松田馨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松田 馨(まつだ かおる、1980年 - )は、広島県出身の選挙プランナー

人物[編集]

2006年7月の滋賀県知事選挙において、新人の嘉田由紀子の広報担当として初めて選挙に携わる。以後、選挙プランナーとして地方選挙から国政選挙まで多数の選挙に携わる。2008年、選挙コンサルティング専門会社の株式会社ダイアログを設立。

「日本最年少選挙プランナー」「ネット選挙に精通した選挙プロ」としてメディアにも多数取り上げられる。新聞や雑誌で国政選挙(衆議院参議院)の全議席当落予想を担当[1][2][3]している。「選挙が経験や勘に頼りすぎている」[4]と発言し、数値からみる選挙の重要性を説いている。 投票率向上の活動やネット選挙運動の解禁にも長年取り組む。

2015年には、有権者政治家のコミュニケーションを活発化させ、政治不信の打破と参政意識の向上に取り組む、選挙ドットコム株式会社取締役CCO(最高コミュニケーション責任者)に就任。

一般社団法人 日本選挙キャンペーン協会理事・事務局長。 日本選挙学会会員。

脚注[編集]

  1. ^ 衆院選:「今のうち」なら勝てるのか自民 議席を予測(2014年11月25日 毎日新聞)
  2. ^ [政局はこう動く!! 夏の参院選 自公圧勝、民主壊滅、“投票率上昇”は幻想に! ネット選挙日本一早い議席予想(2013年3月5日発売 FLASH)]
  3. ^ [衆院解散・総選挙当落予測 台風の目はやっぱり橋下維新の会](2012年8月17-24日合併号 週刊朝日)
  4. ^ 「統計学」自由自在!(2015年1月31日号 週刊ダイヤモンド)

外部リンク[編集]