円地文子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
円地 文子
(えんち ふみこ)
Enchi Fumiko and Morita Motoko.jpg
主婦と生活社『主婦と生活』1月号(1960)より。左が円地文子。右は森田元子
誕生 1905年10月2日
日本の旗 日本東京府東京市浅草区向柳原(現・東京都台東区浅草橋
死没 (1986-11-14) 1986年11月14日(満81歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 日本女子大学付属高等女学校中退
ジャンル 小説
代表作 『女坂』(1939年)
『ひもじい月日』(1954年)
『朱を奪うもの』(1956年)
『なまみこ物語』(1965年)
主な受賞歴 女流文学者賞(1953年)
野間文芸賞(1957年)
女流文学賞(1966年)
谷崎潤一郎賞(1969年)
文化勲章(1985年)
デビュー作 『惜春』(1935年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

円地 文子(えんち ふみこ、1905年明治38年)10月2日 - 1986年昭和61年)11月14日)は、日本小説家。本名は圓地 富美(えんち ふみ)。

来歴・人物[編集]

東京府東京市浅草区向柳原(現在の東京都台東区浅草橋)出身。日本女子大学付属高等女学校(現在の日本女子大学附属高等学校)4年次中退。東京大学国語学教授上田萬年の次女[1]。夫は『東京日日新聞』の記者だった円地与四松[1]。当時世間的には与四松のほうが有名だった[1]。一人娘に素子がいる。素子(1932-2014)の夫は、核物理学者・高エネルギー物理学研究所(KEK 現・高エネルギー加速器研究機構)名誉教授だった冨家和雄(1928-2005)。

幼少時より病弱で、「病気の問屋」の異名をとったこともあった。学校も欠席しがちだったことから中退し、その後は父などから個人教授を受け、戯曲及び古典日本文学に深い関心を持つようになった。はじめ劇作家として小山内薫の薫陶を受けたが、処女作上演の記念パーティーの席上でその小山内が倒れて死去している。デビュー作の成功の後劇作家としての成功を収めるが、その後また数々の病気に見舞われる。小説家としては、当初評価されず苦労した。代表作『女坂』は戦時中に刊行されているが、戦後は少女小説、通俗小説などを生活のために多く書き、1960年代からようやく評価されるようになる。

日本の古典文学については、平安朝から近世まで詳しく、女を描いた小説と『源氏物語』など古典の造詣により評価され、文化勲章を受章した。『源氏物語』現代語完訳は、与謝野晶子谷崎潤一郎に続くもので、新潮文庫に入り広く読まれた。

谷崎にはかわいがられ、1965年(昭和40年)に創設された谷崎潤一郎賞で第一回から選考委員を務めた。自身の小説への受賞を主張して反対に遭い、5回目に受賞したものの、選考委員の武田泰淳は選評をまるごと使って選考委員の受賞はあってはならないと批判している。

年譜[編集]

  • 1926年(大正15年) 『ふるさと』で劇作家として活動を開始。小山内薫に師事する。
  • 1928年(昭和3年) 最初の戯曲上演の打ち上げの席で小山内が倒れ死去する。
  • 1930年(昭和5年) 円地与四松と結婚。
  • 1931年(昭和6年) 長女・素子を出産。『日暦』『人民文庫』に参加。
  • 1937年(昭和12年) 父死去。
  • 1939年(昭和14年) 『東京日日新聞』に『源氏物語私語』を掲載。
  • 1946年(昭和21年) 子宮癌で子宮摘出。
  • 1953年(昭和28年) 『ひもじい月日』で第6回女流文学者賞を受賞。
  • 1957年(昭和32年) 『女坂』で第10回野間文芸賞を受賞。
  • 1966年(昭和41年) 『なまみこ物語』で第5回女流文学賞を受賞。
  • 1969年(昭和44年) 『朱を奪うもの』『傷ある翼』『虹と修羅』の一連の活動で第5回谷崎潤一郎賞を受賞(自身が選考委員)。
  • 1979年(昭和54年) 文化功労者顕彰。
  • 1985年(昭和60年) 文化勲章受章。
  • 1986年(昭和61年) 急性心不全で谷中清水町(東京都台東区池之端)の自宅で死去、81歳。谷中霊園に葬られる。

