六曜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

六曜(ろくよう、りくよう)は、暦注の一つで、先勝(せんしょう[1]/せんかち[2])・友引(ともびき[2])・先負(せんぷ/せんぶ[1]/せんまけ[2])・仏滅(ぶつめつ[2])・大安(たいあん[2])・赤口(しゃっこう[1]/しゃっく[2])の6種の曜がある。

日本では、の中でも有名な暦注の一つで、一般のカレンダー手帳にも記載されていることが多い。今日の日本においても影響力があり、「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されている。

六輝(ろっき)や宿曜(すくよう)ともいうが、これは七曜との混同を避けるために、明治以後に作られた名称である。

歴史[編集]

六曜は中国で誕生したとされるが、いつの時代から暦注として確立されたかについては不詳である。

六曜の起源については孔明六輝と呼ばれ諸葛亮が発案したとの俗説まである[2]。しかし、三国時代から六曜があったということは疑わしい。一説には唐の李淳風の『六壬承訣(りくじんしょうけつ)』にある大安、留連、速喜、赤口、将吉、空亡が六曜の起源との説がある[2]

六曜が中国から日本に伝来したのは14世紀鎌倉時代とされる[2]江戸時代に入って六曜の暦注は流行した[2]。しかし、その名称や解釈・順序は少しずつ変化している。例えば小泉光保の『頭書長暦』では大安、立連、則吉、赤口、小吉、虚妄となっている[2]。六曜の先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の術語が確定するのは江戸後期のことである[2]

明治時代に入って太陽暦へ改暦されるにあたり、「吉凶付きの暦注は迷信である」として、政府は吉凶に関する暦注を一切禁止した[3]。しかし、暦注の廃止は人々の反発を招き、1882年(明治15年)頃から俗に「オバケ暦」と呼ばれる暦注が満載の民間暦が出回るようになった[3]。政府が発行する官暦となった神宮暦も、新暦(太陽暦)と天文・地理現象の他は国家神道の行事等のみを載せ、吉凶の暦注は一切排されるはずであったが、六曜と旧暦を略本暦に附すという形で存続した。明治時代まで暦注には種々のものがあったが暦注追放を経て六曜はかえって重視されるようになったともいわれている[3]第二次世界大戦後は政府による統制も廃止され、六曜などの暦注を付したカレンダーも一般に販売されている。

一般的なカレンダーなどにはこれまで広く用いられてきた。しかし、行政をはじめとする公共機関が作成するカレンダーでは使用せず、掲載を取りやめるよう行政指導を行っている機関もある。これは、根拠のない迷信であること、無用な混乱を避けるなどの理由による。また、部落解放同盟では「六曜のような迷信を信じることは差別的行為につながる恐れがある」などの理由から、積極的な廃止を求めている。こうした背景などから、2005年には大津市役所が作成した同年度版職員手帳に六曜が載せられていたために、部落解放同盟の抗議を受けて回収され、全て廃棄処分されるという事件も発生している。

現代でも、冠婚葬祭の日程を決める時には六曜を意識して決める人が多い。しかし主催者が若い世代だと、たいていの場合は自分たちは気にしないが、親や祖父母や結婚式場のスタッフに言われたから、参加者に非常識だと思われないようになど、世間体を気にして仕方なく六曜を考慮しているケースが多い。 また最近は六曜の記載がないカレンダーが増えてきたことや、携帯電話で予定を管理するからカレンダー自体買わない10〜20代の若者も増えているので、六曜を知らないという人もいるほどである。

一方、中年〜年配者では、昨今は六曜は気にしないという人も増えてきてはいるものの、気にする人の場合では冠婚葬祭以外にも、お祝いを買う時や持って行く時、見舞いに行く時、引っ越し、納車、家を建てる時、宝くじを購入する時、新しい鞄や靴をおろす時まで、大安の日を選ぶという人もいる。

仏滅や友引という、仏事と関連のあるように見える言葉が多く使われているが、仏教との関係はない。仏事と関連のあるように見える言葉が多いのは当て字によるものである。占いを盲信して本質がおろそかになればかえって悪い結果になるとして、仏教では占いを否定している。また、日本仏教の宗派の一つである浄土真宗では親鸞が「日の吉凶を選ぶことはよくない」と和讃で説いたため、迷信、俗信一般を否定しており、特にタブーとされている。仏教においては本質的に因果関係によって物事が決まり、六曜が直接原因として物事を左右することはない。

配当[編集]

六曜は「先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口」の順で繰り返すが、旧暦の毎月1日の六曜は以下のように固定されている。閏月は前の月と同じになる。

