仙頭武則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
せんとう たけのり
仙頭 武則
本名 仙頭 武則
生年月日 (1961-10-15) 1961年10月15日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
職業 映画プロデューサー映画監督
配偶者 河瀨直美(1997年 - 2000年)
主な作品
月はどっちに出ている』/『2/デュオ
女優霊』/『萌の朱雀
リング』/『らせん』/『EUREKA
エリ・エリ・レマ・サバクタニ』/『接吻
 
受賞
日本映画プロフェッショナル大賞
作品賞

1996年Helpless
2008年接吻
高崎映画祭
最優秀作品賞

2001年EUREKA
2008年『接吻』
藤本賞 奨励賞
2003年美しい夏キリシマ
テンプレートを表示

仙頭 武則(せんとう たけのり、1961年10月15日 - )は、日本映画プロデューサー映画監督名古屋学芸大学メディア造形学部映像メディア学科教授。京都芸術大学映画学科客員教授。

経歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ[1]宝塚市立宝梅中学校兵庫県立宝塚高等学校卒業。関西大学商学部卒業後、大手鉄鋼メーカーを経て、1990年WOWOW入社。映画プロデュース局担当部長から同社100%子会社1998年サンセントシネマワークス代表取締役、2001年独立系映画製作会社ランブルフィッシュ代表取締役を経て2009年より名古屋学芸大学メディア造形学部映像メディア学科特任教授。2013年同大学教授。数多くの映画作品のプロデュースを行っている。カンヌ国際映画祭ベルリン国際映画祭ロッテルダム国際映画祭など多くの国際映画祭に作品を出品。2003年、『美しい夏キリシマ』で第23回藤本賞奨励賞を受賞する[2]

沖縄県で製作された低予算映画『NOTHING PARTS 71』(2012年沖縄先行公開)で初監督、琉球放送の特別番組『オキナワノコワイハナシ』への作品提供、沖縄県内で活動している芸人コンビドラゴンエマニエルの久米島凱旋ライブのドキュメント映像監督なども務めている。

私生活[編集]

映画作家・河瀨直美の元夫[3]。現在は沖縄県在住[4]

フィルモグラフィー[編集]

プロデュース[編集]

監督[編集]

ビブリオグラフィー[編集]

  • ムービーウォーズ ゼロから始めたプロデューサー格闘記(1998年、日本経済新聞社

脚注[編集]

  1. ^ 仙頭武則(教授)”. 名古屋学芸大学. 2015年12月23日閲覧。
  2. ^ 藤本賞(第30回~第21回)”. 映画演劇文化協会. 2014年5月29日閲覧。
  3. ^ 吉田真由美・林冬子・松本侑壬子・高野悦子・大竹洋子・小藤田千栄子 『女性監督映画の全貌』パドウィメンズオフィス、2001年、360頁。 
  4. ^ 仙頭武則さんインタビュー”. 名古屋演劇アーカイブ (2014年1月7日). 2014年5月29日閲覧。

外部リンク[編集]