吉田修一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉田 修一
(よしだ しゅういち)
誕生 (1968-09-14) 1968年9月14日(49歳)
日本の旗 日本長崎県長崎市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士経営学
最終学歴 法政大学経営学部
活動期間 1997年 -
ジャンル 小説
代表作 パレード』(2002年)
悪人』(2007年)
横道世之介』(2010年)
怒り』(2014年)
主な受賞歴 文學界新人賞(1997年)
山本周五郎賞(2002年)
芥川龍之介賞(2002年)
毎日出版文化賞(2007年)
大佛次郎賞(2007年)
柴田錬三郎賞(2010年)
デビュー作 「最後の息子」(1997年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

吉田 修一(よしだ しゅういち、1968年9月14日 - )は、日本小説家

来歴・人物[編集]

長崎市出身。長崎県立長崎南高等学校法政大学経営学部卒業。大学卒業後、スイミングスクールインストラクターアルバイトなどを経験。

1997年、「最後の息子」で、第84回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。同作で、第117回芥川龍之介賞候補。2002年、『パレード』で、第15回山本周五郎賞を受賞。同年には「パーク・ライフ」で、第127回芥川龍之介賞を受賞。純文学と大衆小説の文学賞を合わせて受賞したことで話題になった。

若者の都市生活を描いた作品が多かったが、殺人事件を題材にした長編『悪人』で2007年に第61回毎日出版文化賞と第34回大佛次郎賞を受賞。2010年、『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。2016年、芥川龍之介賞の選考委員に就任。

作品一覧[編集]

