広野町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひろのまち
広野町
Jヴィレッジスタジアム (2010年8月9日)
Jヴィレッジスタジアム
(2010年8月9日)
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
双葉郡
団体コード 07541-8
法人番号 1000020075418
面積 58.69km2
総人口 3,971
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 67.7人/km2
隣接自治体 いわき市双葉郡楢葉町
町の木
町の花 山百合
町の鳥 目白
広野町役場
町長 遠藤智
所在地 979-0402
福島県双葉郡広野町大字下北迫字苗代替35番地
北緯37度12分52.3秒東経140度59分40秒
広野町役場
外部リンク 広野町役場

広野町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
広野火力発電所
広野駅
広野駅前 2012.8.23

広野町(ひろのまち)は、福島県浜通り南部にあるである。双葉郡(1896年以前は楢葉郡)に属する。いわき都市圏

地理[編集]

東京電力広野火力発電所1~5号機がある(2005年現在)。江戸時代頃までは、農村としてだけでなく、浜街道広野宿の宿場町としても栄えた。

冬でも雪の少ない温暖な気候であり、Jヴィレッジの開設後、小規模ながらも浜通り屈指の観光地として知名度を上げている。キャッチフレーズは「東北に春を告げる町」。

地形
  • 山:五社山
  • 川:北迫川、浅見川、折木川
  • 沼:二ッ沼

交通[編集]

道路[編集]

鉄道路線[編集]

バス[編集]

歴史[編集]

古代
戦国時代から明治維新まで
  • 戦国時代までは岩城氏の領内に入り、江戸時代には磐城平藩の領内に入った。
明治維新以後

福島原発事故の影響[編集]

当町は2011年3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)により発生した福島第一原子力発電所事故(以下「福島原発事故」と略す)により、町全域が緊急時避難準備区域に指定され、町民が避難した。緊急時避難準備区域は同年9月30日に解除されている[1]

福島原発事故により、2011年3月15日以降、役場機能を小野町民体育館内に移転していた[2]が、同年4月15日いわき市にあるFDKモジュールシステムテクノロジーいわき工場の社屋内に再移転し、湯本支所として設置した[3][4]

緊急時避難準備区域解除後、住民の帰還を促すため、2012年3月1日に役場機能を元の広野町役場に戻した [5][6]。湯本支所は同日より湯本出張所とした上で一部の業務を継続する。

なお、福島原発事故の警戒区域は2013年11月現在解除されている。

行政[編集]

人口[編集]

Demography07541.svg
広野町と全国の年齢別人口分布(2005年) 広野町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 広野町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
広野町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

主な製造工場[編集]

学校[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

  • 広野町立広野小学校

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

観光地[編集]

名所旧跡[編集]

  • 奥州日の出の松 - 日本三大松の一つに数えられ、血を流すといういわれを持つ。「安寿と厨子王」に関する伝説の舞台でもある。
  • 北迫地蔵尊 - かつての大飢饉供養のため造立された地蔵菩薩
  • 二ッ沼歌碑 - 二ッ沼を詠った萬葉歌の刻まれた石碑(但し、ここで歌われたという確証はない)。
  • 汽車の碑 - 「今は山中 今は浜…」で始まる唱歌「汽車」は、広野駅が舞台と誤解され、広野駅構内に碑がある。
  • 楢葉八幡神社 - 源頼義が創建したと伝えられる五里八幡の一つ。
  • 高倉城跡 - 戦国時代の岩城氏の拠点の一つで、岩城氏の家臣・猪狩氏の居城であった。

観光地[編集]

祭事[編集]

  • 4月 - 浜下り神事(たんたんぺろぺろ)
  • 8月 - 広野町サマーフェスティバル
  • 10月 - ひろの童謡まつり
  • 11月 - 広野町収穫祭

商業施設[編集]

  • ひろのてらす - 2016年3月5日に開業した、公設商業施設。イオン広野店をキーテナントとし、飲食店やクリーニング店などが入居する。広野町役場前にある。

アラカルト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 緊急時避難準備区域の解除について (PDF) - 原子力災害対策本部、2011年9月30日
  2. ^ 平成23年東北地方太平洋沖地震(3月11日発生)地震に関する情報”. 2012年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月21日閲覧。 小野町地震災害情報 3/21 17:30
  3. ^ 4月15日(金)広野町役場湯本支所を開設します(4/13)”. 広野町公式サイト (2011年4月20日). 2013年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月10日閲覧。
  4. ^ 広野町、役場機能をいわきに再移転[リンク切れ] 読売新聞、2011年4月15日
  5. ^ 広野町役場きょう町内復帰 役場機能を移転した9町村で初 福島民報、2012年3月1日
  6. ^ 河北新報 東北のニュース 広野町役場1年ぶり帰町 町民の早期帰還は不透明”. 河北新報 (2012年3月2日). 2012年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]