乙武洋匡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
乙武 洋匡
(おとたけ ひろただ)
誕生 1976年4月6日(39歳)
日本の旗 日本 東京都 新宿区
職業 文筆家
国籍 日本の旗 日本
公式サイト 乙武洋匡オフィシャルサイト
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は、日本の文筆家タレントNPO法人グリーンバード新宿代表、元東京都教育委員、元教職員、元スポーツライター東京都出身。

略歴[編集]

東京都新宿区出身。先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり、移動の際には電動車椅子を使用している。東京都立戸山高等学校、1浪後、早稲田大学政治経済学部卒業後、明星大学通信教育課程人文学部に入学。

大学時代に早稲田まちづくり活動に参加。このまちづくり活動を取材したNHKの番組出演がきっかけで、障害者としての生活体験をつづった『五体不満足』を執筆し、出版。屈託のない個性と「障害は不便です。しかし、不幸ではありません」と言い切る新鮮なメッセージがあいまって大ベストセラーとなった。この『五体不満足』は一般書籍の部数記録としては2010年現在で日本第3位の記録を持っている(出版科学研究所調べ)。また学生時代から報道番組にサブキャスターとして出演。2000年2月に都民文化栄誉章を受賞[1]

大学卒業後は、スポーツライターとしてジャーナリズムの世界に手を広げ活躍しつつ、2005年、新宿区の非常勤職員として「子どもの生き方パートナー」に就任。また同年より小学校教諭免許状を取得するために、明星大学通信教育課程人文学部学士入学し、教員の道への足がかりとした。教員免許状取得を思い立ったのは、以前からの教育への関心に加え、長崎男児誘拐殺人事件などをきっかけに、子どもの人格形成に大人がどのような責任を負っているか問題意識を抱いたためという。小学校での4週間の教育実習を行い、2007年2月に小学校教諭二種免許状を取得。同年4月より2010年3月31日まで杉並区の任期つき講師として杉並区立杉並第四小学校に勤務。合宿の際は生徒と共に入浴したりトイレの手助けを受けたとも語った[2][3]

2013年3月8日、東京都教育委員に就任するも、2015年12月31日で途中辞任[4]

2014年4月、ボランティア団体・グリーンバード新宿を発足させ代表に就任する[5]。同年7月、この団体のポスターが区内の掲示板から撤去される事態に。自身の新宿区長選挙への事前PRと捉えた区民から苦情が寄せられたことが原因である[6]

自身のTwitterによると、身長107cm、体重38kgとのことである[7]

私生活では、2001年3月結婚。2008年1月3日に第1子(長男)が誕生。2010年7月9日に第2子(次男)が誕生。第一子誕生の際は小学校勤務だったため育児休暇を取得[8]

上記の活動と並行して2011年4月よりロックバンド「COWPERKING」のボーカル「ZETTO」としても活動している。

乙武洋匡は東日本大震災被災地に対する風評被害の払拭、被災地の復興、及び被災者の被災地への早期帰還を促進するために、福島県双葉郡広野町に2015年に開校した県立中高一貫校の「福島県立ふたば未来学園高等学校」の「応援団」に就任した[9]

2015年3月、第3子となる、長女誕生。 2015年4月より、政策研究大学院大学へ進学する。

その他[編集]

選択的夫婦別姓について

選択的夫婦別姓制度について賛同する。「家制度にこだわり、夫婦同姓を望む人々の価値観を否定するつもりはない。しかし、彼らもまた、その価値観を他者に押しつけるべきではない。『別姓』というオプションがあっていい。」と述べる[10][11]

レストラン入店問題 [12]

2013年5月、乙武は銀座の2階にあるレストランを訪ねた。車椅子だと告げずに予約し、店の前(正確には店のあるビルの入口)に来てエレベーターが二階に止まらないことを知った。店主からは「車いすのお客様は、事前にご連絡いただかないと対応できません」「ほかのお客様の迷惑になる」などと言われたという[13]。店員の協力を得て入店が可能か尋ねると、「忙しいから無理」「これがうちのスタイルなんでね」と言われたと乙武は述べている。「忙しい」と主張していたものの、実際には店主自ら店外まで出てきて入店を拒否したことなどの矛盾も乙武は指摘している。15分ほど待ち、時間を見つけて2階までの移動介助をしようとした店員がいたが、店主がその店員をわざわざ制止して入店させなかったという[14]

乙武はこの一連の対応を店の実名とともに自身のTwitter公式アカウントに投稿した。レストラン側はその対応が公になり、謝罪と釈明を行った[15]。その数日後、乙武氏は自身のブログにその詳細を載せた[16]

