谷崎潤一郎賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

谷崎潤一郎賞(たにざきじゅんいちろうしょう)は、中央公論社1965年の創業80周年を機に、作家谷崎潤一郎にちなんで設けた文学賞である。中央公論新人賞1956年開始)を発展解消させる形で開始された(なお、中央公論新人賞は1975年に復活し20年間続いた)。

時代を代表する優れた小説戯曲を対象とし、発表は年1回、受賞作発表と選評の掲載は『中央公論』誌上で行われる。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として時計、副賞として100万円が授与される(なお、当初の正賞は賞牌で、副賞は第15回まで50万円だった)。

受賞作一覧[編集]

第1回から第10回[編集]

第11回から第20回[編集]

第21回から第30回[編集]

※以後候補作が公表されなくなる。

  • 第28回(1992年) - 瀬戸内寂聴『花に問え』
  • 第29回(1993年) - 池澤夏樹『マシアス・ギリの失脚』
  • 第30回(1994年
    • 受賞作:辻井喬『虹の岬』
    • 候補作:青野聰『友だちの出来事』、村上龍『五分後の世界』、山田詠美『快楽の動詞』(候補作は日野啓三の選評より推定)

第31回から第40回[編集]

第41回から第50回[編集]

第51回から第60回[編集]

歴代選考委員[編集]

  • 第1回から第5回 - 伊藤整円地文子大岡昇平武田泰淳丹羽文雄舟橋聖一三島由紀夫
  • 第6回 - 円地文子、遠藤周作、大岡昇平、武田泰淳、丹羽文雄、舟橋聖一、三島由紀夫
  • 第7回 - 円地文子、遠藤周作、大岡昇平、武田泰淳、丹羽文雄、舟橋聖一
  • 第8回から第12回 - 円地文子(第12回病気欠席)、遠藤周作、大江健三郎、大岡昇平、武田泰淳(第12回病気欠席)、丹羽文雄、舟橋聖一
  • 第13回 - 円地文子(海外旅行中のため欠席)、遠藤周作、大江健三郎、大岡昇平、丹羽文雄、吉行淳之介
  • 第14回から第16回 - 円地文子、遠藤周作、大江健三郎、大岡昇平、丹羽文雄、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第17回から第22回 - 円地文子(第21回病気欠席)、遠藤周作、大江健三郎、丹羽文雄、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第23回から第24回 - 遠藤周作、大江健三郎、丹羽文雄(第23回病気欠席)、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第25回 - 大江健三郎、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第26回から第27回 - 大江健三郎、河野多恵子ドナルド・キーン、丸谷才一、吉行淳之介
  • 第28回から第29回 - 井上ひさし、河野多恵子(第29回書面参加)、ドナルド・キーン、中村真一郎、丸谷才一、吉行淳之介(第28回病気欠席)
  • 第30回から第33回 - 井上ひさし、河野多恵子、ドナルド・キーン、中村真一郎、日野啓三、丸谷才一
  • 第34回から第38回 - 池澤夏樹、井上ひさし、河野多恵子、筒井康隆、日野啓三、丸谷才一
  • 第39回から第41回 - 池澤夏樹、井上ひさし、河野多恵子、筒井康隆、丸谷才一
  • 第42回から第45回 - 池澤夏樹、井上ひさし、川上弘美、筒井康隆
  • 第46回から - 池澤夏樹、川上弘美、桐野夏生、筒井康隆、堀江敏幸

関連項目[編集]

外部リンク[編集]