1月7月 先勝
2月8月 友引
3月9月 先負
4月10月 仏滅
5月11月 大安
6月12月 赤口

よって、旧暦では月日により六曜が決まることになる。定義としては、旧暦の月の数字と旧暦の日の数字の和が6の倍数であれば大安となる。

しかし、新暦のカレンダーの上では、規則正しく循環していたものがある日突然途切れたり、同一の日の六曜が年によって、月によって相違していたりする。旧暦と新暦(太陽暦)が対応しないことが六曜に神秘性を与え、冠婚葬祭で六曜を気にかける一つの要因になっているといわれている[2]

配当例
2018年(平成30年)
新暦
(七曜)
10月01日
月曜日
10月02日
火曜日
10月03日
水曜日
10月04日
木曜日
10月05日
金曜日
10月06日
土曜日
10月07日
日曜日
10月08日
月曜日
10月09日
火曜日
10月10日
水曜日
10月11日
木曜日
10月12日
金曜日
10月13日
土曜日
10月14日
日曜日
10月15日
月曜日
旧暦 08月22日 08月23日 08月24日 08月25日 08月26日 08月27日 08月28日 08月29日 09月01日 09月02日 09月03日 09月04日 09月05日 09月06日 09月07日
六曜 大安 赤口 先勝 友引 先負 仏滅 大安 赤口 先負 仏滅 大安 赤口 先勝 友引 先負

各六曜[編集]

各六曜の詳しい説明は以下の通りである。

先勝[編集]

先勝(せんしょう[1]/せんかち[2])は、早くことを済ませてしまうことが良いとされる日[1]。「先んずれば即ち勝つ」の意味。午前は吉、午後は凶と言われる[1]。急用の処理や訴訟には吉日とされている[1]。かつては「速喜」「即吉」とも書かれた。

「せんしょう」「せんがち」「さきがち」「さきかち」などとも読まれる。

友引[編集]

友引(ともびき)は、勝負の決着がつかない良くも悪くもないとされる日[1]。留連(立連)を原義とし、もともとは「共引き」の意味である[1]陰陽道で、ある日ある方向に事を行うと災いが友に及ぶとする「友引日」というものがあり、これが六曜の友引と混同されたものと考えられている。

朝晩は吉、昼は凶と言われる[1]

友引については葬儀を避ける俗信がある[1]。葬儀を行うと、友が冥土に引き寄せられる(=死ぬ)とのジンクスがあり、友引の日は葬祭関連業や火葬場が休業となっていることがある。しかし、六曜は仏教とは関係がないため、友引でも葬儀をする宗派(浄土真宗)がある。また、火葬場での友引休業を廃止する自治体も増えている(特に複数自治体が合同で運営している火葬場や、火葬炉改修工事などにより火葬能力が低下する場合に行われることが多い)。

友引に葬儀を避ける俗信は本来は六曜とは全く関係のない友曳(ともびき)との混同といわれており、友曳は十二支の該当日に友曳方の方角へ出かけたり葬儀を営むことを避ける習俗で音が同じことから混同されたものとみられている[1]

なお、慶事については“幸せのお裾分け”という意味で、結婚披露宴の引出物をこの日に発送する人もいる。

「ともびき」という読みが一般的となっているが、中国語の「留引」を「ゆういん」と読むことがルーツとなっており、訓読みとなって「ともびき」と当てはめたため、「友を引く」こととは関係がなかった。なお「留引」は、現在あることが継続・停滞することを表し、良き事象なら継続を、悪き事象なら対処を、という「状況を推し量り行動する日」だった。

先負[編集]

先負(せんぶ[1]/せんまけ[2])は、急用は避けるべきとされる日[1]。争い事や公事も良くないといわれ、万事に平静を守ることが良いとされる[1]。「先んずれば即ち負ける」の意味で先勝に対応する[1]。午前は凶、午後吉と言われる[1]

かつては「小吉」「周吉」と書かれ吉日とされていたが、字面につられて現在のような解釈がされるようになった。

「せんぷ」「さきまけ」「さきおい」などとも読まれる。

仏滅[編集]

仏滅(ぶつめつ)は、六曜における大凶日。もとは「虚亡」といい勝負なしという意味で、さらに「空亡」とも称されていたが、これを全てが虚しいと解釈して「物滅」と呼ぶようになり、仏の功徳もないという意味に転じて「佛(仏)」の字が当てられたものである[1][4]

仏滅は万事に凶であるとされる[1]。この日は六曜の中で最も凶の日とされ、婚礼などの祝儀を忌む習慣がある。この日に結婚式を挙げる人は少ない。そのため仏滅には料金の割引を行う結婚式場もある。他の六曜は読みが複数あるが、仏滅は「ぶつめつ」としか読まれない。

字面から仏陀釈迦)が入滅した(死亡した)日と誤解されることが多い。しかし、六曜は仏教に由来するものではなく上述のように無関係である[1]。釈迦の死亡日とされる2月15日旧暦では必ず仏滅になるのは、偶然そうなっただけである。

