濱口竜介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はまぐち りゅうすけ
濱口 竜介
濱口 竜介
生年月日 (1978-12-16) 1978年12月16日(43歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
主な作品
監督・脚本
ハッピーアワー
寝ても覚めても
偶然と想像
ドライブ・マイ・カー
脚本
スパイの妻〈劇場版〉
 
受賞
アカデミー賞
国際長編映画賞
2021年ドライブ・マイ・カー
カンヌ国際映画祭
脚本賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
国際映画批評家連盟賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
エキュメニカル審査員賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
ベルリン国際映画祭
銀熊賞(審査員グランプリ)
2021年偶然と想像
全米映画批評家協会賞
作品賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
監督賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』『偶然と想像』
脚本賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
ニューヨーク映画批評家協会賞
作品賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
ロサンゼルス映画批評家協会賞
作品賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
脚本賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
放送映画批評家協会賞
外国語映画賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
英国アカデミー賞
非英語作品賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
日本アカデミー賞
最優秀監督賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
最優秀脚本賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
その他の賞
ボストン映画批評家協会賞
作品賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
監督賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
脚本賞
2021年『ドライブ・マイ・カー』
テンプレートを表示

濱口 竜介(はまぐち りゅうすけ、1978年12月16日 - )は、日本映画監督脚本家東京藝術大学大学院に在学中に監督した作品が国際映画祭に出品されるなど、学生時代から独特の演出が注目されてきたが[1]、2015年頃から日本国外の主要映画祭で受賞が相次ぎ、世界的に高く評価されるようになった[2][3]

経歴[編集]

初期の活動[編集]

神奈川県川崎市生まれ[4]。父は建設官僚国土技術政策総合研究所所長などを務めた濱口達男[5]。祖父は洋画家の浜口喬夫。なお祖父・喬夫の叔母・寛子は寺田寅彦の二番目の妻にあたる[6][7][8][注 1]

父親の仕事の関係で転校続きの幼少期を過ごした[9]千葉県立東葛飾高等学校を経て東京大学文科三類に入学した当初は映画への関心はなく、当時総長を務めていた蓮實重彦が映画批評の分野で重きをなしたことも全く知らなかったという[9]。しかし、映画研究会に所属すると急速に映画に傾倒し、文学部では美学芸術学研究室に進学[9]。この頃から8mmで自主製作映画を撮り始めている[10]

大学卒業後、映画の助監督やテレビ番組のアシスタントディレクターなどを経たのち、映画監督を養成するコースとして新設されていた東京藝術大学大学院の修士課程に入学[11][12]。在学中は教授として教鞭を執っていた黒沢清に師事していた。2008年に修了作品として監督した『PASSION』が[13]サン・セバスティアン国際映画祭や第9回東京フィルメックスのコンペティション部門に選出されるなど、学生作品としては異例の注目を集めた[14]

2011年に東日本大震災が発生したのち、仙台市の「せんだいメディアテーク」が、市民の手によって震災の記録映像をアーカイブする「3がつ11にちをわすれないためにセンター」を発足させる。この立ち上げをサポートした東京藝術大学は濱口を現地へ派遣。濱口は同年5月から現地に滞在し、酒井耕との共同監督で、津波と震災の体験を語る地元住民たちのインタビューを大量に撮影しつづけた。この成果がドキュメンタリー作品「東北記録映画三部作」に結実する[15]

このときの体験を、濱口は「こんなふうにカメラの前で生き生きとしゃべってくれるひとをはじめて撮ったという実感を持った。何でもない言葉に実感がこもっていた。 (…) フィクションのなかで、こんな風にしゃべってくれたらどんなにいいだろうと繰り返し思った」と振り返っている[15]。こうした経験は、後に劇映画における独自の方法論へつながってゆく[15]

翌2012年、映画・演劇の専門学校(ENBUゼミナール)の映像俳優コースで講師をつとめ、約3か月間の講義ののちに、俳優を志願する学生たちの卒業制作として[15]、二部構成の大作『親密さ』を監督している[16][17]

『ハッピーアワー』以後[編集]

