一粒万倍日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、迷信。選日の1つ。万倍

迷信の内容[編集]

「一粒万倍」とは、一粒の籾が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるため凶とされる。また同じ意味合いで、借りを作る、失言をする、他人を攻撃する、浪費などもトラブルが倍増するため避けるべきとされている。一粒万倍日は数が多いことから他の暦注と重なる場合がある。その場合は吉日と重なると一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なると半減するという。一粒万倍日は宣明暦時代には記載されていたが、地方暦によっては記載されていない物もあった。貞享暦以降は暦注から外されたが、新暦が普及してから民間暦に掲載されるようになった。購入した金額の何万倍にも増えるということで、宝くじを買うのに良い日ともされる[1]。一粒万倍日には「本日は一粒万倍日」の掲示を出す宝くじ売り場もある。一粒万倍日の日は節切り太陰太陽暦)上となる(日本で使用されていた旧暦(月の満ち欠けを基準とした太陰太陽暦)とは異なる)。

子月 子日・亥日
丑月 子日・卯日
寅月 丑日・午日
卯月 寅日・酉日
辰月 子日・卯日
巳月 卯日・辰日
午月 巳日・午日
未月 午日・酉日
申月 子日・未日
酉月 卯日・申日
戌月 午日・酉日
亥月 酉日・戌日

脚注[編集]

  1. ^ 宝くじ買うなら一粒万倍日に買え!!、池田昭広、All About、2007年9月20日

参考文献[編集]

  • 岡田芳朗阿久根末忠『現代こよみ読み解き事典』柏書房、1993年。ISBN 4-7601-0951-X