「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」ともいわれる。

また『物滅』として「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もある。

大安[編集]

大安(たいあん[2])は、万事進んで行うのに良いとされる日[1]。「大いに安し」の意味。

六曜の中で最も吉の日とされる。何事においても吉、成功しないことはない日とされる。「泰安」が元になっており、婚礼や建前などの日取りなどは大安の日に行われることが多い[1]。自動車の登録日や納車日、建物の基礎工事着工日や引渡日をこの日にするという人も少なくない。

「たいあん」が一般的な読みだが、「だいあん」とも読む。

赤口[編集]

赤口(しゃっこう[1]/しゃっく[2])は、正午の前後を除いて凶日とされる日[1]の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされる。

陰陽道の赤舌日(しゃくぜつにち)と赤口日あるいは大赤(たいしゃく)が混じって凶日として六曜の一つになったといわれている[1]。赤舌日は木星の西門を支配する赤舌神が司る日とされ、門を交代で守る配下の六鬼のうち特に3番目の羅刹神は人々を威嚇する存在であり、この日は訴訟や契約は避けるべきとされた[1]。また、赤口日は木星の東門を支配する赤口神が司る日とされ、配下の八大鬼のうち特に4番目の八嶽卒神は人々の弁舌を妨害する存在であり、この日も訴訟や契約は避けるべきとされた[1]。赤舌日は6日周期、赤口日は8日周期で異なる周期であるが、これらが六曜の一つに「赤口」としてまとめられ取り込まれたと考えられている[1]

この日は「赤」という字が付くため、の元、刃物に気をつける。つまり「死」を連想されるものに注意する日とされる。

「じゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」「あかくち」「あかぐち」などとも読まれる。

旧暦から求める六曜[編集]

計算のあまりによって「六曜」を求めることができる。なお「月」「日」には旧暦をあてる(下記参照)。

(月+日)÷6=?…あまり
あまり 0
大安
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
先負
5
仏滅

例:

六曜の否定論[編集]

  • 明治維新による西洋化の一環として、政府は「明治5年11月9日太政官布告337号」(1872年)において「今般改暦之儀別紙詔書写の通り仰せ出され候條、此の旨相達し候事」と太陰暦太陽暦に改めるにあたって、明治天皇の名によって次のような「改暦詔書写」を掲げている。「朕惟うに我国通行の暦たる、太陰の朔望を以て月を立て太陽の躔度に合す。故に2, 3年間必ず閏月をおかざるを得ず、置閏の前後、時に季節の早晩あり、終に推歩の差を生ずるに至る。殊に中下段に掲る所の如きはおおむね亡誕無稽に属し、人智の開発を妨ぐるもの少しとせず」と論告し、同年11月24日、太政官布告を続いて発し「今般太陽暦御頒布に付、来明治6年(1873年)限り略暦は歳徳・金神・日の善悪を始め、中下段掲載候不稽の説等増補致候儀一切相成らず候」とあり、これらの布告をもって禁止されたとする主張がある。
  • 吉田兼好林羅山新井白蛾福澤諭吉などが、「日の吉凶」を否定することがうかがえる内容の文章を書き残している[要出典]
且又これまでの暦にはつまらぬ吉凶を記し黒日の白日のとて訳もわからぬ日柄を定たれば、世間に暦の広く弘るほど、迷の種を多く増し、或は婚礼の日限を延し、或転の時を縮め、或は旅の日に後れて河止に逢ふもあり。或は暑中に葬礼の日を延して死人の腐敗するもあり。一年と定めたる奉公人の給金は十二箇月の間にも十両、十三箇月の間にも十両なれば、一箇月はたゞ奉公するか、たゞ給金を払ふか、何れにも一方の損なり。其外の不都合計るに遑あらず。是皆大陰暦の正しからざる処なり。…故に日本国中の人民此改暦を怪む人は必ず無学文盲の馬鹿者なり。これを怪しまざる者は必ず平生学問の心掛ある知者なり。されば此度の一条は日本国中の知者と馬鹿者とを区別する吟味の問題といふも可なり。 — 福沢諭吉、『改暦辧[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 佐藤幸治『文化としての暦』創言社、1999年、227頁
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 佐藤幸治『文化としての暦』創言社、1999年、226頁
  3. ^ a b c 佐藤幸治『文化としての暦』創言社、1999年、225頁
  4. ^ 「仏滅」 - 世界大百科事典 第2版
  5. ^ 福沢諭吉 『改暦辧』 慶應義塾、1873年http://project.lib.keio.ac.jp/dg_kul/fukuzawa_title.php?id=67 
  6. ^ 『改暦辧』、デジタルで読む福澤諭吉、慶應義塾。

関連項目[編集]