河瀨直美

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

かわせ なおみ
河瀨 直美
河瀨 直美
生年月日 (1969-05-30) 1969年5月30日(53歳)
出身地 日本の旗 日本奈良県奈良市
職業 映画監督脚本家
配偶者 仙頭武則(1997年 - 2000年)
公式サイト www.kawasenaomi.com/ja/
主な作品
萌の朱雀
殯の森
あん

朝が来る
 
受賞
カンヌ国際映画祭
グランプリ
2007年殯の森
カメラ・ドール
1997年萌の朱雀
エキュメニカル審査員賞
2017年
功労賞
2009年
その他の賞
芸術選奨
文部大臣新人賞
1997年『萌の朱雀
テンプレートを表示

河瀨 直美(かわせ なおみ、1969年5月30日 - )は、日本映画監督奈良県出身・在住。平城遷都1300年記念事業協会評議員。なら国際映画祭エグゼクティブディレクターを務める。メディア等では河瀬 直美とも表記される。

経歴

奈良県奈良市紀寺町出身。身長167cm。奈良市立一条高等学校卒業。中学時代にバスケットボールを始め、高校在学中はバスケットボール部キャプテンとして国体出場経験を持つ。大阪写真専門学校映画科卒業。

大阪写真専門学校卒業後、同校の講師を務めながら、8mm作品『につつまれて』(山形国際ドキュメンタリー映画祭国際批評家連盟賞受賞)や『かたつもり』(山形国際ドキュメンタリー映画祭奨励賞受賞)を制作し注目を集める。実父と生き別れ実母とも離別し、母方の祖母の姉に育てられた自らの特殊な境遇から制作された作品の独自性が評価されたものだった[要出典]

1996年、大阪写真専門学校を退職し、奈良に個人事務所兼制作プロダクション「有限会社組画」を設立[1]

1997年、初の35mm作品であると同時に最初の商業作品として制作された『萌の朱雀』にて、第50回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少(27歳)で受賞。また芸術選奨新人賞受賞。その直後に同作品のプロデューサーを務めた仙頭武則と結婚し、活動も「仙頭直美」名義となったが、のちに離婚したことにより姓を河瀨に戻した。再婚後の2004年に第1子(長男)を出産。

2007年第60回カンヌ国際映画祭にて『殯の森』がグランプリを受賞[2]。同作品は劇場公開前の2007年5月29日(グランプリ受賞の2日後)にNHK BS-hiの『ハイビジョン特集』にて放送された[3][注釈 1]。また、同賞を受け、奈良県民栄誉賞を受賞[4]。同年10月には山形国際ドキュメンタリー映画祭のインターナショナル・コンペティション部門で『垂乳女』が特別賞を受賞した[5]

2009年第62回カンヌ国際映画祭で、映画祭に貢献した監督に贈られる「黄金の馬車賞フランス語版」を、女性アジア人として初めて受賞した[6]

2013年第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門の審査員に選出[7]。日本人では、1996年デザイナー石岡瑛子が務めて以来、17年ぶり。映画監督では初。

2014年、第12回ウラジオストク国際映画祭にて『2つ目の窓』がグランプリ(Best Feature Award)を受賞[8]

2015年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエ章を、日本人女性映画監督として初めて受章[7][9]。同年、『あん』が第68回カンヌ国際映画祭ある視点」部門のオープニング作品に決まる[10]。同年、事務所スタッフの顔を殴打した暴行事件[注釈 2]週刊文春など複数のメディア[11][12][13]に報じられる。

2016年第69回カンヌ国際映画祭の短編コンペティション部門と、学生作品を対象としたシネフォンダシオン部門の審査委員長に就任[14]

2017年、『』が第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、エキュメニカル審査員賞を受賞した[15]。同部門での受賞は日本人女性監督としては、初の受賞となった[16]

2018年10月、2020年東京オリンピックの公式記録映画の指揮(監督)に決定された[17]

2020年7月13日、2025年大阪・関西万博テーマ事業プロデューサーに就任[18]シニアアドバイザーも兼務[19]

2021年6月4日、バスケットボール女子日本リーグ会長就任[20][21]。地元の男子プロバスケットボールクラブであるバンビシャス奈良のファンクラブ名誉会員でもある[22]。同年11月26日、日本女性初の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の親善大使に就任した[23][24]。同年12月10日、国際芸術祭「あいち2022」のアンバサダーに就任した[25]

2022年4月12日、日本武道館で行われた東京大学の入学式で来賓として祝辞を述べた[26]。同年5月、2019年に映画『朝が来る』の撮影現場で起きた暴行事件を週刊文春に報じられる[注釈 3][11]。河瀬が代表を務める映像制作会社『組画』は「3年前に既に当事者および河瀬組内において解決していることです」と回答[27]。同年5月、2020年東京オリンピックの公式記録映画が第75回カンヌ国際映画祭で上映された[28]。同年5月30日、フランス政府より芸術文化勲章 オフィシエ章を授与された[29][30]

