SIMPLE2000シリーズ』の第92作である。

概要[編集]

選択肢を選んで読み進めて行くサウンドノベル形式のゲームソフトで、グラフィックは実写とCGからなる。多数のホラー作品に出演している女優三輪ひとみが主演。結末は複数用意されているが、グッドエンドは1つのみ。

本ソフトには約1時間の実写ムービーも同時収録されており、グッドエンドを見ることで出現する「ムービー」という項目を選ぶことで鑑賞できる。

ゲーム内容[編集]

ムービー[編集]

映像の一部は、ゲーム本編にもデモとして流用されている。

ストーリー展開は、基本的にゲーム本編の特定のエンディングに向かうルートをなぞったものだが、保谷篠の存在そのものがオミットされており、佐緒里が霊能力を持っているという描写も無い。またゲーム本編とは違い、佐緒里は名字を一度も呼ばれない。

ストーリー[編集]

OLの道明寺佐緒里は、親友の智佳から「THE 呪いのゲーム」というソフトを紹介される。ゲーム雑誌編集部に務める智佳が、職場から持ってきたサンプル品だというそのソフトを見た夜から、佐緒里の身辺で奇怪な出来事が起こり始める。

翌日、帰宅した佐緒里が見たものは、玄関前に置かれたそのソフトだった。

「智佳が届けに来たのか?」何の気なしにソフトを起動し、主人公に自分と同じ名を付ける彼女。そして画面にテキストが表示される。

「さおりは呪われました」

登場人物[編集]

道明寺佐緒里/さおり
主人公。下の名前は変更可能だが、本作では名前に平仮名か片仮名しか使えないため、ゲーム中のデフォルト名は「さおり」となっている。
いい男が1人もいない会社(本人談)で経理の仕事をしている20代のOLで、東京都内のマンションで1人暮らし中。
姿を消した親友を捜すうちに、様々な怪異に見舞われ、やがて「THE 呪いのゲーム」に纏わる悪霊達との全面対決を余儀なくされていく。
慎重な性格で戸締りに厳しい。異性に対しては内気であり、ここ数年は彼氏がいないらしい。割と酒豪であると自称している。ピザに乗っているバジルが好物。
宍倉智佳(ししくら ともか)
佐緒里の同年代の親友で、元同僚。現在は転職し、ゲーム雑誌「ペンソフト」の編集部に勤務している。同時に格安物件のマンションの一室に引っ越した。職場に気になる男性がいると語っていたが、ある日突然行方不明となる。
演じるたなかえり同様神奈川県出身という設定で、実家は割と裕福。佐緒里同様酒豪だが、性格はかなりルーズで、掃除も料理もまったくできない。
乾井(いぬい)
智佳の転職先である「ペンソフト」の編集長。仕事の飲み込みが早い智佳に目を掛けていた。彼女が行方不明となったことで佐緒里と出会い、協力関係となる。
普段から軽口ばかり叩いているが、その実態は常に周囲の人々のことを思いやっている人格者。行動力もある、やり手の男性。霊感はまったくないらしい。
疋山総一郎
疋山睦美
疋山亜梨沙
沼野
OL(静香)
物語冒頭で死体を発見するOL。
そのシーンでは「静香」という名前で呼ばれていたが、なぜか再登場シーンではOLとしか呼ばれておらず、スタッフロールや説明書にも「OL」としか表記されていない。
演じた林由美香は本作出演後、ソフト発売前の2005年6月27日に急逝しており、説明書や公式サイトでもそのことについて触れられている。
佐緒里の同僚1
佐緒里の同僚2
ゲーマー
ゲーマーの彼女
保谷篠
突然佐緒里の前に現れた、謎の女性。彼女に「自分と同じ力に目覚めた」と告げるが…。
ゲーム本編のみの登場で、ムービーにはまったく登場しない。

音楽[編集]

主題歌[編集]

  • エンディングテーマ「LOSER」 
    • 作詞・作曲・歌:moopie

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:前田桂代子
  • シリーズ統括プロデューサー:岡島信幸
  • 開発
    • ヒューネックス株式会社『THE呪いのゲーム〜THE GAME〜』開発チーム
      • ディレクター:鈴木淳
      • プログラム:武田信孝
      • グラフィック:中田淳、嶺井真澄、脇本由紀子
      • サウンド:土屋直樹
      • 進行管理:大沢知巳
  • シナリオ:樫原辰郎
  • スチール:松本知大
  • 協力:TIGER K PROJECT
  • 制作プロデューサー:水口誠
  • スペシャルアドバイザー:有泉富三彦
  • 販売企画:小西裕二、望月緑、大熊達矢、森崎桂、塚越洋、山崎正裕、大西優
  • 宣伝/広報:小笠原洋、城田雄一郎、大池香里
  • エグゼクティブ プロデューサー:伊藤裕二

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 26/40点[1]

ゲーム誌「ファミ通」の「クロスレビュー」では合計26点(満40点)となっている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]