印象派の画家ルノワールの次男ジャン・ルノワールは映画監督となり、フランス映画史に大きな足跡を残した。彼は、まず俳優から演技性を徹底して削ぎ落とし台本の言葉の力を引き出すよう求める独自の演出術でも知られた。濱口は『ハッピーアワー』以後の作品で、この手法を意識的に採用している。

2013年から招聘作家として神戸市に滞在、演劇ワークショップを担当する。これをきっかけとして、ワークショップ参加者らを中心とした映画『ハッピーアワー』を監督。同作は2015年8月に第68回ロカルノ国際映画祭へ出品され、ほぼ演技経験のなかった4人の出演者(田中幸恵、菊池葉月、三原麻衣子、川村りら)が国際コンペ部門の最優秀女優賞を受賞した[18]。また同作では2016年3月、芸術選奨新人賞受賞。同5月には第25回日本映画批評家大賞選考委員特別賞を受賞する成功をおさめた[19]

2018年には、柴崎友香の小説をもとにした『寝ても覚めても』を監督[20]。これが濱口にとって初の商業映画作品となった。同作は第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品されている[21]

2020年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営危機に陥るミニシアターが続出したのを受けて、映画監督の深田晃司とともに全国の小規模映画館支援のためのクラウドファンディング『ミニシアター・エイド基金』を立ち上げた[22]。基金は目標の1億円を大きく上回り、総額3億3102万5487円を集めた[23]。同活動は2020年度の日本映画ペンクラブ賞を受賞[24]

2020年公開の黒沢清監督『スパイの妻〈劇場版〉』の脚本執筆に野原位らと共に関わる。同作はヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞したほか、第94回キネマ旬報ベストテンにおいて脚本賞を受賞している[25]

『ドライブ・マイ・カー』の成功[編集]

『ドライブ・マイ・カー』主演の西島秀俊と(2022年4月)

前作『寝ても覚めても』のあと濱口はいくつかの作品製作を進めてきたが、コロナ禍によって製作スケジュールが大きく狂い、2021年に2つの作品が同時公開される。しかしこれが結果として濱口への国際的な注目を一気に高めることとなった[3]

まず3月には『偶然と想像』が第71回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品され、最高賞次点にあたる銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞[26][注 2]

続いて7月には、村上春樹の短編小説をもとにした『ドライブ・マイ・カー』が第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、大江崇允と共に日本映画としては史上初となる脚本賞受賞を果たす[27]

またアメリカでは、ニューヨーク映画批評家協会賞が同年の作品賞を『ドライブ・マイ・カー』に授与[28]。同賞は過去に「外国語映画」部門で黒澤明らが受賞したことがあるが、「作品賞」としてはアジア映画初の受賞となり、アメリカ国内でも驚きを持って受けとめられた[2][29]。さらにその後、同作は全米映画批評家協会賞やボストン、ロサンゼルスの批評家協会賞、ゴールデングローブ賞など、アメリカの重要な映画賞を相次いで受賞する(後段の「主な受賞」節を参照)。日本映画のゴールデングローブ賞受賞は62年ぶりだった[30]

2022年の第94回アカデミー賞では、作品賞監督賞脚色賞国際長編映画賞(旧外国映画賞)の4部門にノミネートされ、国際長編映画賞を受賞した[31][32]。作品賞と脚色賞でのノミネートは日本映画初。監督賞は36年ぶりで、『砂の女』の勅使河原宏監督(第38回)、『』の黒澤明監督(第58回)に続き3人目となった。[1]

これらの世界的な注目の高まりを受け、2022年2月に開催されたベルリン国際映画祭では、国際審査員団の一人に抜擢されている[33]

手法・影響[編集]

『ハッピーアワー』では、ほぼ演技経験のない出演者への演技指導法として、フランスの監督ジャン・ルノワールが実践していた「イタリア式本読み」と呼ばれる手法を採用した[34]。これはルノワールの監督術を描くドキュメンタリー短編『ルノワールの演技指導』で紹介されているもので、実際に撮影に入る前に俳優に台本を読ませる「本読み」を行うが、このとき俳優にいっさいの感情を込めずに「電話帳を読み上げるように」言葉を読みつづけることを要求する[34]。このプロセスを経ることで、俳優は相手のこまかな動作や感情の動きに鋭敏になり、演技の真剣さ・リアリティが濱口の望む方向へ大きく変わるのだという[35]。この手法の一端は、『ドライブ・マイ・カー』で、主人公の舞台演出家が実践する演出として劇中劇の形で描かれている[35][36]