主な受賞歴

主な監督作品

インターネットムービー

ミュージック・ビデオ

主な出演作品

映画

テレビドラマ

テレビ番組

ラジオ番組

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 劇場公開前の映画がテレビ放映されるのは異例だが、NHKエンタープライズが製作協力した関係で受賞前から放送が決定していたという。
  2. ^ 複数の事務所関係者の証言によると、経緯は次の通り。河瀬監督は奈良市内の雑居ビル2Fにある組画のオフィスで、男性職員Aさんの到着を待っていた。Aさんが部屋に足を踏み入れた瞬間、河瀬監督は彼に向かって真っすぐ歩いてゆき、固く握った拳でいきなり顔面を殴りつけた。Aさんはその場に崩れ落ちたが、なおも河瀬監督は暴行をやめようとしない。Aさんは、なだめながら逃げ回るが、河瀬監督はオフィスの中を執拗に追いかけ続けた。事務所関係者「居合わせた数人の職員は恐怖のあまり、別のフロアに逃げ出しました。しばらくして戻ると、抵抗せずに一方的に殴られたAさんの顔は腫れ上がっていたそうです」。日刊ゲンダイの取材によると、英語が堪能で優秀な男性職員が退職を申し出たため、殴りつけたと伝えており、「怒りをぶつけたようです」と関係者の証言も掲載している。殴られたAさんは荷物をまとめてオフィスを去ると、そのまま退職。二度と事務所に戻ることはなかったという。Aさんに話を聞くと、「河瀬さんに殴られたのは事実です」と認めたが、「過去のことで、公に語るような内容ではありません」と口を閉ざした。
  3. ^ 週刊文春は2022年4月28日発売号で、2019年5月に映画「朝が来る」の撮影現場での河瀬監督の暴行を報じている。カメラを回していた河瀬監督は、撮影助手に触れられたことに激怒し、助手を蹴り上げた。その後、撮影監督がチームごと降板した。河瀬監督はこの件について、「週刊文春」の取材に「3年前に既に、当事者間、および河瀬組内において解決をしていることでございます」と回答。報道後は「防御として、アシスタントの足元に自らの足で抵抗しました」と組画の公式サイトで説明した。[11]