作品リスト[編集]

単著[編集]

  • 『惜春  短篇戯曲集』 岩波書店、1935年
  • 『女坂 — 随筆集』 人文書院、1939年
  • 『女の冬』 春陽堂、1939年
  • 『風の如き言葉』 竹村書房、1939年
  • 『春寂寥』 むらさき出版部(むらさき学芸叢書)、1939年
  • 『日本の山』 中央公論社(新作長篇叢書)、1940年
  • 『天の幸・地の幸』 むらきさ出版部、1940年
  • 『南枝の春』 万里閣、1941年
  • 『朝の花々』 偕成社、1942年
  • 『南支の女』 古明地書店、1943年
  • 『三色菫』 偕成社、1948年
  • 『谷間の灯』 偕成社、1948年
  • 『朝の花々』 偕成社、1949年
  • 『母いまさば』 偕成社、1949年
  • 『白鳥のふるさと』 ポプラ社、1949年
  • 『帰らぬ母』 金の星社、1949年
  • 『真珠貝』 偕成社、1949年
  • 『雪割草』 大泉書店、1949年
  • 『母月夜』 江川みさお挿絵、ポプラ社、1951年
  • 『荒野の虹』 偕成社、1951年
  • 『古典文学教室』 ポプラ社(少年少女知識文庫)、1951年
  • 『麗わしき母』 偕成社、1951年
  • 『あの星この花』 偕成社、1953年
  • 『母呼鳥』 ポプラ社、1953年
  • 『雪割草』 江川みさお挿絵、ポプラ社、1953年
  • 『白ゆりの塔』 偕成社、1954年
  • 『ひもじい月日』 中央公論社、1954年、のち角川文庫
  • 『春待つ花』 江川みさお挿絵、ポプラ社、1955年
  • 『涙の明星』 ポプラ社、1955年
  • 『明日の恋人』 鱒書房(コバルト新書)、1955年
  • 『朱を奪ふもの』 河出新書、1956年、のち新潮文庫、講談社文芸文庫
  • 『霧の中の花火』 村山書店、1957年
  • 『妻の書きおき』 宝文館、1957年
  • 『太陽に向いて 向日葵のように』 東方社、1957年
  • 『妖』 文藝春秋新社、1957年、のち新潮文庫
  • 『女坂』 角川小説新書、1957年、のち角川文庫、新潮文庫
  • 『女ことば』 角川新書、1958年
  • 『秋のめざめ』 『毎日新聞』夕刊連載、毎日新聞社、1958年、のち角川文庫、集英社文庫
  • 『女面』 講談社、1958年、のち新潮文庫
  • 『二枚絵姿』 大日本雄弁会講談社、1958年
  • 『薄明のひと』 角川書店、1959年
  • 『妻は知っていた』 講談社、1959年
  • 『東京の土』 文藝春秋新社、1959年
  • 『欧米の旅』 筑摩書房、1959年
  • 『女の秘密』 新潮社、1959年
  • 『私も燃えてゐる』 中央公論社、1960年、のち角川文庫、集英社文庫
  • 『男というもの』 講談社、1960年
  • 『高原抒情』 雪華社、1960年
  • 『離情』 中央公論社、1960年、のち集英社文庫
  • 『恋妻』 新潮社、1960年
  • 『女舞』 秋元松代構成、講談社、1960年
  • 『愛情の系譜』 新潮社、1961年、のち角川文庫
  • 『花散里』 文藝春秋新社、1961年、のち講談社文庫
  • 『迷彩』 光文社(カッパ・ノベルス)、1961年
  • 『南の肌』 新潮社、1961年、のち集英社文庫
  • 『女を生きる』 講談社、1961年
  • 『男の銘柄』 文藝春秋新社、1962年、のち集英社文庫
  • 傷ある翼』 中央公論社、1962年、のち新潮文庫、講談社文芸文庫
  • 『霧に消えた人』 光文社(カッパ・ノベルス)、1962年
  • 『女帯』 角川書店、1962年、のち集英社文庫
  • 『終の棲家』 講談社、1962年、のち集英社文庫
  • 『女の繭』 講談社、1962年、のち角川文庫
  • 『やさしき夜の物語』 集英社、1962年、のち集英社文庫