また、アメリカのインディペンデント映画監督ジョン・カサヴェテスへの関心を繰り返し語っている。『ハッピーアワー』の旧仮題も『BRIDES(花嫁たち)』で、これはカサヴェテスの映画『Husbands(夫たち)』から「裏面をなすようにして構想された」という[15]。東京大学文学部で美学芸術学研究室に提出した卒業論文も「ジョン・カサヴェテスの時間と空間」だった[9]

2018年に映画サイトのアンケートで、好きな映画5本としてマキノ正博『決闘高田の馬場』、グレミヨン『曳き船英語版』、ハワード・ホークス『赤い河』、カサヴェテス『よみがえるブルース英語版』、黒沢清『CURE』を挙げている[37]

2022年にアメリカの著名なDVDレーベル「クライテリオン」が、自社ラインナップ内からトップ10を選ぶよう求めたさいには、以下の10点を挙げている。ジャック・ベッケル『肉体の冠』、ロッセリーニ『ストロンボリ』、ダグラス・サーク『天はすべて許し給う』、溝口健二『夜の女たち』、『ジャン・ルノワール作品集』、『ジャン・グレミヨン作品集』、成瀬巳喜男『初期サイレント作品集』、ジョセフ・フォン・スタンバーグ『サイレント作品集』、ジョージ・キューカー『素晴らしき休日』、侯孝賢『フラワーズ・オブ・シャンハイ』[38]

評価[編集]

カンヌ国際映画祭(2018年)に主演俳優とともに出席した濱口監督(右端)。

日本国外においても濱口は『ハッピーアワー』(2016)が一部の映画祭や関係者向け試写等で批評家から高い評価を受けていたが[1]、海外で本格的な受容が始まったのは2020年頃からである[39]

この年に濱口が共同脚本に参加した『スパイの妻』で師である黒沢清ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)を受賞、さらに翌2021年には濱口自身の監督作品『偶然と想像』『ドライブ・マイ・カー』が主要な国際映画祭で相次いで受賞し、一気に世界的な注目を集めるようになった[40]

とりわけ2021年の秋に開かれたニューヨーク映画祭では、「メイン・スレート (Main Slate) 」と呼ばれる32本の主要作品の一部として濱口のこの2本の映画を上映する措置をとった[41]

ニューヨーク映画祭はアカデミー賞の前哨戦として国際的に注目されるが、中でもこの「メイン・スレート」は「映画の現在をもっともよく体現する最先端の作品」を選び出すことを目指しており、ここに同じ作家の作品が2本入るのはきわめて異例だった[42]

これをきっかけとしてニューヨークの一般映画館でも濱口作品が上映されるようになり、アメリカの映画批評で大きな影響力を持つ『インディーワイヤ』紙は、「濱口は、今後国際的に注目されなくなることは考えられない地位に到達した」と断じている[3]

『偶然と想像』『ドライブ・マイ・カー』の2本はアメリカでも幅広いメディアで批評の対象となった[3]。その多くは、日常生活における真実とフィクションの関係に注目する濱口の作品が、国を問わず現代社会に普遍的なテーマを描いているとして高く評価した[39]

とりわけ、ドラマティックなことがほとんど起こらない抑制的な物語の中に、「優雅で洗練された語り口を持ち込む技術」「ミニマルな画面を重ねながら心地よいリズムを作り出す手腕」は、エリック・ロメールロベール・ブレッソンといった巨匠の作品につらなる高い芸術性をもつと評されている[43][44]

日本では批評家の蓮實重彦が早くから濱口に注目しており、とくに『寝ても覚めても』のショット作りを取り上げて「天性の映画作家」と絶賛、濱口など若い世代の監督が相次いで秀作を発表しているとして「日本映画は第三の黄金期に差し掛かった」と述べている[45]