出典

  1. ^ 『女性自身』編集部 (2019年1月9日). “東京五輪・公式映画監督 河瀬直美を支える「家族のつながり」”. 光文社. 2021年6月5日閲覧。
  2. ^ 河瀬直美監督「殯の森」がカンヌ映画祭でグランプリ受賞!”. 映画.com (2007年5月29日). 2022年5月28日閲覧。
  3. ^ 『殯の森』、一般公開前にNHKがテレビ放映”. ORICON NEWS (2007年5月28日). 2022年5月28日閲覧。
  4. ^ 河瀬監督に奈良県民栄誉賞”. 日刊スポーツ (2007年6月14日). 2022年5月28日閲覧。
  5. ^ 河瀬監督の出産シーンも映す『垂乳女(たらちめ)』が特別賞!【山形国際ドキュメンタリー映画祭】”. シネマトゥデイ (2007年10月10日). 2022年5月28日閲覧。
  6. ^ カンヌ映画祭 河瀬直美監督に「黄金の馬車賞」”. asahi.com (2009年5月15日). 2021年4月23日閲覧。
  7. ^ a b 映画監督の河瀬直美氏が芸術文化勲章を受章”. 駐日フランス大使館 (2019年1月17日). 2021年6月19日閲覧。
  8. ^ 河瀬直美『2つ目の窓』がウラジオストク国際映画祭グランプリ!”. シネマトゥデイ (2014年9月24日). 2022年5月28日閲覧。
  9. ^ 河瀬直美監督、芸術文化勲章を初受章!瞳うるませ決意新た”. 映画.com (2015年1月8日). 2022年5月28日閲覧。
  10. ^ 河瀬直美監督「あん」カンヌ映画祭・ある視点部門オープニング作品に決定”. 映画.com (2015年4月25日). 2015年4月25日閲覧。
  11. ^ a b c 「拳で顔面を殴打」東京五輪公式記録映画・河瀬直美監督が事務所スタッフに暴力”. 週刊文春 (2022年5月25日). 2022年6月2日閲覧。
  12. ^ 河瀬直美監督に今度は殴打パワハラ疑惑 撮影助手への腹蹴りに続き…優秀な男性職員の退職申し出に「怒りをぶつけたよう」 週刊文春報道”. zakzak by 夕刊フジ. 2022年5月26日閲覧。
  13. ^ “カンヌの申し子”河瀬直美監督の不徳…スタッフの顔面殴打報道、現場でパワハラ横行とも”. 日刊ゲンダイ デジタル. 2022年5月26日閲覧。
  14. ^ “河瀬直美監督、カンヌ短編部門などの審査委員長就任”. 日刊スポーツ. (2016年3月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1617229.html 2016年3月16日閲覧。 
  15. ^ 河瀬直美監督の「光」 カンヌでエキュメニカル賞受賞”. デイリー (2017年5月28日). 2022年5月28日閲覧。
  16. ^ カンヌ帰りの永瀬正敏「光」エキュメニカル審査員賞受賞の瞬間を明かす”. 映画.com (2017年6月1日). 2022年5月29日閲覧。
  17. ^ “東京五輪記録する公式映画指揮に河瀬直美監督が決定”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年10月23日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201810230000576.html 2018年10月23日閲覧。 
  18. ^ 関西万博プロデューサーに河瀬直美氏ら10人が就任”. SankeiBiz. 産経デジタル (2020年7月14日). 2022年5月28日閲覧。
  19. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年7月13日). “25年大阪・関西万博、河瀬、石黒氏らプロデューサー10人就任” (日本語). サンスポ. 2022年5月29日閲覧。
  20. ^ “Wリーグ新会長に映画監督の河瀬直美さん バスケット女子”. JIJI.COM. (2021年6月4日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060400507&g=spo&ref=tokyo2020 
  21. ^ “新役員就任のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 一般社団法人バスケットボール女子日本リーグ, (2021年6月4日), https://www.wjbl.org/static/topics/23rd_pdf/210604_HPver_Officer_WLEAGUE.pdf 
  22. ^ 映画作家河瀨直美氏のユネスコ親善大使任命式” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2022年5月29日閲覧。
  23. ^ 映画作家河瀨直美氏のユネスコ親善大使任命式” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2022年5月29日閲覧。
  24. ^ 美奈, 三井 (2021年11月26日). “河瀬直美さん ユネスコ親善大使に アフリカの女性監督育成に意欲” (日本語). 産経ニュース. 2022年5月29日閲覧。
  25. ^ 国際芸術祭「あいち2022」アンバサダー就任について | 国際芸術祭「あいち2022」”. aichitriennale.jp. 2022年5月29日閲覧。
  26. ^ 令和4年度東京大学学部入学式 祝辞(映画作家 河瀨 直美 様)”. 東京大学 (2022年4月12日). 2022年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月29日閲覧。
  27. ^ 文春オンラインの記事に関しまして”. 組画 - Kumie - (2022年4月28日). 2022年4月28日閲覧。
  28. ^ 河瀬直美総監督の東京五輪映画、カンヌで上映…終演後は拍手浴び「戻ってこられてうれしい」”. 読売新聞オンライン (2022年5月26日). 2022年5月28日閲覧。
  29. ^ 河瀬直美さんにフランス勲章「オフィシエ」…「あらゆる国の人たちの役に立つような自分でありたい」” (日本語). 読売新聞オンライン (2022年5月30日). 2022年5月30日閲覧。
  30. ^ 河瀬直美監督に仏文化勲章 大使公邸で叙勲式:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2022年5月30日閲覧。
  31. ^ 【報知映画賞】『罪の声』3部門制覇、小栗旬&星野源が男優賞 アニメ作品賞は『鬼滅の刃』”. ORICON NEWS (2020年12月2日). 2020年12月2日閲覧。
  32. ^ 長澤まさみ主演『MOTHER マザー』 毎日映画コンクール日本映画大賞”. ORICON NEWS. オリコン (2021年1月22日). 2021年2月2日閲覧。
  33. ^ 第44回 日本アカデミー賞 優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2021年2月9日閲覧。
  34. ^ “映画公式ホームページ”. acommy エンタテイメント. https://web.archive.org/web/20011220225840/http://www.acommy.com/entertainment/hotaru/top.html 2022年1月25日閲覧。 
  35. ^ “河瀨直美旧公式ホームページ”. https://web.archive.org/web/20011209205843/http://www4.ocn.ne.jp/~sentinc/index.htm 2022年1月25日閲覧。 
  36. ^ “永瀬正敏×河瀬直美監督「あん」コンビ再び!「光」でカンヌ映画祭パルム・ドール狙う”. 映画.com. (2016年10月31日). http://eiga.com/news/20161031/1/ 2016年10月31日閲覧。 
  37. ^ 菅前首相 東京五輪は「開催してよかった」 公式映画鑑賞し感想「想像と違う」”. デイリースポーツ online (2022年6月7日). 2022年6月7日閲覧。
  38. ^ 河瀬直美×安藤サクラ×サカナクション、ショートフィルム「SEED」公開”. 映画ナタリー (2016年2月17日). 2016年2月18日閲覧。

外部リンク