三宅宏実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg 三宅 宏実 Weightlifting pictogram.svg
Hiromi Miyake cropped.jpg
個人情報
フルネーム Hiromi Miyake
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1985-11-18) 1985年11月18日(34歳)
埼玉県新座市
家族 三宅義行(父)
三宅敏博(兄)
親戚 三宅義信(伯父)
スポーツ
競技 ウェイトリフティング
種目 女子48kg級
クラブ いちご株式会社
担当コーチ 三宅義行
 
獲得メダル
日本の旗 日本
重量挙げ
オリンピック
2012 ロンドン 48kg級
2016 リオデジャネイロ 48kg級
世界選手権
2006 サントドミンゴ 48kg級
2015 ヒューストン 48kg級

三宅 宏実(みやけ ひろみ、1985年11月18日 - )は、日本の女性重量挙げ選手・指導者。女子48kg級および53kg級の日本記録保持者。2012年ロンドンオリンピック48kg級銀メダリスト2016年リオデジャネイロオリンピック48kg級銅メダリスト

経歴[編集]

埼玉県新座市出身。身長147cm。父は1968年メキシコシティ五輪重量挙げフェザー級で銅メダルを獲得した三宅義行。伯父は五輪重量挙げローマ銀、東京・メキシコシティで共に金に輝いた三宅義信。兄が2人おり、次兄は重量挙げ男子77kg級で過去4度の優勝経験がある全日本王者で全日本女子チームのヘッドコーチも務めた三宅敏博、長兄も競技経験者。

音大出身の母に幼い頃からピアノを習い、新座市立第二中学校時代は軟式テニスに夢中だった。中学3年の時、2000年シドニーオリンピックを見たことをきっかけに、自身もオリンピックを目指して重量挙げを始めた[1]。自宅の台所を練習場に連日父から基礎を叩き込まれ、練習3か月後の最初の挑戦でいきなり42.5kgを挙げた。父が高校1年で挙げた重量と同じだった。

次兄の母校であるさいたま市埼玉栄高校に進学後、2002年8月に全国高校女子選手権53kg級で大会記録で優勝[2]2003年6月の全日本選手権53kg級で初優勝(同大会では兄も2年ぶり4度目の優勝で兄妹優勝を果たした)[3]2004年4月、父や伯父の母校である法政大学(キャリアデザイン学部)に進学。53kg級から五輪で上位が狙える48kg級に転向し、アテネオリンピック代表選考会を兼ねた2004年5月の全日本選手権で優勝[4]。親子2代五輪出場を果たした。

2006年の世界選手権48kg級で銅メダルを獲得し、世界大会で初めて表彰台に立った(日本人女子の世界選手権メダリストは1999年の二柳かおり以来7年ぶり6人目)。翌2007年、タイで開催された世界選手権で5位入賞し、北京オリンピック出場が内定。

2008年4月に投資会社アセット・マネジャーズ(現 いちご株式会社)に入社[5]。同社のウエイトリフティング部に所属。

2008年北京オリンピックでは、体操の相原信行俊子親子、塚原光男直也親子に次ぐ史上3組目の日本人親子メダリストの期待が懸かったが、上位の壁厚く6位入賞にとどまった。ただし、その後上位5人のうち2人にドーピング違反の指摘があり、2018年に最終的にドーピングが確定したため2人は失格になり、三宅は4位となった[6][7][8]

2011年6月、さいたま市記念総合体育館で行われた全日本選手権53kg級において、スナッチ90kg、ジャーク117kgトータル207kgの日本新記録を達成。同年の世界選手権で53kg級で6位に入り、ロンドンオリンピック出場が内定。

2012年7月28日、ロンドンオリンピック48kg級に出場。スナッチ87.0kg、クリーン&ジャーク110.0kg、トータル197.0kgと全てにおいて日本記録を更新した上、2位に入り銀メダルを獲得。女子重量挙げ史上初のメダル獲得と同時に、日本五輪史上初となる父娘メダル獲得をも達成した[9]彩の国功労賞を受賞。

ロンドン五輪重量挙げ女子48キロ級で銀メダルを獲得の競技時に、首にかけていたキリン柄のタオルは、大ファンのYUKIのライブで購入したツアーグッズである。“勝負タオル”として話題になった。

