二宮清純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にのみや せいじゅん
二宮 清純
生誕 (1960-02-25) 1960年2月25日(60歳)
愛媛県八幡浜市[1]
国籍 日本の旗 日本
教育 修士(学術)
職業 評論家スポーツジャーナリスト
株式会社スポーツコミュニケーションズ代表取締役
広島大学特別招聘教授
大正大学地域構想研究所客員教授
認定NPO法人健康都市活動支援機構理事
公式サイト https://www.ninomiyasports.com

二宮 清純(にのみや せいじゅん、1960年2月25日[2] - )は、日本評論家スポーツジャーナリスト愛媛県八幡浜市出身。2000年よりスポーツの情報やコラムを配信し、講演やシンポジウムも手掛ける事業会社、株式会社スポーツコミュニケーションズ代表取締役。[3] なお、「せいじゅん」はペンネームであり、本名は「きよすみ」と読む。

経歴・人物[編集]

二宮の実家は10代以上続く農家で、屋号は「川宇」。河野屋宇兵衛という江戸時代の庄屋に端を発する。二宮は幼少の頃は巨人ファンだったが、瀬戸内海を挟んだ広島県から聴こえる中国放送(RCCラジオ)のラジオ野球中継を聴きくうちに、広島東洋カープファンとなった。愛媛県立八幡浜高等学校卒業後、上京し日本大学商学部在学中からスポーツ誌などに寄稿していた。スポーツ紙のプロレス担当記者や流通業界紙の記者を経て独立。その後、明治大学大学院に進み、博士前期課程修了・学術修士。フリーのスポーツジャーナリストとしてテレビ出演や新聞、雑誌への寄稿、講演活動を精力的にこなしている一方で、地域に密着したスポーツクラブ作りにも参画している。その一環として、2017年に中国経済産業局が主導する「中国地域プロスポーツ団体等による連携プラットフォーム構築事業」(スポコラファイブ)プロジェクトマネージャーに就任。日本トップリーグ連携機構代表理事会長の川淵三郎を名誉顧問に招く。また、大正大学地域構想研究所 客員教授[4]、伊予観光大使(いよかん大使)[5]広島大学特別招聘教授[6]なども務める。

ジャーナリストとして、オリンピック競技野球サッカーラグビープロボクシング大相撲プロレス等を取材している。日本経済新聞スポーツニッポン新聞サンデー毎日週刊現代文藝春秋週刊大衆週刊アサヒ芸能地域人金融財政ビジネスビッグコミックオリジナル漫画ゴラク小説宝石フィナンシャルジャパン経済界Numberなどに連載コラムを持つ。またテレビやラジオ番組の構成も手掛け、1996年には自らが企画した「野茂&ラモス 世界に翔くドリームトーク」(ニッポン放送)の構成でギャラクシーラジオ優秀賞受賞。野茂英雄は、自らのメジャーリーグ挑戦を支持した二宮について「多くのマスコミが、機構や球団にべったりになっている中、きちんと筋を通し、各メディアで野球協約の不備や日本球界の閉鎖性を鋭く指摘してくれました」と述べている。[7]同年に三池崇史が監督を務め、ケイエスエスが公開したオリジナルビデオシリーズ「大阪最強伝説 喧嘩の花道」の原作者でもある。2000年から2001年にかけて、NHK「サンデースポーツ」のレギュラーコメンテーター、2007年から2015年にかけて小学館ノンフィクション大賞選考委員も務めた。他に2002FIFAワールドカップ記念日本サッカーミュージアム アドバイザリーボード委員、認定NPO法人健康都市活動支援機構理事、フジサンケイグループ広告大賞 クリエイティブ部門審査員、TBSラジオ&コミュニケーションズ番組審議会委員、スカパーJSATグループ番組審議会委員なども歴任した。

二宮はスポーツライティングの分野にとどまらず、政治・経済に関する発言も多く衆議院議員の河野太郎との共著で「変われない組織は滅びる」(祥伝社新書)、またビジネス書として羽生善治との共著「歩を『と金』に変える人材活用術」(廣済堂新書)というタイトルの本も出版している。羽生善治は二宮について「以前、将棋雑誌で対局の観戦記を書いていただいたことがありました。その対局は深夜まで行われ、しめ切りは次の日の朝だったのですが、何事もないかのように文章をまとめられたと担当した人が言っていました。まさにプロの仕事という感じなのですが、今回の対談でそれを強く考えさせられました」と述べている。[8] なお、将棋好きが高じて、決着したはずの「投了図」から、負けた側をプロ、勝った側をゲストが受け持って対局する[9]NHK-BS2の「大逆転将棋2011」に出演し、広瀬章人王位の胸を借りたが敗れている。

二宮の取材実績として、夏季オリンピックは1988年ソウル大会から2008年北京大会まで連続で現地取材を行っている。冬季オリンピックも1998年長野大会、2002年ソルトレイクシティ大会を現地取材、サッカーW杯も1990年イタリア大会から2006年ドイツ大会まで5大会連続で現地取材している。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の森喜朗は、二宮を「この人は辛口だけど、どちらかに偏らずきちんと取材をしてくれる。疑問点があれば地方からでも電話をよこす」と評している。[10] なお国際オリンピック委員会(IOC)国際サッカー連盟(FIFA)の権威主義的体質、腐敗・汚職に対しては改革が必要との立場で、両組織の内幕に迫った「盗まれたワールドカップ」(デヴィッド・ヤロップ著、アーティストハウス、1999年)、「オリンピック秘史 120年の覇権と利権」(ジュールズ・ボイコフ著、早川書房、2018年)に解説文を寄せている。

2000年6月、スポーツの情報・コラムを配信し、講演やシンポジウムも手掛ける事業会社、株式会社スポーツコミュニケーションズを設立、代表取締役を務める。また、2010年には障がい者スポーツにおける国内初の総合サイト「挑戦者たち」をNPO法人STAND代表理事・伊藤数子(スポーツ庁スポーツ審議会委員)と共同で立ち上げ、二宮も米倉誠一郎らとともに同法人顧問に就任した。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

原作[編集]

連載[編集]

コラム

出演[編集]

プロ野球中継[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ TheaterPeople-二宮清純さんをお招きしました- - Onkyo”. オンキヨー. 2019年8月7日閲覧。
  2. ^ 二宮 清純(にのみや せいじゅん)|ご意見バン!|真相報道バンキシャ!”. 日本テレビ. 2019年8月7日閲覧。
  3. ^ 課題解決のサプリメント
  4. ^ 顧問・教授・研究員一覧│大正大学 地域構想研究所”. 大正大学 地域構想研究所. 2019年8月7日閲覧。
  5. ^ 伊予観光大使懇談 東京五輪キャンプ誘致を提言”. 愛媛新聞ONLINE (2015年3月11日). 2019年8月7日閲覧。
  6. ^ スポーツジャーナリストの二宮清純氏が講演「失敗したっていい、 野心を持とう!」(世界に羽ばたく。教養の力)│広島大学”. 広島大学 (2019年5月21日). 2019年8月7日閲覧。
  7. ^ 『夢と闘争:ベースボール・ギャップ:野茂英雄の反骨人生』(ザ・マサダ、1996年). 2020年6月4日閲覧
  8. ^ 『歩を「と金」に変える人材活用術』(2019年3月2日、廣済堂新書). 2020年6月4日閲覧
  9. ^ 公益社団法人日本将棋連盟.2020年8月4日閲覧
  10. ^ 五輪に「ワンチーム」は可能か? 中央公論(中央公論新社、2020年6月号). 2020年6月5日閲覧

外部リンク[編集]