秋元松代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋元 松代(あきもと まつよ、1911年1月2日 - 2001年4月24日)は、日本の女性劇作家俳人秋元不死男は兄。

経歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ。横浜吉田小学校卒業。

戦後、友人の紹介で[1]三好十郎の戯曲研究会に入り、30歳を過ぎてから戯曲を書き始める[2]。ラジオドラマなどを執筆。

1947年初の戯曲「軽塵」を発表[3]。1949年「礼服」が俳優座で上演され、注目を集めた[4]

1960年の『村岡伊平治伝』は、東南アジアの女衒だった男を描いた。1964年に『常陸坊海尊』で田村俊子賞受賞。1965年テレビドラマ『海より深き』(RKB毎日放送)で、柳田國男のいう和泉式部伝承は和泉式部を名乗る女の集団が伝えたという説に基づく劇を創作。この作品は芸術祭賞を受賞し、1969年に『かさぶた式部考』として戯曲化され、毎日芸術賞を受賞。1976年、『七人みさき』で読売文学賞受賞。

1979年の『近松心中物語』は、蜷川幸雄の演出で帝国劇場で上演され、秋元としては初めて大衆的な人気を得た作で、以後繰り返し上演されている。この系列のものとして、『元禄港歌』『南北恋物語』がある。

戦後を代表する女性劇作家で、完全主義者の孤高の作家と言われた[5]

独身を通し、晩年は高齢者用マンションに暮らしていた[6]2001年肺がんにて死去。

2002年、『秋元松代全集』(全5巻、筑摩書房)が刊行される。

2001年創設の朝日舞台芸術賞(主催:朝日新聞社)に、演劇を対象に芸術性と娯楽性を兼ね備えた作品・個人・団体に対して与えられる秋元松代賞が設けられたが、朝日舞台芸術賞は2009年から休止となった[7]

受賞[8][編集]

著書[編集]

  • 『蝶の夢』 宝文館ラジオ・ドラマ新書 1955
  • 円地文子『女舞』構成 講談社 1960/講談社 ロマン・ブックス1962
  • 『秋元松代戯曲集』文学散歩出版部 1962
  • 『マニラ瑞穂記・常陸坊海尊』牧羊社 1964
  • 『かさぶた式部考・常陸坊海尊』河出書房新社 1969/講談社文芸文庫 1996
  • 『戯曲と実生活』平凡社 1973
  • 菅江真澄 常民の発見』(日本の旅人)淡交社 1973
  • 『アディオス号の歌』新潮社 書下ろし新潮劇場 1975
  • 『七人みさき』河出書房新社 1975
  • 『秋元松代全作品集』全3巻 大和書房 1976
  • 『氷の階段』朝日新聞社 1979
  • 『元禄港歌・近松心中物語』新潮社 1980
  • 『それぞれの場所』早川書房 1992
  • 秋元松代全集』全5巻 筑摩書房 2002

参考文献[編集]

※秋元松代の人と作品について書かれた文献として以下のものがある。

脚注[編集]

  1. ^ 読売人物データベース
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  6. ^ 読売人物データベース
  7. ^ 「朝日舞台芸術賞」(朝日新聞社のサイト)
  8. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報