  • 『小さい乳房』 河出書房新社、1962年
  • 『雪折れ』 中央公論社、1962年
  • 『現代好色一代女』 講談社、1963年
  • 『月愛三昧』 集英社、1963年
  • 『鹿島(ししじま)綺譚』 文藝春秋新社、1963年、のち角川文庫、集英社文庫
  • 『この酒盃を』 中央公論社、1963年
  • 『結婚相談』 文藝春秋新社(ポケット文春)、1963年
  • 『女の淵』 集英社、1964年
  • 『仮面世界』 講談社、1964年
  • 『雪燃え』 新潮社、1964年、のち集英社文庫
  • 『焔の盗人』 文藝春秋新社(ポケット文春)、1964年、のち集英社文庫
  • 『旅よそい』 三月書房、1964年
  • 『古典文学入門』 ポプラ社(入門百科)、1965年
  • 円地文子文庫』全8巻  講談社、1965年
  • なまみこ物語』 中央公論社、1965年、のち新潮文庫、講談社文芸文庫
  • 『人形姉妹』 集英社、1965年、のち集英社文庫
  • 『賭けるもの』 新潮社、1965年、のち集英社文庫
  • 『小町変相』 講談社、1965年、のち集英社文庫
  • 『あざやかな女』 新潮社、1965年、のち集英社文庫
  • 『樹のあはれ』 中央公論社、1966年
  • 千姫春秋記』 講談社、1966年、のち角川文庫
  • 『琴爪の箱』 東方社、1966年
  • 『またしても男物語』 サンケイ新聞社出版局、1967年
  • 『生きものの行方』 新潮社、1967年
  • 『ほくろの女』 東方社、1967年
  • 『夜の花苑』 講談社、1968年
  • 虹と修羅』 文藝春秋、1968年、のち新潮文庫、講談社文芸文庫
  • 『灯を恋う 随筆集』 講談社、1968年
  • 『からねこ姫』 潮出版社、1969年
  • 『菊車』 新潮社、1969年
  • 『遊魂』 新潮社、1971年
  • 『春の歌』 講談社、1971年
  • 『女人風土記』 平凡社、1972年
  • 『源氏物語私見』 新潮社、1974年、のち新潮文庫
  • 『源氏物語の世界・京都』 平凡社(歴史と文学の旅)、1974年
  • 『花食い姥』 講談社、1974年
  • 『源氏歌かるた』 徳間書店、1974年
  • 『都の女』 集英社、1975年、のち集英社文庫
  • 『本のなかの歳月』 新潮社、1975年
  • 『川波抄』 講談社、1975年、のち『川波抄・春の歌』として文庫
  • 『兎の挽歌』 平凡社、1976年
  • 『彩霧』 新潮社、1976年
  • 『渦』 集英社、1978年、のち集英社文庫
  • 『江戸文学問わず語り』 講談社、1978年、のちちくま文庫、講談社文芸文庫
  • 『四季の記憶 随筆集』 文藝春秋、1978年
  • 食卓のない家』 新潮社、1979年、のち新潮文庫
  • 『砧』 文藝春秋、1980年
  • 『花信 随想集』 海竜社、1980年
  • 『四季の夢』 作品社、1980年
  • 『私の愛情論』 主婦と生活社、1980年
  • 『鴉戯談』 中央公論社、1981年、のち中公文庫
  • 『国文学貼りまぜ』 講談社、1983年
  • 『男と女の交差点』 海竜社、1983年
  • 円地文子紀行文集』全3巻  平凡社、1984年
  • 『うそ・まこと七十余年』 日本経済新聞社、1984年
  • 『菊慈童』 新潮社、1984年、のち新潮文庫
  • 『有縁の人々と 対談集』 文藝春秋、1986年
  • 『女形一代  七世瀬川菊之丞伝』 講談社、1986年(モデルとなったのは六代目中村歌右衛門で、前進座七代目瀬川菊之丞とは無関係)
  • 『雪中群烏図  続鴉戯談』 中央公論社、1987年
  • 『夢うつつの記 遺作中篇』 文藝春秋、1987年
  • 『源氏物語のヒロインたち 対談』 講談社、1987年、のち講談社文庫

