乙武洋匡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
乙武 洋匡
(おとたけ ひろただ)
誕生 (1976-04-06) 1976年4月6日(46歳)
日本の旗 日本 東京都 新宿区
職業 作家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1998年 -
デビュー作 五体不満足
公式サイト 乙武洋匡オフィシャルサイト
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
乙武洋匡
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年4月26日 -
ジャンル 時事ネタ
登録者数 5.1万人
総再生回数 568万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2022年2月12日時点。
テンプレートを表示

乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は日本作家タレントYouTuber。NPO法人グリーンバード元新宿代表、東京都教育委員会元教職員。東京都出身。身長106cm、体重40kg[1]

人物・来歴[編集]

東京都新宿区出身。先天性四肢欠損(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり、移動の際には電動車椅子を使用している。用賀小学校用賀中学校戸山高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業[2]。その後、明星大学通信教育課程人文学部学士入学[3][注釈 1]

大学時代に早稲田まちづくり活動に参加。このまちづくり活動を取材したNHKの番組出演がきっかけで、障害者としての生活体験をつづった『五体不満足』を執筆し、出版。単行本の表紙に、電動車いすに乗り移動する乙武の写真が用いられたこの本は、彼の屈託のない個性と「障害は不便です。しかし、不幸ではありません」と言い切る新鮮なメッセージがあいまって(これは三重苦のヘレン・ケラーの言葉である)、文体の読みやすさもあり大ベストセラーとなった。『五体不満足』は、当初出版社内では担当の編集者以外、誰も売れるとは思っていなかったが、結果的には初版6000部・発売から1年で刷部数は417万部に達した[4]。2019年には600万部に達しており[5]、一般書籍の部数記録としては2006年8月現在で日本第3位の記録を持っている(出版科学研究所調べ)[6]。また学生時代から、報道番組にサブキャスターとして出演。2000年2月に都民文化栄誉章を受賞[7]

大学卒業後はスポーツライターとして、2005年には新宿区の非常勤職員として「子どもの生き方パートナー」に就任。また同年より小学校教諭免許状を取得するために、明星大学通信教育課程人文学部へ学士入学し、教員の道への足がかりとした。教員免許状取得を思い立ったのは、以前からの教育への関心に加え、長崎男児誘拐殺人事件などをきっかけに、子どもの人格形成に大人がどのような責任を負っているか問題意識を抱いたため。小学校での4週間の教育実習を行い、2007年2月に小学校教諭二種免許状を取得。同年4月より、2010年3月31日まで杉並区の任期つき講師として杉並区立杉並第四小学校に勤務。合宿の際は児童と共に入浴したりトイレの手助けを受けたとも語った[8][9]。2010年に「まちの保育園 小竹向原」を創設した[10]

略歴[編集]

2001年3月に結婚。2008年1月3日に第1子(長男)、2010年7月9日に第2子(次男)、2015年3月には第3子となる長女が誕生した。

2010年、まちの保育園・まちのこども園を運営するナチュラルスマイルジャパン株式会社を松本理寿輝らと共に設立。以後6箇所の園を開園し運営している[11]

2011年4月よりロックバンド「COWPERKING」のボーカル「ZETTO」としても活動している。

2013年3月8日東京都教育委員に就任するも、2015年12月31日で途中辞任[12]

2014年4月、ボランティア団体・グリーンバード新宿を発足させ代表に就任する[13]。同年7月、この団体のポスターが区内の掲示板から撤去される事態に。自身の新宿区長選挙への事前PRと捉えた区民から苦情が寄せられたことが原因である[14]

福島県双葉郡広野町に2015年に開校した県立中高一貫校の「ふたば未来学園中学校・高等学校」の「応援団」に就任した[15]

2015年4月、政策研究大学院大学へ進学[16][注釈 2]

2016年3月、5人の女性との不倫関係が週刊誌『週刊新潮』(2016年3月31日号)にて報じられた[17]。2015年末にチュニジアパリ旅行に20代後半の女性を同伴しダミーとして1名の男性を同行させていた。一旦は否定したものの、その後、自身の公式サイトで事実を認め、妻と共に謝罪した[18]。また、これまでの結婚生活で5人の女性と不倫したことを公表した[19]。不倫報道後の4月5日、自身の誕生日パーティー(会費1万円)において再度謝罪した[20]。同年7月の参議院選挙に自民党候補として東京選挙区から出馬を検討していたが、週刊誌のこの報道が原因で出馬を辞退した[21][22]。また出馬検討の際に民主党日本を元気にする会の幹部にも面会していたことが明らかになる[23]。日本を元気にする会の松田公太は自身のブログで乙武が署名した誓約書の存在を明らかにした[24]

2016年9月14日、協議離婚が成立[25]