  • 第89回キネマ旬報ベスト・テン『ハッピーアワー』(第3位)
  • 第92回キネマ旬報ベスト・テン『寝ても覚めても』(第4位)
  • イギリス『SIGHT & SOUND』誌:「2021年のベスト映画50本」 ─ 『ドライブ・マイ・カー』(第3位)、『偶然と想像』(第10位)[46]
  • アメリカ『FILM COMMENT』誌:「2021年のベスト映画20本」 ─ 『ドライブ・マイ・カー』(第2位)、『偶然と想像』(第7位)[47]
  • アメリカ『ROLLING STONES』誌:「2021年のベスト映画25本」 ─ 『ドライブ・マイ・カー』(第4位)、『偶然と想像』(第4位)[48]
  • 映画批評サイト『IndieWire』:「2021年のベスト映画50本」 ─ 『ドライブ・マイ・カー』(第2位)、『偶然と想像』(第17位)[49]

語録[編集]

  • ジョン・カサヴェテス『こわれゆく女』ポスター (1974)。濱口は、俳優からリアルな演技を引き出すカサヴェテスの手法から強い影響を受けたと繰り返し語っている。
    「あらゆる映画はある程度フィクションであり、ある程度ドキュメンタリーでもある。どちらも作った経験からすると、純然たるフィクションも純然たるドキュメンタリーも存在しない」[50]
  • 「俳優はカメラの前で演技している。それは演技する俳優のドキュメンタリーでもある。1回限りの何かをその都度やっている」[51]
  • 「伝わらないという状況を粛々と生きながら、不意に伝わってしまうことがある。それは強烈な体験になる」「(『ドライブ・マイ・カー』の)家福とみさきの関係もそう。互いに理解を期待していない関係性から始まって、あるとき、言葉があふれてしまう。ふと言葉がこぼれる。それを映画でやってみたかった」[51]
  • 「そもそも映画はつくりものですが、そこに〝もうひとつの現実〞が立ち現れる瞬間を僕は見たい」[52]
  • 「抑揚を捨て、セリフが身体の中に入り込むまで本読みを繰り返すリハーサル手法は、『ジャン・ルノワールの演技指導』という短編ドキュメンタリーに登場するイタリア式本読みを実践したものです。『ハッピーアワー』以降も、これができる体制をどうつくるかがカギでした。この本読みは、プロの俳優にとってもセリフを新鮮に捉えて、自分のものにしてもらう方法になるといまは感じています」[52]
  • (『ドライブ・マイ・カー』に登場する手話について)「神戸滞在期に、〈さがの映像祭〉という聴覚障害者映像祭に呼んでいただく機会がありました。そこで、健聴者は僕や通訳の方ぐらいで、周りの方たちは手話で話している状況に置かれました。そのときに手話が「障害者の言語」というよりも、単に「異文化の言葉」だという印象を受けたんです。そして、やはりより身体的な言語なので、手話で話す姿からは口話以上に、常に生命力みたいなものが溢れている感じがしました。それから、いつかは自分の映画に取り入れたいと思っていました」[53]
  • (『ドライブ・マイ・カー』に登場する演出手法について)「多言語演劇というのは、言葉の意味によって相手を理解することが封じられます。その代わり相手のボディランゲージであったりとか、相手の声、そこからその感じられる相手の精神状態、そういうものに、よりフォーカスしやすくなる、反応しやすくなるような気がしている。これはシンプルにいい演技と自分が思うことが生まれてくるやり方じゃないかと感じています」[35]
  • (『ドライブ・マイ・カー』のエンディングについて)「あのエンディングさえなければ完璧だったのにと言われたことがあるんですが、あのエンディングを加えた理由というのは、まあ『完璧じゃなくするため』ということだと思います。…もう少しだけ破れ目みたいなものを作っておきたかった」[54]「この映画の続編を取る予定というのは全くないんですが、紛れ込んでしまった続編みたいなものだと思っておいていただけたらいいと思います。あとは、この映画のタイトルそのものが、このエンディングシーンが何なのかということの解釈のヒントになっているということだけ、ここでは申し上げておきたいと思います」[55]
  • (広島を『ドライブ・マイ・カー』の撮影地に選んだことについて)「広島は『ヒロシマ』でもあり、そのコノテーションは映画にとって余分であるかもしれず決断には若干の勇気が必要だった。ただ、思い返せば原爆投下という戦時の大きな傷から、現在の復興に至るまでの歴史こそが、この街に我々が受け取った『精神性』を与えており、結果としてこの街とこの物語全体はどこか響き合っていた。当初から広島を提案されていたらこの選択はできなかったとも思う。あらゆる偶然に助けられて、このシナリオ、そして映画はできている」[56]

