選挙ドットコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
選挙ドットコム
URL go2senkyo.com
言語 日本語
タイプ データベースサイト
運営者 イチニ株式会社
スローガン 「選挙をオモシロク」
登録 任意
開始 2006年7月7日 (16年前) (2006-07-07)
現在の状態 運営中

選挙ドットコムは、イチニ株式会社が運営する選挙・政治家データベースサイト[1]

概要[編集]

自社コーポレートサイトで年間5,600万ページビューを超えると紹介されている[2]

2021年衆議院総選挙時に、「投票マッチング」という名前でボートマッチサービスを開設[3]。選挙ドットコムとしてボートマッチへの初の取り組みだったが、公開した直後からTwitterトレンド入りを果たすなど話題となった[4]

沿革[編集]

  • 2006年7月 - 日本インターネット新聞社が『ザ・選挙』としてサービス開始[5]
  • 2010年 - 日本インターネット新聞社が運営から撤退し、『ザ・選挙』の立ち上げ人の一人で顧問の高橋茂が運営を引き継ぐ[6]
  • 2011年3月 - 『ザ選挙』にサイト名を変更。
  • 2015年7月 - 選挙ドットコム株式会社に運営譲渡、『選挙ドットコム』に名称変更。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ ネットは政治を動かすか 発信・反応…日本のいま” (日本語). 日本経済新聞社 〜ビジュアルデータ. 2021年12月5日閲覧。
  2. ^ イチニ株式会社のコーポレートサイト。日本をよくする人を前へ。” (日本語). イチニ株式会社のコーポレートサイト。日本をよくする人を前へ。. 2021年12月5日閲覧。
  3. ^ 「投票マッチング」が350万回利用されても残る課題。プロデューサー・鈴木邦和氏インタビュー” (日本語). 選挙ドットコム (2021年11月12日). 2022年7月2日閲覧。
  4. ^ 20の質問に答えるだけ…自分に近い意見の政党が分かる「投票マッチング」が話題”. FNNプライムオンライン. 2021年12月17日閲覧。
  5. ^ 『ザ選挙』は『選挙ドットコム』へ” (日本語). 選挙ドットコム (2015年7月8日). 2021年12月5日閲覧。
  6. ^ https://president.jp/list/author/高橋%20茂

関連項目[編集]

外部リンク[編集]