2017年、世界37ヵ国を車いすでめぐる放浪の旅へ。帰国後、世界のマイノリティと出会い、感じたことをまとめた著書『ただいま、日本』を出版。

2019年、パラスポーツの取材に力を入れる傍ら、自身も最新鋭の技術を搭載した義足を用いて歩行に挑戦する『OTOTAKE PROJECT』に取り組む。ソニーコンピュータサイエンス研究所の遠藤謙氏が中心に行ってきたロボット技術を用いた義足を今回の挑戦に使用。義足プロジェクトの全容を追った『四肢奮迅』を出版している。

2020年、『AbemaPrime(アベマプライム)』の金曜日の番組MCとして、アジア圏で最も権威のあるテレビ賞「24th asian TELEVISION AWARDS(アジア・テレビジョン・アワード)」の「ニュースキャスター部門」にノミネート。

同年、サッカー元日本代表本田圭佑が東京都に立ち上げた社会人サッカーチーム「One Tokyo」のGMに就任。監督は武井壮

2022年5月19日、自身のYoutubeチャンネルで、第26回参議院議員通常選挙において東京都選挙区から無所属で立候補することを表明[26]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2022年のNHK、毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[27][28]
  • 9条改憲について、2022年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[28]。9条への自衛隊の明記について、2022年のNHKのアンケートで「反対」と回答[27]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[27]

外交・安全保障[編集]

  • 敵基地攻撃能力を持つことについて、2022年のNHKのアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[27]。同年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[28]
  • 普天間基地辺野古移設について、2022年の毎日新聞社のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[28]
  • 非核三原則についてどう考えるかとの問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「維持すべき」と回答[27]
  • ロシアは2022年2月24日、ウクライナへの全面的な軍事侵攻を開始した[29]。日本政府が行ったロシアに対する制裁措置についてどう考えるかとの問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「さらに強めるべきだ」と回答[27]。同年の毎日新聞社のアンケートで「制裁をより強めるべきだ」と回答[28]
  • 2022年6月7日、政府は経済財政運営の指針「骨太方針」を閣議決定した。NATO加盟国が国防費の目標としている「GDP比2%以上」が例示され、防衛力を5年以内に抜本的に強化する方針が明記された[30]。「防衛費を今後どうしていくべきだと考えるか」との問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「ある程度増やすべき」と回答[27]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[27]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[27]
  • クオータ制の導入について、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[27]

その他[編集]

  • アベノミクスについて、2022年の毎日新聞社のアンケートで「評価できず、見直すべきだ」と回答[28]
  • 原子力発電への依存度を今後どうするべきか」との問題提起に対し、2022年のNHKのアンケートで「下げるべき」と回答[27]
  • 国会議員の被選挙権年齢の引き下げについて、2022年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[28]
  • 岸田文雄首相の政権運営をどの程度評価するか」との問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「あまり評価しない」と回答[27]
  • 小池百合子都知事の都政運営をどの程度評価するか」との問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「あまり評価しない」と回答[27]

著書[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

  • 『Zero ゼロ』 - キャサリン・オートシ著(2015年7月7日、講談社)ISBN 4062830906
  • 『One ワン』 - キャサリン・オートシ著(2015年7月7日、講談社)ISBN 4062830914

出演[編集]

テレビ[編集]

2014年11月、僕らの一歩が日本を変える。代表(当時)の青木大和2014年香港反政府デモを取材に行った際のレポートが放送された。なお、香港を訪れたのは10月である[31][32][33]

ウェブテレビ[編集]

映画[編集]

ミュージックビデオ[編集]

ラジオ[編集]

ディスコグラフィー[編集]

参加作品[編集]

  1. COWPERKING - ミニアルバム『Lost Virgin』(2012年9月13日 自主制作)
    メガネロック/新しい歌を唄え/311
  2. 16 Voices - シングル『ひとり ひとつ』(2015年10月1日) [34]
  3. レペゼン地球 - 71st Single『He is Perfect』

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 学士入学の場合教員免許の必修単位を取得すれば免許条件は満たすため、卒業(学位取得)したかどうかは不明。
  2. ^ 修了したかどうかは明らかになっていない。

出典[編集]