監督作品[15][編集]

発表年 題名 脚本 撮影 主な出演
2001 映画を見に行く[57] 8分
2002 何食わぬ顔 98分(43分[注 3] 濱口竜介 渡辺淳、濱口竜介、東辻賢治郎 松井智、岡本英之、遠藤郁子、石井理恵
2005 はじまり 13分 濱口竜介 松本浩志 梅田つかさ、花澤拓巳、馬場省吾
2005 Friend of the Night 44分 濱口竜介 濱口竜介、松本浩志 土屋裕樹、工藤渉、山岡麻依子、千葉茜、北浦正之
2006 記憶の香り 28分 小林美香 佐々木靖之 藤川俊生、河井青葉
2006 遊撃[58][59] 17分 濱口竜介 湯澤祐一 土屋裕樹
2007 SOLARIS 90分 濱口竜介 佐々木靖之 松田賢二、前田綾花、渋川清彦
2008 PASSION 115分 濱口竜介 湯澤祐一 河井青葉、占部房子、岡本竜汰、渋川清彦
2009 永遠に君を愛す 58分 渡辺裕子 青木穣 河井青葉、杉山彦々、岡部尚
2010 THE DEPTHS 121分 濱口竜介、大浦光太 ヤン・グニョン キム・ミンジュン、石田法嗣、パク・ソヒ
2011 親密さ 255分(136分[注 4] 濱口竜介 北川喜雄 平野鈴、佐藤亮、伊藤綾子
2011 東北記録映画三部作 なみのおと (*) 142分 北川喜雄 田畑ヨシ、東キヌ、鎌田満
2013 東北記録映画三部作 なみのこえ 気仙沼 (*) 109分 佐々木靖之 岩本秀之、高橋和江、大島幸枝
2013 東北記録映画三部作 なみのこえ 新地町 (*) 103分 北川喜雄 谷隆、伏見春雄、目黒博樹
2013 東北記録映画三部作 うたうひと (*) 120分 北川喜雄、佐々木靖之、飯岡幸子 伊藤正子、佐々木健
2013 不気味なものの肌に触れる 54分 高橋知由 佐々木靖之 染谷将太、渋川清彦、瀬戸夏美、河井青葉
2016 天国はまだ遠い 38分 濱口竜介 北川喜雄 岡部尚、玄理、小川あん
2015 ハッピーアワー 317分 濱口竜介、野原位、高橋知由 北川喜雄 田中幸恵、菊池葉月、三原麻衣子、川村りら
2018 寝ても覚めても 119分 濱口竜介、田中幸子 佐々木靖之 唐田えりか、東出昌大、山下リオ、瀬戸康史、伊藤沙莉
2021 偶然と想像 121分 濱口竜介 飯岡幸子 古川琴音、中島歩、玄理、渋川清彦、森都月、甲斐翔真、占部房子、河井青葉
2021 ドライブ・マイ・カー 179分 濱口竜介、大江崇允 四宮秀俊 西島秀俊、三浦透子、霧島れいか、岡田将生、パク・ユリム

(*)酒井耕と共同監督

そのほか[編集]

主な受賞[編集]

2013年

  • 山形国際ドキュメンタリー映画祭・スカパー! IDEHA賞『うたうひと』[61]

