ミーナの行進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミーナの行進
著者 小川洋子
発行日 単行本:2006年4月
文庫版:2009年6月25日
発行元 中央公論新社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
文庫版:文庫判
ページ数 単行本:348
文庫版:352
公式サイト 単行本:ミーナの行進 単行本 中央公論新社
文庫版:ミーナの行進 文庫版 中央公論新社
コード 単行本:ISBN 978-4-12-003721-4
文庫版:ISBN 978-4-12-205158-4
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ミーナの行進』(ミーナのこうしん)は、日本の小説家小川洋子による小説である[1]

読売新聞』2005年2月12日から同年12月24日にかけて、毎週土曜日に計46回にわたって連載された[2][3]。本作は、著者の小川にとって初めての新聞連載小説である[2]

単行本は、2006年4月に中央公論新社より刊行された[4]。単行本の装幀および挿画は、寺田順三による[3]。同年、第42回谷崎潤一郎賞を受賞している[1]。2007年、第4回本屋大賞で7位に入賞している[1]。文庫版は、2009年6月25日に中公文庫より刊行された[5]

著者の小川は、連載終了後、「単なる語り手のはずだった従姉の朋子は、驚くべき成長を遂げたし、ミーナ自身も、私がつけていた見当よりもずっと遠くまで行進していった」と述べている[2]

あらすじ[編集]

朋子は、12歳のとき、1972年の春に、阪急電鉄芦屋川駅の北西、芦屋川の支流である高座川沿いの山の手に建つ伯父の屋敷を訪れ、それからおよそ1年間、そこで過ごした。屋敷は、伯父の父親が、ラジウム入りの清涼飲料水「フレッシャー」の販売で成功を収めたことによって建てられたもので、1500坪の敷地面積を有するスパニッシュ様式の洋館であった。朋子の1つ年下の従妹であり、ドイツ人の血が流れているミーナは、喘息を患っていた。屋敷では、ポチ子と名付けられたコビトカバがペットとして飼われていた。

主な登場人物[編集]

朋子
語り手。
伯父
飲料水会社の社員。
ミーナ
本名は美奈子。朋子の1つ年下の従妹。ドイツ人の血が流れている。
ローザ
伯父の母。

書評[編集]

小説家の井上ひさしは、「正確な読みに徹した読者なら、これが小説による小説潰しの反小説であり、物語による物語の関節外しの実験であり、それでいて、よくできた小説でもあると思い中(あた)って溜息をつくにちがいない」[6]と評価している。

本の雑誌社によるサイト「WEB本の雑誌」には、「この本には、ちいさくていとしいものが、ぎゅっとつまっている。なんでもない一瞬のうつくしさが、やわらかな言葉できりとられて、ひたひたと心にしみこんでいくようだ」「たくさんの幸せとその裏に見え隠れする切ないエピソードがたっぷり詰まった、家族の〈欠けることのない〉物語」[7]とする書評が掲載されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ミーナの行進 デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2019年5月12日閲覧。
  2. ^ a b c 河内鏡太郎 (2015年8月). “第55話 「ミーナの行進」”. 武庫川女子大学附属図書館. 2019年5月12日閲覧。
  3. ^ a b 『ミーナの行進』 2006.
  4. ^ ミーナの行進 単行本”. 中央公論新社 (2006年4月). 2006年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月12日閲覧。
  5. ^ ミーナの行進 文庫版”. 中央公論新社. 2019年5月12日閲覧。
  6. ^ 井上ひさし (2017年11月13日). “『ミーナの行進』(中央公論新社)”. ALL REVIEWS. 2019年5月12日閲覧。
  7. ^ 今月の新刊採点”. 本の雑誌社. 2019年5月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 小川洋子『ミーナの行進』中央公論新社、2006年4月。ISBN 978-4-12-003721-4