  1. ^ / 乙武 ひろただ (2022年6月22日)
  2. ^ 自分が生まれた意味を考え、今できることを精一杯に。 WASEDA ONLINE
  3. ^ 「学ぶ」ということが面白くて仕方ない 明星大学、2013年3月10日更新。
  4. ^ 井狩春男『この本は一〇〇万部売れる』光文社、2002年10月30日、185-186頁。ISBN 4-334-97367-1
  5. ^ 「最初の5分だけは話し上手になるべき」乙武洋匡が語る“本当の聞き上手”になる方法、新R25、2019年4月22日。
  6. ^ 戦後のベストセラーとメガヒット現象、出版科学研究所、2006年8月25日。
  7. ^ 東京都文化賞・都民文化栄誉章”. 東京都生活文化局文化振興部. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月1日閲覧。
  8. ^ 「顔」『読売新聞』大阪本社版、2010年4月2日。
  9. ^ おやじの足跡(活動実績'10年度)乙武洋匡氏講演会・光ヶ丘中学校おやじの会”. 愛知県小牧市 光ヶ丘中学校 おやじの会. 2018年11月1日閲覧。
  10. ^ アークヒルズに認可保育園「まちの保育園」-乙武洋匡さんら運営”. 六本木経済新聞. 2022年6月22日閲覧。
  11. ^ 会社概要|まちの保育園・こども園” (日本語). まちの保育園・こども園. 2022年6月23日閲覧。
  12. ^ 乙武氏が都教育委員を辞職 「一身上の都合」
  13. ^ 乙武洋匡オフィシャルサイト”. 乙武洋匡. 2018年11月1日閲覧。
  14. ^ 乙武洋匡氏の清掃活動ポスター、新宿区町会連合会が撤去する方針を決定していた「選挙のPRのためにポスター掲出に賛同したのではない」 - ライブドアニュース”. ライブドア. 2018年11月1日閲覧。
  15. ^ 『福島民報』、2014年7月11日。
  16. ^ 乙武洋匡. “大学院に進学します”. ライブドア. 2018年11月1日閲覧。
  17. ^ 乙武洋匡氏5人不倫報道 出馬ピンチ自民またゲス禍”. 日刊スポーツ新聞社. 2016年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月1日閲覧。
  18. ^ 『週刊新潮』の報道について”. 乙武洋匡. 2016年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月1日閲覧。
  19. ^ 「乙武洋匡」氏が不倫を認める 過去を含め5人の女性と (デイリー新潮) - Yahoo!ニュース”. 2016年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月1日閲覧。
  20. ^ 乙武洋匡氏の誕生会、出席者のコメントは?|HuffPost Japan”. The Huffington Post Japan, Ltd.. 2018年11月1日閲覧。
  21. ^ 乙武洋匡さん、参院選出馬見送りへ 不倫報道の反響など大きく(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース”. 2016年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月1日閲覧。
  22. ^ 乙武洋匡氏が参院選に出馬表明 東京選挙区「完全無所属で」 6年前は女性問題で白紙に”. デイリースポーツ online (2022年5月19日). 2022年5月19日閲覧。
  23. ^ 三股“ゲス出馬”乙武洋匡の本音 自民党で仕事なんて「ヘドが出る」〈週刊朝日〉 (dot.) - Yahoo!ニュース”. 2016年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月1日閲覧。
  24. ^ 週刊新潮の「乙武クン」記事について 3月17日(水)12時05分配信
  25. ^ “乙武洋匡さんが離婚 不倫問題が3月に発覚”. 朝日新聞. (2016年9月14日). オリジナルの2016年9月15日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2016-0915-0801-10/www.asahi.com/articles/ASJ9G74RCJ9GUTIL05N.html 2018年11月1日閲覧。 
  26. ^ 参院選についてのご報告 Youtubeチャンネル「乙武洋匡の情報教室」
  27. ^ a b c d e f g h i j k l m 選挙区 東京”. 候補者アンケート - 参院選2022. NHK. 2022年6月27日閲覧。
  28. ^ a b c d e f g 乙武洋匡 無 東京”. 第26回参院選. 毎日新聞社. 2022年6月28日閲覧。
  29. ^ ロシアが全面侵攻開始、ウクライナは自国を防衛=クレバ外相”. ロイター (2022年2月24日). 2022年2月28日閲覧。
  30. ^ 川田篤志、柚木まり (2022年6月8日). “防衛費や子ども関連費倍増も 財源検討は参院選後に先送り 政府が「骨太方針」閣議決定”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/182147 2022年6月27日閲覧。 
  31. ^ 青木大和. “香港の民主化を訴えるデモ「雨傘革命」の答えを見つける旅~プロローグ~(青木 大和)|現代ビジネス”. 講談社. 2018年11月1日閲覧。
  32. ^ 乙武洋匡氏が盛り上がらない日本のデモ運動に指摘「○○反対!が多い」 - ライブドアニュース”. ライブドア. 2018年11月1日閲覧。
  33. ^ 「小4が作った」は嘘 解散問うサイト炎上でNPO団体代表が謝罪― スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポーツニッポン新聞社. 2018年11月1日閲覧。
  34. ^ 青年海外協力隊50周年ソングを川嶋あい、乙武洋匡、倉木麻衣、宮沢和史ら16組歌う”. 音楽ナタリー (2015年10月1日). 2015年10月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]