石岡瑛子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしおか えいこ
石岡 瑛子
生年月日 (1938-07-12) 1938年7月12日
没年月日 (2012-01-21) 2012年1月21日(満73歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 アートディレクターデザイナー
著名な家族 石岡怜子(妹)

石岡 瑛子(いしおか えいこ、1938年7月12日 - 2012年1月21日)は、東京都出身のアートディレクターデザイナー[1]。妹は同じくアートディレクター、イラストレーター石岡怜子。米国映画芸術科学アカデミー協会(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)会員[2]

略歴[ソースを編集]

東京芸術大学美術学部卒業後、資生堂入社。グラフィックデザイナーアートディレクターとして活動した。

1970年、石岡瑛子デザイン室として独立し、パルコ角川書店などの広告で1970年代の日本で活躍。1980年代からは活動拠点をニューヨークに移し、メディアに限定されない分野で国際的に活動した。映画や演劇では、セットデザインと衣装デザインの両方を手がけたほか、衣装担当のみの作品も少なくない。

主な受賞歴に、アカデミー衣裳デザイン賞マイルス・デイヴィスのアルバム『TUTU』のジャケットのデザインでグラミー賞[3]ニューヨーク映画批評家協会賞カンヌ国際映画祭芸術貢献賞など多数。日本人として初めてのグラミー賞受賞者でもある。

2002年には、紫綬褒章を受章。ジョージ・ルーカスフランシス・フォード・コッポラらとは交流が深い。

2008年北京オリンピックの開会式では衣装デザインを担当した。

2012年1月21日、膵臓がんのために死去[1]。73歳没。

受賞歴[ソースを編集]

主な受賞歴は以下の通り[2]

  • 1964年、電通賞「資生堂の広告」
  • 1965年、日宣美賞(日本宣伝美術会)「シンポジウム現代の発見」
  • 1969年、通商産業大臣賞「パルコカレンダー」
  • 1975年、毎日産業デザイン賞(第21回)「パルコの広告デザイン」
  • 1975年、ADC会員賞(東京アートディレクターズクラブ)「パルコのアートディレクション」
  • 1980年、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ展特別賞 (第8回)「パルコのポスター」
  • 1985年、カンヌ国際映画祭芸術貢献賞(第38回)「Mishima: A Life In Four Chapters」(美術監督)
  • 1987年、グラミー賞(第29回)「マイルス・デービス『TUTU』のアートワーク」(ジャケットデザイン)
  • 1988年、ニューヨーク批評家協会賞(第39回)「ブロードウェイプロダクション『M.バタフライ』の美術監督」
  • 1988年、トニー賞ノミネート〔昭和63年〕「M.バタフライ」(美術監督)
  • 1988年、ACE賞(Annual Network Award for Cable Excellence)(第9回)「RIP VAN WINKLE」
  • 1992年、アート・ディレクターズクラブ・ホール・オブ・フェーム栄誉殊勲者(米国)
  • 1993年、日本宣伝賞山名賞(第38回)
  • 1993年、アカデミー賞衣装デザイン賞(第65回)「BRAM STOKER'S DRACULA(邦題:ドラキュラ)」
  • 1993年、勝見勝賞(第6回)
  • 1994年、BAFTAノミネーション「ドラキュラ」
  • 1994年、THE ART AWARD OF THE MULTIMEDIA GRAND PRIX 「MECHANISMS OF DENSITY」(ミュージックビデオ演出)
  • 2002年、紫綬褒章〔平成14年〕

作品[ソースを編集]

グラフィックデザイン[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

その他[ソースを編集]

著書[ソースを編集]

論文[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b Eiko Ishioka, Multifaceted Designer and Oscar Winner, Dies at 73 NYtimes:Published: January 26, 2012。2012年1月27日閲覧
  2. ^ a b 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ Past Winners Search | GRAMMY.com”. grammy.com. 2013年7月21日閲覧。
  4. ^ デサント公式サイト『スーパーデザイナー石岡瑛子氏とコラボレーション』(pdf)

参考文献[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]