西行花伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西行花伝』(さいぎょうかでん)は、辻邦生歴史小説

新潮社文芸雑誌新潮』に1991年1月号から1993年6月号まで断続的に連載された。加筆推敲を経て、1995年に同社から単行本が出版された。同年に谷崎潤一郎賞(第31回)を受賞した。なお、大佛次郎賞にも推薦されたが、当時本人は、同賞の選考委員であり固辞している。

作者は1994年に、信州軽井沢(別荘がある)で人身事故に遭い、長期療養を余儀なくされ刊行が大幅にずれている。1999年7月に文庫再刊した直後の同月29日に、軽井沢での外出中に急逝している(この事故の後遺症が一因でもあった)。なお没後刊のエッセイ集『微光の道』(新潮社、2001年)に、自作解題がある。

概要[編集]

歌人僧西行の生涯を客観的に描くのではなく、知人たちによる一章ごとに回想の語り手を変え物語は展開される。平安時代から治承・寿永の乱(源平合戦)を経て、鎌倉時代に入る動乱の時代、宮中を警護する北面武士から故あって出家遁世し、美の道(歌道)に徹し生きた西行の足跡に迫る。

刊行書誌[編集]

  • 西行花伝 (新潮社、1995年4月)
  • 西行花伝 (新潮文庫、1999年7月、改版2011年5月) 解説は高橋英夫
  • 辻邦生全集 14 西行花伝 (新潮社、2005年)