共著[編集]

  • 『古典夜話  けり子とかも子の対談集』 白洲正子共著、平凡社、1975年、のち新潮文庫、2013年

翻訳・現代語訳[編集]

  • 円地文子全集』全16巻  新潮社、1977–80年
    • 第1巻 - 初期作品
    • 第2巻 -『癈園』『レコード』『光明皇后の絵』ほか
    • 第3巻 -『髪』『高野山』『別荘あらし』『信天翁』ほか
    • 第4巻 -『小さい乳房』『しゅん』『夫婦』『ある江戸っ子の話』『めくら鬼
    • 第5巻 -『菊車』『柿の実』『紫獅子』『半世紀』『うしろすがた  浅間彩色』『指』『狐火』『遊魂』『蛇の声』『潜』
      『春の歌』『宝石』『老人たち』『冬の旅』『歴史』『墓の話』『花食い姥』『猫の草子』『新うたかたの記』『川波抄』
    • 第6巻 -『女坂』『女面』『花散里』『終の棲』
    • 第7巻 -『秋のめざめ』『愛情の系譜』
    • 第8巻 -『私も燃えている』『南の肌』
    • 第9巻 -『女の繭』『鹿島綺譚』『雪燃え』
    • 第10巻 -『女帯』『千姫春秋記』
    • 第11巻 -『賭けるもの』『あざやかな女』
    • 第12巻 -『朱を奪うもの』
    • 第13巻 -『小町変相』『なまみこ物語』『彩霧』
    • 第14巻 -『女詩人』『偽詩人』『変化女房』『八尋白鳥』『源氏物語葵の巻』『木下長嘯子』『花方』『いのち』
      『歌のふるさと』『花光物語』『ますらを』『〈随筆〉女人風土記』
    • 第15巻 -『欧米の旅』『女の秘密』『女を生きる』『旅よそい』
    • 第16巻 -『灯を恋う』『本のなかの歳月』『源氏物語私見』

復刊[編集]

  • 『妖・花食い姥』 講談社文芸文庫、1997年
  • 『春寂寥』 ゆまに書房(近代女性作家精選集 19)、1999年
  • 『天の幸・地の幸』 ゆまに書房(近代女性作家精選集 20)、1999年
  • 『日本の山』 ゆまに書房(近代女性作家精選集 39)、2000年
  • 『春秋』 ゆまに書房(近代女性作家精選集 40)、2000年
  • 『南支の女』 ゆまに書房(戦時下の女性文学 13)、2002年

評伝[編集]

  • 『円地文子の世界』 亀井秀雄小笠原美子 共著、創林社、1981年
  • 『円地文子 妖の文学』 古屋照子著、沖積舎、1996年
  • 『作家の自伝 72』 円地文子著、小林富久子編、日本図書センター、1998年
  • 『母・円地文子』 富家素子著、新潮社、1989年

出典[編集]

  1. ^ a b c 小谷野敦 著 『日本の有名一族 近代エスタブリッシュメントの系図集幻冬舎幻冬舎新書)、2007年9月30日第1刷発行、ISBN 978-4-344-98055-6、182-183頁。