川上未映子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川上 未映子
(かわかみ みえこ)
誕生 川上 三枝子(かわかみ みえこ)
(1976-08-29) 1976年8月29日(41歳)
日本の旗 日本大阪府大阪市城東区
職業 作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 大阪市立工芸高等学校卒業
活動期間 2007年 -
ジャンル 小説随筆
代表作 『乳と卵』(2008年)
『ヘヴン』(2009年)
『あこがれ』(2015年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(2008年)
谷崎潤一郎賞(2013年)
渡辺淳一文学賞(2016年)
デビュー作 『わたくし率イン歯ー、または世界』(2007年)
配偶者 阿部和重(2011年 - )
公式サイト 川上未映子の純粋悲性批判
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

川上 未映子(かわかみ みえこ、1976年8月29日 - )は、日本小説家、血液型はB型。

来歴[編集]

大阪府大阪市城東区に生まれる。大阪市立すみれ小学校大阪市立菫中学校大阪市立工芸高等学校卒業。

昼間は本屋でアルバイト、夜は北新地のクラブでホステスとして働く。日本大学通信教育部文理学部哲学専攻科に一時在籍していたことがある。

2002年ビクターエンタテインメントより川上三枝子名義でデビュー、アルバム『うちにかえろう~Free Flowers~』を発表。「未映子」と改名し音楽活動を行う。2004年にアルバム『夢みる機械』を発表。当時、プロデューサーに財津和夫がいたが、歌手として認められることはなかった[1]

2008年乳と卵(ちちとらん)』で第138回芥川龍之介賞受賞[2]

2015年11月28日と29日、福島県郡山市で開催された文学講座「ただようまなびや 文学の学校」の講師を務めた[3]。28日に川上が行った短歌のワークショップには村上春樹がゲスト参加した[4]

法政大学教授で文芸評論家の田中和生2010年11月の自身のブログにおいて、『わたくし率 イン 歯ー、または世界』が津原泰水の『黄昏抜歯』のアイデアを盗用しているという津原からの指摘に対して川上が十分に対応していないという理由で、以後の自らの文芸時評の対象から川上を外すと宣言している。[5]

人物[編集]

2006年に所属レコード会社ビクターエンターテイメントの元担当者と結婚したが[6]、2010年に離婚。

2008年10月に東京都内で行われた文芸誌〈早稲田文学〉のシンポジウムで阿部和重と知り合い、2011年10月に再婚した。

阿部は2008年8月に別の配偶者と離婚しており、ともに再婚のできちゃった婚である。2012年5月末に男児を出産した[7]

弟はラグビー選手の川上利明(常翔学園高等学校明治大学神戸製鋼NTTコミュニケーションズ

著書[編集]

小説[編集]

単行本[編集]

  • 『わたくし率 イン 歯ー、または世界』(2007年、講談社)のち文庫
    • 早稲田文学0』2007年5月30日
    • 「感じる専門家採用試験」(『WB』WASEDA bungaku FreePaper vol.07_2006_11)
  • 乳と卵』(2008年、文藝春秋)のち文庫
    • 乳と卵(『文學界』2007年12月号)
    • あなたたちの恋愛は瀕死(『文學界』2008年3月号)
  • ヘヴン』(2009年、講談社)[8] のち文庫 
  • 『すべて真夜中の恋人たち』(2011年、講談社)のち文庫
    • 『群像』2011年9月
  • 『愛の夢とか』(2013年、講談社)
    • アイスクリーム熱(『真夜中』2011 Early Spring)
    • 愛の夢とか(『モンキービジネス』2011 Summer)
    • いちご畑が永遠につづいてゆくのだから(『アスペクト』2007年5月号)
    • 日曜日はどこへ(『yom yom』2011年第23号)
    • 三月の毛糸(『早稲田文学』2012年4月)
    • お花畑自身(『群像』2012年4月号)
    • 十三月怪談(『新潮』2012年6月号)
  • 『あこがれ』(2015年、新潮社)
    • ミス・アイスサンドイッチ(『新潮』2013年11月号)
    • 苺ジャムから苺をひけば(『新潮』2015年9月号)

単行本未収録作品[編集]

  • お母さーんと叫ばなならんの、難しい(『アスペクト』連載中)
  • 素晴らしい骨格の持ち主は (『新潮』2009年7月号)
  • 僕たちは、抱きあったことさえ(2014年1月1日、朝日新聞広告特集「もう一人のたち」)短編小説

随筆・対談集[編集]

  • そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります(2006年、ヒヨコ舎)のち講談社文庫 
  • 世界クッキー(2009年、文藝春秋)のち文庫 
  • 六つの星星 対談集(2010年、文藝春秋) のち文庫
  • 夏の入り口、模様の出口(2010年、新潮社) のち「オモロマンティック、ボム!」と改題して文庫
  • 発光地帯(2011年、中央公論新社) のち文庫
  • ぜんぶの後に残るもの(2011年、新潮社)
  • 魔法飛行(2012年、中央公論新社)のち文庫
  • 人生が用意するもの(2012年、新潮社)
  • 安心毛布(2013年、中央公論新社)
  • きみは赤ちゃん(2014年、文藝春秋)
  • たましいのふたりごと(2015年、筑摩書房穂村弘共著)
  • おめかしの引力(2016年、朝日新聞出版)
  • みみずくは黄昏に飛びたつ(2017年、新潮社、村上春樹共著)
  • すべてはあの謎にむかって(2017年、新潮社)「人生が用意するもの」と「ぜんぶの後に残るもの」を合本化し改題した文庫

詩集[編集]

  • 『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』 (2008年、青土社)
    • 先端で、さすわさされるわそらええわ
    • 少女はおしっこの不安を爆破、心はあせるわ
    • ちょっきん、なー
    • 彼女は四時の性交にうっとり、うっとりよ
    • 象の目を焼いても焼いても
    • 告白室の保存
    • 夜の目硝子
  • 『水瓶』(2012年、青土社)
    • 戦争花嫁(『早稲田文学1』2008年4月)
    • 治療、家の名はコスモス(『ROCKS』5月)
    • いざ最低の方へ(『ユリイカ青土社、2008年12月号)
    • バナナフィッシュにうってつけだった日 (『モンキービジネス』2008 Fall)
    • 旅行熱 (『現代詩手帖』2009年1月号)
    • 冬の扉(『ユリイカ青土社、2009年12月号)
    • 星星峡(読売新聞 2009年4月)
    • 誰もがすべてを解決できると思っていた日(『早稲田文学増刊π』、2010年12月)
    • わたしの赤ちゃん(『早稲田文学5』2012年9月)
    • 水瓶(書き下ろし)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • うちにかえろう〜Free Flowers〜(2002年)川上三枝子名義
  • 夢みる機械(2004年)
  • 頭の中と世界の結婚(2005年)

シングル[編集]

  • 瞳バイブレーション(2003年)
  • はつ恋(2004年)
  • 悲しみを撃つ手(2005年)

ラジオ出演[編集]

テレビ出演[編集]

舞台出演[編集]

  • 『女中たち』COLLOL(2006年)原作:ジャン・ジュネ、構成・演出:田口アヤコ、音響演出:江村桂吾 [9]

映画[編集]

キネマ旬報新人女優賞を受賞。 おおさかシネマフェスティバル新人女優賞を受賞。

  • 『緑子/MIDORI-KO』(2010年)黒坂圭太監督、音楽提供

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]