2014年9月、韓国・仁川で開催される2014年アジア競技大会では日本選手団主将を務める[10]

2015年3月、所属するいちごグループホールディングス(現 いちご株式会社)・ウエイトリフティング部の選手兼任コーチに就任し、同年入社した高校の後輩水落穂南安藤美希子の指導にも当たる[11]。2015年11月の世界選手権では銅メダルを獲得したが、その後は左膝、腰痛と故障が続き、2016年5月の全日本選手権では4位に低迷した。

2016年8月、リオデジャネイロオリンピックの直前に腰痛が悪化し、痛み止めを打つほどの万全には程遠い状態で本番に臨んだ。スナッチの1・2回目は失敗し、3回目で81.0kgを成功させるもこの時点では8位と出遅れる。ジャークの1回目で105.0kgを記録し、失敗すればメダルを逃す3回目に107.0kgを成功させトータル188.0kgで3位となり、2大会連続でメダルを獲得した[12]

人物[編集]

名前には、三「宅」「宏」「実」とうかんむりのある漢字が3つ連なる。これは三宅の生まれた1985年のプロ野球三冠王を達成した落合博満ロッテオリオンズ)とランディ・バース阪神タイガース)を意識して名付けられたもの[13][14]

出身地である埼玉県新座市の観光親善大使に委嘱されている[15]

父と伯父の故郷である宮城県柴田郡村田町への思いも強く、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)には同町の被害に衝撃を受けると共に、父と共に宮城県柴田農林高等学校(柴田郡大河原町)を訪問した際に救援物資を贈っている[16]。また、メダリストである肩書きを隠し、一般人として被災者支援も行っている[17]2016年(平成28年)発生の熊本地震の被災地にも見舞金を贈っている[18]

趣味は足のネイルアート[19]

元女子プロレスラーの栗原あゆみと親交があり、栗原の実家である「焼肉ハウス 三宝」によく行くという[20][21]

2016年、ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2016を受賞[22]

保有する公認日本記録[編集]

  • 女子48kg級:スナッチ87.0kg、クリーン&ジャーク110.0kg、トータル197.0kg
  • 女子53kg級:スナッチ90.0kg、クリーン&ジャーク117.0kg、トータル207.0kg

(2012年7月29日現在)

主な競技歴[編集]

  • 2002年 全日本選手権53kg級 3位
  • 2002年 世界選手権53kg級 9位
  • 2003年 全日本選手権53kg級 優勝
  • 2003年 世界選手権53kg級 11位
  • 2004年 全日本選手権48kg級 優勝
  • 2004年 アテネオリンピック48kg級 9位
  • 2005年 世界選手権48kg級 4位
  • 2006年 全日本選手権48kg級 優勝
  • 2006年 世界選手権48kg級 銅メダル
  • 2006年 アジア大会48kg級 6位
  • 2007年 全日本選手権48kg級 優勝
  • 2007年 世界選手権48kg級 5位
  • 2008年 全日本選手権53kg級 優勝 トータル193kg
  • 2008年 北京オリンピック48kg級 4位 スナッチ80kg、クリーン&ジャーク105kg、トータル185kg(8月9日、北京航空航天大学体育館)6位であったが上位選手ドーピングの為、後に繰り上げ4位[23][24]
  • 2009年 全日本選手権53kg級 優勝
  • 2010年 全日本選手権53kg級 優勝 スナッチ87kg、クリーン&ジャーク112kg、トータル199kg いずれも日本記録更新(5月28日、大阪・羽曳野市立総合スポーツセンター)
  • 2011年 全日本選手権53kg級 優勝 スナッチ90kg、クリーン&ジャーク117kg、トータル207kg いずれも日本記録更新(6月24日、さいたま市記念総合体育館
  • 2011年 世界選手権53kg級 6位 スナッチ88kg、クリーン&ジャーク115kg、トータル203kg
  • 2012年 ロンドン五輪48kg級 2位 スナッチ87kg、クリーン&ジャーク110kg、トータル197kg
  • 2014年 アジア大会48kg級 2位
  • 2015年 全日本選手権53kg級 2位
  • 2015年 世界選手権48kg級 3位 スナッチ85kg、クリーン&ジャーク108kg、193kg
  • 2016年 リオデジャネイロ五輪48kg級 3位 スナッチ81kg、クリーン&ジャーク107kg、トータル188kg