2015年

2016年

2018年

2020年

2021年

2022年

関連書籍[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 寛子の父・真激(竜介の高祖父、前名:真澄)と寅彦の父・利正は山内家を通じて相識であったが、寛子の兄・昶二郎(竜介の曽祖父、弁護士)は寅彦と高知中学の同窓で東京大学(法科)時代にも交友があり、また昶二郎の妻・万寿の兄、上村直親も東大(医学部)出身で、寅彦と親しかったため、こうした関係で結婚したのではないかと、喬夫は語っている。 『寺田寅彦覚書』岩波書店、1981年11月27日、416頁。 
  2. ^ 本作は3本のオムニバス作品で、全体で7本を製作する構想が発表されている。
  3. ^ 劇中の映画が 43分のshort versionとして別に作られている。
  4. ^ 作品中の舞台劇が136分のshort versionとして別に作られている。

出典[編集]

  1. ^ a b Nast, Condé (2016年8月24日). “A Five-Hour Japanese Film Captures the Agonizing Intimacies of Daily Life” (英語). The New Yorker. 2021年12月6日閲覧。
  2. ^ a b Kay2021-12-03T19:44:00+00:00, Jeremy. “‘Drive My Car’ named 2021 New York Film Critics Circle best film” (英語). Screen. 2021年12月17日閲覧。
  3. ^ a b c d Ehrlich, David (2021年10月13日). “‘Drive My Car’ and ‘Wheel of Fortune and Fantasy’ Filmmaker Ryusuke Hamaguchi Explores the Upside of Getting Lost in Translation” (英語). IndieWire. 2021年12月6日閲覧。
  4. ^ 原点は岐阜「柳ケ瀬の映画館」米アカデミー賞受賞・濱口竜介監督中日新聞2022年3月28日
  5. ^ ダムインタビュー(71)濱口達男さんに聞く「ダムにはまだ可能性があっていろんな利用ができる」 - ダム便覧”. damnet.or.jp. 2022年8月12日閲覧。
  6. ^ 濱口竜介監督 祖父母・父が高知市出身 県内映画関係者「アカデミー賞受賞はホームラン級」 | 高知新聞” (日本語). www.kochinews.co.jp. 2022年8月12日閲覧。
  7. ^ 濱口喬夫展” (日本語). 高知県立文学館 (2022年4月22日). 2022年8月7日閲覧。
  8. ^ 浜口家”. minkei.jakou.com. 2022年8月7日閲覧。
  9. ^ a b c d 文学部卒業生インタビュー #010”. 東京大学. 2021年2月21日閲覧。
  10. ^ 玉田健太 (2013年10月22日). “No.047 物語映画の誕生 ― 濱口竜介 『何食わぬ顔』 (short version) | 総合文学ウェブ情報誌 文学金魚 ― 小説・詩・批評・短歌・俳句・音楽・美術・骨董・古典・演劇・映画・TV” (日本語). 2021年12月19日閲覧。
  11. ^ 映像研究科修士課程映画専攻監督領域(2期)https://fm.geidai.ac.jp/4294/
  12. ^ なみのこえ(YIDFF特別版)”. 山形国際ドキュメンタリー映画祭 (2013年). 2015年5月2日閲覧。
  13. ^ 結城, 秀勇 (2008年5月26日). “『PASSION』濱口竜介”. Nobody. 2013年6月15日閲覧。
  14. ^ 石橋, 今日美 (2009年2月18日). “映画に寄せるたおやかなパッション──濱口竜介監督インタヴュー”. Flowerwild. 2013年6月15日閲覧。
  15. ^ a b c d e f 濱口竜介・野原位・高橋知由『カメラの前で演じること 映画「ハッピーアワー」テキスト集成』(左右社、2015)
  16. ^ 平澤, 竹識 (2012年8月2日). “『親密さ』 濱口竜介(監督)インタビュー”. 映画芸術. 2013年6月15日閲覧。
  17. ^ 結城, 秀勇 (2012年8月10日). “『親密さ』濱口竜介”. Nobody. 2013年6月15日閲覧。
  18. ^ 演技経験ゼロ&映画初出演で快挙 日本人女性4人に最優秀女優賞”. Sponichi Annex (2015年8月16日). 2015年8月16日閲覧。
  19. ^ 日本映画批評家大賞 2016公式サイト”. 日本映画批評家大賞. 2016年5月26日閲覧。
  20. ^ 柴崎友香「この小説を書いてよかった」と歓喜!『寝ても覚めても』公開記念!原作者柴崎友香さん×濱口竜介監督トークショー!”. CINEMATOPICS (2018年8月27日). 2018年8月29日閲覧。
  21. ^ 特集『寝ても覚めても』第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品”. シネマクエスト. 2018年8月29日閲覧。