  • 『最後の息子』文藝春秋、1999 のち文庫 
    • 最後の息子(『文學界』1997年6月号)
    • 破片(『文學界』1997年9月号)
    • water(『文學界』1998年8月号)
  • 『熱帯魚』文藝春秋、2001 のち文庫 
    • 熱帯魚(『文學界』2000年11月号)
    • グリンピース
    • 突風(『文學界』1999年12月号)
  • パレード』2002年、幻冬舎、のち文庫、ISBN 978-4344405158
  • 『パーク・ライフ』文藝春秋、2002 のち文庫 
    • パーク・ライフ(『文學界』2002年6月号)
    • flowers(『文學界』1999年8月号)
  • 『日曜日たち』講談社、2003 のち文庫 
    • 日曜日のエレベーター(『小説現代』2002年6月号)
    • 日曜日の被害者(『小説現代』2002年9月号)
    • 日曜日の新郎たち(『小説現代』2002年12月号)
    • 日曜日の運勢(『小説現代』2003年3月号)
    • 日曜日たち(『小説現代』2003年6月号)
  • 東京湾景』新潮社、2003 のち文庫 
    • 東京モノレール(『小説新潮』2002年9月号)
    • 品川埠頭(『小説新潮』2003年3月号)
    • お台場から(『小説新潮』2003年5月号)
    • 天王州1605(『小説新潮』2003年7月号)
    • りんかい
    • お台場まで
  • 『長崎乱楽坂』新潮社、2004 のち文庫 
    • 正吾と蟹(『新潮』2002年10月号)
    • タローと炭酸水(『新潮』2002年12月号)
    • 明生と水玉(『新潮』2003年3月号)
    • 清二と白い絣の浴衣(『新潮』2003年6月号)
    • 駿と幽霊(『新潮』2003年8月号)
    • 悠太と離れの男たち(『新潮』2003年11月号)
  • 『ランドマーク』講談社、2004 のち文庫 
    • 初出:『群像』2004年5月号
  • 『7月24日通り』新潮社、2004 のち文庫 
    • 初出:『小説新潮』2004年10月号、11月号
  • 春、バーニーズで』(2004年、文藝春秋)のち文庫 
    • 春、バーニーズで(『文學界』2002年9月号)
    • パパが電車をおりるころ(『文學界』2003年2月号)
    • 夫婦の悪戯(『文學界』2004年4月号)
    • パーキングエリア(『文學界』2004年11月号)
    • 楽園
  • 『ひなた』光文社、2006 のち文庫 
    • JJ 』(2003年5月号‐2004年8月号連載)「キャラメル・ポップコーン」に加筆・修正、改題。
  • 女たちは二度遊ぶ』角川書店、2006 のち文庫 - 『野性時代』に「日本の十一人の美しい女たち」として発表した連作。
    • どしゃぶりの女(『野性時代』2004年9月号)
    • 公衆電話の女(『野性時代』2005年1月号)
    • 自己破産の女(『野性時代』2005年6月号)
    • 殺したい女(『野性時代』2005年4月号)
    • 夢の女(『野性時代』2005年5月号)
    • 平日公休の女(『野性時代』2005年3月号)
    • 泣かない女(『野性時代』2005年2月号)
    • 最初の妻(『野性時代』2004年12月号)
    • CMの女(『野性時代』2004年10月号)
    • 十一人目の女(『野性時代』2005年7月号)
    • ゴシップ雑誌を読む女(『野性時代』2004年3月号)
  • 『初恋温泉』(2006年、集英社)のち文庫
    • 初恋温泉(『小説すばる』2004年1月号)
    • 白雪温泉(『小説すばる』2004年4月号)
    • ためらいの湯(『小説すばる』2004年10月号)
    • 風来温泉(『小説すばる』2005年1月号)
    • 純情温泉(『小説すばる』2005年4月号)
  • 『うりずん』(写真・佐内正史、2007年、光文社)のち文庫 
    • VS.』に「スポーツのある風景」として連載。
  • 悪人』(2007年、朝日新聞社)のち文庫 
    • 朝日新聞夕刊連載(2006年3月24日 - 2007年1月29日)
  • 『静かな爆弾』(2008年、中央公論新社)のち文庫
  • さよなら渓谷』(2008年、新潮社)のち文庫
    • 週刊新潮(2007年7月26日号‐2007年12月27日号連載)
  • 『あの空の下で』(2008年、木楽舎)のち集英社文庫
    • 全日本空輸機内誌『翼の王国』2007年4月~連載中
    • 願い事(『翼の王国』2007年4月号)
    • 自転車泥棒(『翼の王国』2007年5月号)
    • 旅たびたび バンコク(『翼の王国』2008年5月号)
    • モダンタイムス(『翼の王国』2007年6月号)
    • 男と女(『翼の王国』2007年7月号)
    • 旅たびたび ルアンパバン(『翼の王国』2008年6月号)
    • 小さな恋のメロディ(『翼の王国』2007年8月号)
    • 踊る大紐育(『翼の王国』2007年9月号)
    • 旅たびたび オスロ(『翼の王国』2008年7月号)
    • 東京画(『翼の王国』2007年10月号)
    • 恋する惑星(『翼の王国』2007年11月号)
    • 旅たびたび 台北(『翼の王国』2008年4月号)
    • 恋恋風塵(『翼の王国』2007年12月号)
    • 好奇心(『翼の王国』2008年1月号)
    • 旅たびたび ホーチミン(『翼の王国』2008年8月号)
    • ベスト・フレンズ・ウェディング(『翼の王国』2008年2月号)
    • 流されて(『翼の王国』2008年3月号)
    • 旅たびたび スイス(『翼の王国』2008年9月号)
  • 『元職員』(2008年、講談社)
    • 書き下ろし
  • 『キャンセルされた街の案内』(2009年、新潮社)のち文庫 
    • 日々の春(『an・an 』2003年4月30日、5月7日号)
    • 零下五度(『小説現代』特別編集『エソラ』vol.3)
    • 台風一過(『文藝』2005冬号)
    • 深夜二時の男(『野性時代』2006年5月号)
    • 乳歯(『新潮』2008年1月号)
    • 奴ら(『新潮』2008年9月号)
    • 大阪ほのか(『yom yom 』vol.1)
    • 24 Pieces(『yom yom 』vol.5)
    • 灯台(『新潮』2007年1月号)
    • キャンセルされた街の案内(『文學界』1998年12月号)
  • 横道世之介』(2009年、毎日新聞社)のち文春文庫
    • 毎日新聞連載(2008年4月1日‐2009年3月31日連載)
  • 『空の冒険』(2010年、木楽舎)のち集英社文庫
    • 全日本空輸機内誌『翼の王国』2008年10月~2010年9月連載
  • 平成猿蟹合戦図』(2011年、朝日新聞出版)のち文庫 
    • 週刊朝日(2010年5月28日号-2011年4月22日号連載)
  • 『太陽は動かない』(2012年、幻冬舎)のち文庫 
  • 『路(ルウ)』(2012年、文藝春秋)のち文庫 
    • 路(ルウ)(『文學界』2009年1月号-2012年2月号連載)
  • 『愛に乱暴』(2013年、新潮社
  • 怒り 上・下』(2014年、中央公論新社)
  • 『森は知っている』(2015年、幻冬舎)のち文庫
  • 『作家と一日』(2015年、木楽舎
  • 『橋を渡る』(2016年、文藝春秋
    • 週刊文春(2014年8月14日・21日-2015年7月30日号連載)
  • 『犯罪小説集』(2016年、KADOKAWA
    • 野性時代(2015年10月号から2016年1月号、3月号から8月号)
  • 『泣きたくなるような青空』『最後に手にしたいもの』(2017年10月、木楽舎

メディア・ミックス[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

携帯ドラマ[編集]

漫画[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]