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “親子での五輪メダルへ 重量挙げの三宅と父義行”. 共同通信社. 47NEWS. http://www.47news.jp/sports/olympics/beijing/2008/07/post_1373.html 2013年7月17日閲覧。 
  2. ^ “重量挙げで三宅が高校新 全国高校女子選手権”. 共同通信社. 47NEWS. (2002年8月6日). http://www.47news.jp/CN/200208/CN2002080601000330.html 2013年7月17日閲覧。 
  3. ^ “三宅が父、兄に次ぎ優勝 全日本重量挙げ第1日”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年6月26日). http://www.47news.jp/CN/200306/CN2003062601000477.html 2013年7月17日閲覧。 
  4. ^ “女子48キロ級は三宅が制す 全日本重量挙げ第1日”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年5月7日). http://www.47news.jp/CN/200405/CN2004050701003214.html 2013年7月17日閲覧。 
  5. ^ 三宅宏実のアセット入社が内定(スポニチ)
  6. ^ “年齢でも腰痛でもない、三宅宏実の「ある不安」”. 読売新聞. (2016年10月1日). http://www.yomiuri.co.jp/topics/ichiran/20160930-OYT8T50005.html 2016年10月1日閲覧。 
  7. ^ 日本が「銀」に繰り上げ=陸上男子400メートルリレー-北京五輪
  8. ^ 08年北京五輪陸上男子400Mリレーの銅メダルが銀へ繰り上がり決定 10年を経
  9. ^ 父超えた!三宅銀 父子メダルは日本史上3組目 スポーツニッポン 2012年7月29日閲覧
  10. ^ アジア大会向け日本選手団が結団式NHK2014年9月14日
  11. ^ 重量挙げ三宅宏実が選手兼任コーチに 日刊スポーツ 2015年6月14日閲覧
  12. ^ “三宅宏実 腰痛に耐え銅!ロンドンに続き2大会連続メダル”. スポニチ. (2016年8月7日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/08/07/kiji/K20160807013114730.html 2016年8月7日閲覧。 
  13. ^ 第332回 三宅義行、娘に救われた人生 二宮清純
  14. ^ 父超えた!三宅銀 父子メダルは日本史上3組目 - スポーツニッポン 2012年7月29日
  15. ^ 新座市観光親善大使を委嘱しました 埼玉県新座市役所公式サイト
  16. ^ 心で挙げたバーベル ロンドン五輪、三宅が銀 埼玉新聞 2012年7月30日閲覧
  17. ^ 【重量挙げ】三宅、ひそかに婚活中 理想は「運命の出会い系」、相手に求める条件は…(スポーツ報知 2016年8月8日)
  18. ^ 【重量挙げ】「4年間の成果をリオで出したい」三宅宏実(スポーツ報知 2016年6月18日)
  19. ^ インタビュー「コーヒーと私」三宅宏実【女子重量挙げ選手】”. 全日本コーヒー協会 (2014年12月25日). 2016年8月7日閲覧。
  20. ^ 銀メダル!!!”. 女子プロレスラー 栗原あゆみオフィシャルブログ「今日のロマン」 (2012年7月29日). 2016年8月7日閲覧。
  21. ^ にじいろジーン 2012年10月6日放送回”. gooテレビ (2012年10月6日). 2016年8月7日閲覧。
  22. ^ “松坂桃李、銅メダリスト・三宅宏実選手の笑顔に惚れぼれ「柔らかく、優しさも含まれてる」”. ORICON STYLE. (2016年11月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2081134/full/ 2016年11月8日閲覧。 
  23. ^ 日本が「銀」に繰り上げ=陸上男子400メートルリレー-北京五輪
  24. ^ 08年北京五輪陸上男子400Mリレーの銅メダルが銀へ繰り上がり決定 10年を経
  25. ^ “三宅宏実選手『校閲ガール』出演で菅田将暉と見つめ合い…「ドキドキが止まりません」”. ORICON STYLE. (2016年11月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2081168/full/ 2016年11月9日閲覧。 

外部リンク[編集]