  22. ^ 全国の劇場支配人が危機訴える 深田晃司、濱口竜介、斎藤工ら無観客配信で会見”. シネマトゥデイ (2020年4月13日). 2020年4月26日閲覧。
  23. ^ ミニシアター・エイド基金は総額3億3000万円に、深田晃司と濱口竜介が感謝”. 映画ナタリー (2020年5月16日). 2021年2月21日閲覧。
  24. ^ 「ミニシアター・エイド」が日本映画ペンクラブ賞受賞”. 朝日新聞 (2021年2月19日). 2021年2月21日閲覧。
  25. ^ キネマ旬報 ベスト・テン、KINENOTE、2021年2月25日閲覧。
  26. ^ Awards & Juries” (英語). www.berlinale.de. 2021年12月6日閲覧。
  27. ^ カンヌ映画祭 濱口竜介監督と大江崇允さんに脚本賞、NHK NEWS WEB、2021年7月18日閲覧。
  28. ^ Lin, Natalie (2021年12月3日). “New York Film Critics Circle Winners Include Power of the Dog and Lady Gaga” (英語). Vulture. 2021年12月4日閲覧。
  29. ^ Awards - New York Film Critics Circle - NYFCC” (英語). 2021年12月17日閲覧。
  30. ^ ドライブ・マイ・カーにゴールデングローブ賞 邦画受賞は62年ぶり:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年1月12日閲覧。
  31. ^ 2022” (英語). Oscars.org | Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2022年3月28日閲覧。
  32. ^ 濱口竜介監督オスカー獲得後「ノマドランド」クロエ・ジャオ監督に「正気でいなさい」と言われた”. 日刊スポーツ (2022年4月5日). 2022年4月5日閲覧。
  33. ^ The Prizes of the International Jury” (英語). www.berlinale.de. 2022年2月11日閲覧。
  34. ^ a b 『ハッピーアワー』濱口竜介インタビュー”. 2021年1月27日閲覧。
  35. ^ a b c (日本語) Ryûsuke Hamaguchi on Drive My Car | NYFF59, https://www.youtube.com/watch?v=-18rVXCD1f0 2021年12月18日閲覧。 
  36. ^ "アカデミー賞ノミネート作品まもなく発表へ 「ドライブ・マイ・カー」濱口監督が明かす村上春樹作品映画化の決め手とは". FNNプライムオンライン. Fuji News Network, Inc. 7 February 2022. 2022年2月8日閲覧
  37. ^ In the Cinéma Club of… Ryusuke Hamaguchi”. Le Cinéma Club (2018年5月24日). 2021年2月21日閲覧。
  38. ^ Ryusuke Hamaguchi’s Top 10” (英語). The Criterion Collection. 2022年2月12日閲覧。
  39. ^ a b Nast, Condé (2021年11月24日). ““Drive My Car,” Reviewed: A Murakami Adaptation About Sex, Lies, and Art” (英語). The New Yorker. 2021年12月6日閲覧。
  40. ^ Wheel of Fortune and Fantasy review – a triptych of light-touch philosophy” (英語). the Guardian (2021年3月5日). 2021年12月6日閲覧。
  41. ^ 59th New York Film Festival Main Slate Announced” (英語). Film at Lincoln Center (2021年8月10日). 2021年12月6日閲覧。
  42. ^ (日本語) Ryûsuke Hamaguchi on Wheel of Fortune and Fantasy | NYFF59, https://www.youtube.com/watch?v=Qa5TMxjmyGk 2021年12月6日閲覧。 
  43. ^ Ehrlich, David (2021年10月13日). “‘Drive My Car’ and ‘Wheel of Fortune and Fantasy’ Filmmaker Ryusuke Hamaguchi Explores the Upside of Getting Lost in Translation” (英語). IndieWire. 2021年12月6日閲覧。
  44. ^ a b Lewis, Hilary (2021年12月3日). “‘Drive My Car’ Named Best Picture by NY Film Critics Circle” (英語). The Hollywood Reporter. 2021年12月4日閲覧。