乙武がツイッター投稿した段階では店側を非難する声が多かったが、ブログに詳細を載せた結果、自分の非常識さを自ら紹介する形となってしまい、一転して乙武非難の声が多くなった。

一連の事態について、自身も飲食店を経営するみんなの党(当時)国会議員の松田公太はTwitter上で、個人営業の時代に車椅子客が来た際はどんなに忙しくても対応したとして、こうした対応を店側の善意に頼るのではなく、障害者差別の禁止を義務付けることが重要だと指摘した。そのほか、米国ではこのような構造の店舗は営業許可が下りないとし、どうしても営業を続けたいのなら障害者が来店した際は協力を義務化することで機会の均等を図れるとしている[17]

また、ライブドア元社長の堀江貴文は、「シンプルに(乙武を)入れてあげればよかった」として、「レストランというビジネスをしているのなら、来た客を喜ばせるという考えに立つのが当然」と述べた[18]

同年6月、読売新聞での対談で「日本ではホテルやレストランの検索サイトで『車椅子で行けるかどうか』検索できない」と発言し「また自分に都合のいいように思い込み」「ろくに調べもせず知ったかで語るマヌケ」などと批判を受けることになる[19]。なお、前出の詳細を載せたブログ[20]によると「お恥ずかしい話だが、自分で店を予約する際、あまりバリアフリー状況を下調べしたことがない。さらに、店舗に対して、こちらが車いすであることを伝えたことも記憶にない。それは、とくにポリシーがあってそうしているわけではなく、これまで困ったことがなかったのだ。」と語っている。

それから半年後の同年12月、フォロワーからの「店名を晒し続けた理由は?」との問いに乙武氏は「心神喪失状態だった」と答えた[21]

テロリストと対話?

2015年11月に発生したパリ同時多発テロ事件を受け、乙武は自身のツイッターで、「テロリストも含めて国際社会」「テロリストと対話すべき」などと投稿。それに対し、「薄っぺらい理想論」「現実に対話が通じない相手はいる」といった反応があったという。 [22]

著書[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

  • 『Zero ゼロ』 - キャサリン・オートシ著(2015年7月7日、講談社)ISBN-10: 4062830906
  • 『One ワン』 - キャサリン・オートシ著(2015年7月7日、講談社)ISBN-10: 4062830914

出演[編集]

バラエティ番組[編集]

2014年11月、僕らの一歩が日本を変える。代表(当時)の青木大和2014年香港反政府デモを取材に行った際のレポートが放送された。なお、香港を訪れたのは10月である[23] [24][25]

映画[編集]

ディスコグラフィー[編集]

参加作品[編集]

  • 16 Voices - シングル『ひとり ひとつ』(2015年10月1日) [26]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京都文化賞・都民文化栄誉章、東京都の文化政策、東京都生活文化局文化振興部文化事業課。
  2. ^ 2010年4月2日読売新聞
  3. ^ [1]
  4. ^ 乙武氏が都教育委員を辞職 「一身上の都合」
  5. ^ [2]
  6. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/9104418/
  7. ^ Twitter / 乙武 洋匡 (2011年5月31日)
  8. ^ 2013年7月21日ニュースZERO
  9. ^ 『福島民報』、2014年7月11日
  10. ^ 本人Twitter
  11. ^ 「夫婦別姓、最高裁が判決へ 乙武洋匡さん、世論調査の結果『非常に理性的』」、The Huffington Post、2015年12月16日。
  12. ^ http://www.j-cast.com/2013/05/19175358.html?ly=cm
  13. ^ 「イタリアン入店拒否について」
  14. ^ 【Twitterで激白】乙武洋匡氏が車椅子を理由にレストランで入店拒否されたと告白 / レストランは謝罪と弁明
  15. ^ 乙武様のご来店お断りについて。
  16. ^ 「イタリアン入店拒否について」
  17. ^ 常に障害を持つ人が「この店には入れるのかな?」と心配しなくてはいけない国
  18. ^ 堀江貴文氏 乙武氏入店騒動についてリスク考えるよりも…
  19. ^ [3]
  20. ^ 「イタリアン入店拒否について」
  21. ^ 乙武さん「車いす入店拒否」騒動振り返る 「ほとんど心神喪失状態にあった」
  22. ^ http://www.j-cast.com/2015/11/16250760.html?p=all]
  23. ^ [4]
  24. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/9427146/
  25. ^ http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/22/kiji/K20141122009334760.html
  26. ^ 青年海外協力隊50周年ソングを川嶋あい、乙武洋匡、倉木麻衣、宮沢和史ら16組歌う”. 音楽ナタリー (2015年10月1日). 2015年10月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]