榎本敏郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
えのもと としろう
榎本 敏郎
生年月日 (1965-06-16) 1965年6月16日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県
職業 映画監督
ジャンル 映画オリジナルビデオ
テンプレートを表示

榎本 敏郎(えのもと としろう、1965年6月16日 - )は、日本映画監督ピンク七福神の1人である[1]

経歴[編集]

1965年、兵庫県に生まれる[2]獅子プロダクションに入社[2]佐藤寿保瀬々敬久らに師事する[2]。1996年、『禁じられた情事 不倫妻大股びらき』で監督デビューを果たす[3]。2013年作品『恋する神さま 古事記入門』は日本最古の歴史書である古事記をモチーフにエロス作品を制作した異色作。2014年、水谷ケイを主演に迎えた映画『農家の嫁 あなたに逢いたくて』が公開される[4]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 禁じられた情事 不倫妻大股びらき(1996年・国映=新東宝)
  • 悶絶大回転 ひと晩に何回でも(1997年・国映=新東宝)
  • 熟女ソープ 突きぬけ発射(1998年・新東宝)
  • 喪服姉妹 タップリ濡らして(1999年・新東宝)
  • 覗かれた不倫妻 主人の目の前で…(1999年・新東宝)
  • おしゃぶり天使 白衣のマスコット(2000年・新東宝)
  • 迷走者たちの猥歌(2001年・ENKプロモーション)
  • 痴漢電車 さわってビックリ!(2001年・新東宝)
  • 人妻出会い系サイト 夫の知らない妻の性癖(2002年・新東宝)
  • 姉妹 淫乱な密戯(2006年・国映=新東宝)
  • 悶絶 ほとばしる愛欲(2006年・国映=新東宝)
  • 色情淫婦 こまされた女たち(2008年・国映=新東宝)
  • 再会(2011年/青春Hシリーズ・アートポート)
  • イヤリング(2012年/青春Hシリーズ・アートポート)
  • 死んでもいいの 百年恋して(2012年/ラブ&エロス シネマコレクション2nd・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 恋する神さま 古事記入門(2013年/青春Hシリーズ・アートポート)
  • 農家の嫁 あなたに逢いたくて(2014年/ラブストーリーズシリーズ・レジェンド・ピクチャーズ)

オリジナルビデオ[編集]

  • 同級生と寝る人妻(2002年・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 昼下がりの人妻 妻の言い訳(2002年・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 人妻同窓会 好きだった人に出逢ったら…(2006年・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 新・禁断の果実 誘われて…(2007年・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 女教師は抱かれる 汚された道徳(2008年・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 愛撫 aibu(2008年・「色情淫婦 こまされた女たち」改題・国映=新東宝/インターフィルム)
  • 禁断の果実 義息子との夜(2009年・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 平成未亡人下宿 疼きの季節(2010年・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 若妻家庭教師 ありふれた人妻の性体験告白(2010年・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 若妻の秘密 夫に言えないピアノレッスン(2010年・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 友達の母 恋人は息子の友達(2011年・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 別れる理由 最後のSEX(2011年・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 恋い慕う 彼に抱かれたい(2012年・レジェンド・ピクチャーズ)
  • 社内恋愛 ゆれる女ごころ(2016年・レジェンド・ピクチャーズ/ラインコミュニケーションズ)
  • 人妻家庭教師 ひと夏の経験(2016年・レジェンド・ピクチャーズ/ラインコミュニケーションズ)

メイキングドキュメンタリー[編集]

  • DOG STAR/ドッグ・スターのすべて(2002年・映画「DOG STAR」メイキング作品・エムスリイエンタテインメント)
  • 透光の樹 オリジナルメイキング(2004年/本編DVDに収録・東宝)
  • 菊とギロチン オリジナルメイキング(2018年/本編DVDに収録・ポニーキャニオン)

監督補[編集]

  • ラブキルキル(2004年/「映画番長」シリーズ・ユーロスペース)
  • ともしび(2004年/「映画番長」シリーズ・ユーロスペース)
  • 桃まつりpresents 真夜中の宴「明日のかえり路」(2008年)
  • 桃まつりpresents 真夜中の宴「あしたのむこうがわ」(2008年)
  • 桃まつり presents kiss!「地蔵ノ辻」(2009年)
  • 桃まつり presents すき「帰り道」(2012年)
  • メンタリスト響翔II 心からの生還(2012年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Schilling, Mark (2014年7月23日). “Love beyond the realms of erotic cinema”. The Japan Times. 2015年3月30日閲覧。
  2. ^ a b c 監督プロフィール”. 冒険王. 2015年3月30日閲覧。
  3. ^ Staff”. 農家の嫁 あなたに逢いたくて. Love Stories. 2015年3月30日閲覧。
  4. ^ 帰ってきた水谷ケイ ナイスバディ 6日公開映画「農家の嫁~」で”. ZAKZAK (2014年12月3日). 2015年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]