  45. ^ 蓮實重彦『見るレッスン〜映画史特別講義』(光文社新書、2020)
  46. ^ The 50 best films of 2021” (英語). BFI. 2021年12月17日閲覧。
  47. ^ December 16, Film Comment on. “Best Films of 2021” (英語). Film Comment. 2021年12月17日閲覧。
  48. ^ Collins, K. Austin (2021年12月17日). “K. Austin Collins' Top 25 Movies of 2021” (英語). Rolling Stone. 2021年12月18日閲覧。
  49. ^ Lattanzio, Ryan (2021年12月17日). “The 50 Best Movies of 2021, According to 187 Film Critics” (英語). IndieWire. 2021年12月18日閲覧。
  50. ^ 『日本経済新聞』2021/10/10
  51. ^ a b 『日本経済新聞』2021/8/2
  52. ^ a b 世界で絶賛を浴びる映画監督・濱口竜介にインタビュー、 独特な映画作りの裏側|Pen Online” (日本語). Pen Online (2021年8月19日). 2021年12月18日閲覧。
  53. ^ 『ドライブ・マイ・カー』 濱口竜介監督インタビュー | インタビュー|神戸映画資料館”. kobe-eiga.net. 2021年12月18日閲覧。
  54. ^ (日本語) Ryûsuke Hamaguchi on Drive My Car | NYFF59, https://www.youtube.com/watch?v=-18rVXCD1f0 2021年12月18日閲覧。 
  55. ^ (日本語) Ryûsuke Hamaguchi on Drive My Car | NYFF59, https://www.youtube.com/watch?v=-18rVXCD1f0 2021年12月18日閲覧。 
  56. ^ 濱口竜介「あらゆる偶然に助けられて」(『シナリオ』2021年11月号)
  57. ^ 株式会社つみき. “映画『映画を見に行く』の感想・レビュー[4件 | Filmarks]” (日本語). filmarks.com. 2021年12月29日閲覧。
  58. ^ 『寝ても覚めても』公開記念 濱口竜介アーリー・ワークス” (日本語). 『寝ても覚めても』公開記念 濱口竜介アーリー・ワークス. 2021年12月29日閲覧。
  59. ^ 遊撃_Ydia” (日本語). ja.ydia.com. 2021年12月29日閲覧。
  60. ^ 黒沢清×蒼井優『スパイの妻』制作決定!”. NHK (2019年10月23日). 2020年1月31日閲覧。
  61. ^ YIDFF Official Site”. www.yidff.jp. 2021年12月4日閲覧。
  62. ^ Locarno Film Festival” (英語). Locarno Film Festival. 2021年12月4日閲覧。
  63. ^ Festival des 3 Continents”. Festival des 3 Continents. 2021年12月4日閲覧。
  64. ^ Home” (英語). Asia Pacific Screen Awards. 2021年12月6日閲覧。
  65. ^ 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!│【公式】「キネマ旬報」ホームページ / キネマ旬報WEB” (日本語). www.kinejun.com. 2022年2月22日閲覧。
  66. ^ National Society of Film Critics” (英語). National Society of Film Critics. 2022年1月9日閲覧。
  67. ^ Winners & Nominees Best Motion Picture – Non-English Language (formerly Foreign Language)” (英語). www.goldenglobes.com. 2022年1月10日閲覧。
  68. ^ 日本放送協会. “濱口竜介監督「ドライブ・マイ・カー」米 非英語映画賞受賞”. NHKニュース. 2022年1月10日閲覧。
  69. ^ Grater, Tom (2022年2月6日). “‘The Power Of The Dog’ Tops London Critics’ Circle Awards” (英語). Deadline. 2022年2月22日閲覧。
  70. ^ Prix du Syndicat français de la critique 2021” (フランス語). Syndicat de la Critique de Cinéma. 2022年2月22日閲覧。
  71. ^ 2022” (英語). Oscars.org | Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2022年3月28日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]